ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2009.02.03
橙、緑、赤、三色ボーダーのコンビニ前で
広島を訪れた時のこと。

その日はヒッチがものすごく不調で、いくら待っても誰も停まってくれない。
停まる気配すらない。

立ったり座ったり、親指を突き出してみたりしまったり、はにかんでみたニヤついてみたり。
色々とやってはみるものの、今日に限ってはもれなく空振りのようだ。



朝から始めてはや数時間。
大長編のドラえもんが2作ぐらいは見られそうな、貴重な時間が流れ去る。
毎日時間に追われながらもキッチリとした生活を送っている人からは罵倒されても仕方が無いような一見無意味な時間。
時刻はいつの間にか昼を過ぎ、切なさが満月の日の潮のように満ちてきたそんな頃。

道沿いのコンビニ前でヒッチハイクをしている自分に犬の散歩をしている主婦らしき人が話しかけてきた。
乗せてくれる車を待っていると答えると、ここよりはあっちの方がいいんじゃない?と地元情報的アドバイスをくれるが、この日の自分はなぜかこの場所にこだわった。
勝算とかそういうものよりも多分、今更移動するのが悔しかっただけだろう。
我ながらあまり賢い選択とはいえない。

それはともかく、この数時間目の前を通る人は皆スルーだったのでちょっとした会話でもなんだか嬉しい。
「頑張ってねー」といってくれた主婦を笑顔で見送り、腰を入れなおして更なる持久戦へと突入する。










.....そして一時間後。

まだそこにいた自分をちょっと可哀相な子的な目でチラ見しつつ、さっきの主婦が軽く会釈をして通り過ぎた。
何かちょっとでも声をかけてくるのなら「いや、慣れてるから大丈夫ですよ」なんて返しようもあるが、何も言ってないのに独り言を呟くわけにもいかない。この感じが一番微妙。

ちょうどあまり好きでもない子に、というか全然好きでもない子に何か最近妙に接近されていて、その子はもうほぼ完全に自分のことが好きだと分かっているんだけれど、でも告白もされてないのに振るわけにもいかない。
「ゴメン、俺他に好きな子いるんだよね」なんて言おうものならちょっと高めのテンションで、「は!?勘違いだし」とか言われるのは必至。
言うに言えない、でも伝えたいこの想い、そんな感じだ。


主婦と犬が去った後、再び心に切なさの大潮がじわじわと満ちつつあったそんな自分に後ろから声をかけてくる人物がいた。



振り向くとそこにいたのは、胸に大きく7のロゴが付いたブラウン&ピンクな制服のコンビニ店員さん。おそらくすぐ後ろの店の人だろう。
この位置が邪魔だったのかなと思いながらも返事をする。

だが、彼女の用件はそんな殺伐としたものではなかった。





「これ、良かったらどうぞ」

そう言って差し出されたのは一本のペットボトル。500mlのお茶だ。
...これを自分に?
しかも、よく見るとそのペットボトルにはレジで貼られるテープが付いている。
その意味するところはきっと、これは彼女がお金を払って持ってきた品物だっていうこと。

若さ溢れる外見から察するに、バイトの学生だろうか。
その彼女がわざわざ仕事中に自分のお金を使ってまで見知らぬ自分にお茶を持ってきてくれた。そのことに驚き、そして予想外の人の優しさに触れ、じんわりと心が温かくなる。

そして考えた。
日常の中で逆の立場だった場合。別に相手が旅人である必要は無い、自分は普段から見知らぬ他人に優しく出来ているだろうか?

リスペクトの念が湧く。

もちろん彼女はそんなたいしたことをしているつもりはないだろう。
でも、だからこそ素晴らしい。
有り難く受け取りお礼を言うと、「頑張って下さい」と言って彼女は小走りで店に戻っていった。


そして。

もらったお茶を少しずつ大切に飲みながらヒッチハイクしていると、ほどなく一台の車が停まってくれた。
知らずといい表情(かお)になっていたのかもしれない。

心の中でもう一度彼女に感謝して、停まってくれた車の助手席に乗り込む。
「どこから来たの?」
「へぇ、何でそんなことしてるの?」

いつもの会話と共に、幸運なヒッチハイカーを乗せた車はゆっくりと走り出した。
スポンサーサイト
[ヒッチハイク] エピソード | CM(0) | TB(0) | PAGETOP
2009.02.27
不思議体験シンクロニシティ(前編)
僕らの生きているこの世界には、たまに信じられない様な出来事がある。

元子役タレントの母親が娘の結婚に呼応するかのように熟女ヌード写真集を出版だとか、久しぶりにお笑い番組を見て、出演してた女芸人を「お、芸人にしてはまぁまぁ可愛いな」なんて思ってたら女どころか30代の立派なおっさんだったりとか、携帯の変換機能で“クオリティ”なんて一般的な単語が変換候補に出てこないくせに“銀魂”っていうジャンプ漫画のタイトルが一発変換だったりとか。

