ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2008.06.12
大都会福岡、湯の国大分
一昨日の夜から降り続いていた雨がやっと上がった。

今日はここ大分市から隣の別府市へと向かう。
距離にして約20km。
一日の移動距離としてはかなり短い。

ここで少し九州に入ってからの旅を振り返ると――
スポンサーサイト
[旅の記録] '08日本一周編2 九州と沖縄 | CM(1) | TB(0) | PAGETOP
2008.06.14
九重に阿蘇、山の風景
これまでのあらすじ。

大分別府から湯布院に向かったヒッチハイカーはここで初のバスヒッチを体験。
由布院と湯布院の表記の違いに戸惑うも、持ち前のあまり深く考えすぎない性格で乗り切った。

そこから南西に、景色が良いと評判のやまなみハイウェイで熊本の阿蘇へ向かう。

途中噴煙立ち昇る久住山の近くの長者原(ちょうじゃばる)にて一泊。
車で来て車で眠る人が多い中、ただ一人休憩所のベンチで眠るのだった――
[旅の記録] '08日本一周編2 九州と沖縄 | CM(3) | TB(0) | PAGETOP
2008.06.20
宮崎南進、森と吊橋と岬と馬と
今、ぬるい缶ビールを飲みながらこの文を書いている。
夜の海の向こう側に鹿児島の街の光が見える。


[旅の記録] '08日本一周編2 九州と沖縄 | CM(3) | TB(0) | PAGETOP
2008.06.21
桜島から霧島へ
フェリーターミナルのベンチで爽やかに目覚める。
人が増えだす前に寝袋を畳み、まずはここから徒歩圏内、固まった溶岩流が見られる遊歩道へ。

荷物はいつも通り思いっきり人目に付く場所にどかんと放置プレーしておく。
[旅の記録] '08日本一周編2 九州と沖縄 | CM(0) | TB(0) | PAGETOP
2008.06.27
屋久島三昧
屋久島。
いつか絶対来たいと思っていた場所の1つ。

“縄文杉”という圧倒的な知名度にかき消され、それがあること以外どんな島なのかほとんど知らなかったけれど、この島には他にも沢山の素晴らしい魅力があった。

と、ここでそれらを紹介する前に、まずは前回の日記で書いた霧島からここまでの話を少し。
[旅の記録] '08日本一周編2 九州と沖縄 | CM(2) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。