今「いい歳してまだジャンプなんて読んでるの?」って思われたかも知れないが、違うんです。
少しなんで聞いて欲しい。

コンビニって誰でも行くことありますよね?
まぁ自分の場合は特に買うものも無いんだけれど。

で、行くと決まって平積みしてあるのがジャンプを始めとする漫画雑誌。
どうだと言わんばかりに積んであるのを見ると、「どれ今週も紙の質でもチェックしてやるか」となるじゃないですか。
それでペラペラとページを捲っているうちに図らずも金色の脳細胞が内容を理解してしまう...という、そんないかんともしがたい切ない裏事情があるんです。

主に月曜日と木曜日に崇高なる義務感から紙質チェック業務の為にコンビニに寄るんだけれど、ページを捲る最中ごくたまに笑いのツボに入ってしまうことがある。
怪しい笑みを奥歯で噛み殺し、小刻みに肩を震わせている様子はどうしようもない程に不審かつ変態的なので、良い誤魔化し方を知っていたる人がいたら是非一報を。

ちなみに外国から見たら、日本では日常的に見られる“大人が漫画を読む”っていう行為がまず信じられないという。「ヘイ、ユー。いい大人が何をやってるんだ?」ってことらしい。
しかしあえて、漫画を読むいい歳した大人の立場に立って代弁してみるなら、思うに日本人が幼稚だというよりも海外には大人の鑑賞に堪える漫画作品が少ないということかもしれない。
銀魂は...まぁちょっと違う気もするが。


それはともかく、これから書く話もそんな信じられない様な話の1つ。

それは去年の夏の出来事。
奈良で予定していた友人との合流がタイミングが合わずにお流れとなり、南部の天川村を通って和歌山の高野山へと向かっていた。
途中星がよく見えるという道の駅のベンチで一泊しての翌日、ここからなら高野山に行く人も多いだろうしすぐにでも乗せてもらえるだろうというカレーの王子様甘口のような甘い甘い考えは見事に打ち砕かれつつあった。

道の駅の出入口に陣取ること数時間、時計を見れば時刻はもう10時過ぎ。早朝ヒッチハイクを始めた時には早く着き過ぎたらどうしようなんて思ってたのが嘘のよう。早く出発しないと今日中に高野山を見て回れないんじゃあないかと少し焦りを覚えていた。

そんな中での望みは前夜ふとしたきっかけで知り合った女性とそのグループ。
この道の駅にあるバンガローに泊まっていた彼女らが出てくればきっと乗せてくれるはずなんて思っていたのに一向に見かけない。
ひょっとしてもう出てしまったのか...いや、この位置にいて見落とす事は有りえない。
なんて自問自答している中、ついにその女性グループを発見。
良かった、やはりまだいてくれた。
向こうもこっちを見つけたらしく、車を停めて降りてきたのでさっそく昨日の女性に話を切り出してみる。
聞けば方角はバッチリ高野山方向。よし!と思った次の瞬間、続いて聞こえたのは「でも人数いっぱいだから乗せてあげられないんだよねー」という一気に奈落の底に誘うかのような一言。
せっかく方向が同じなのに、こういうのが一番切ない。

残念だけど仕方無い。と思っていたらデジカメで写真を撮りだした彼女。
まずはこちらをパチリと撮って、次に隣に立って友達にカメラを渡すとその友達がまたパチリ。

写真を撮るのはいいんだけれど、一言の断りも無いのはいただけない。
温厚の見本のような自分だからいいようなものの、相手が岩手の某覆面元議員だったら激高して胸倉を掴まれているところだ。
自分も乗せてもらった人の写真を撮らせてもらうことがよくあるが、必ず一言お願いした後、OKということであれば撮らせてもらうようにしている。
そもそも相手の承諾を得ないで写真を撮影するということは、戸棚に大切にしまわれていたどら焼きを、その正当なる持ち主であるネコ型ロボットの留守の間にぺロリと食べてしまうのに匹敵するぐらいに大変失礼な行為であり...なんてことを考えていたその時。

「よかったら乗っていく?」とデカいワンボックスに乗った男性が声をかけてくれた。
乗ってみると車内には多数の子供たち。何かのスポーツ関係だろうか?磯野カツオをリスペクトしたような頭をしている少年を見てそう思った。

特に高野山へ行くつもりではなかったらしいが、時間あるし面白そうだからという理由で走り出した車は、ドライバー氏のアバウトな方向感覚で山奥へと進んでいく。
途中からは細くて曲がりくねった未舗装の道がグネグネグネグネと続き、カーナビの画面を見てもひたすらウネった線が延びているだけになる。

最初は賑やかだった子供たちも一人また一人と無口になっていき、ついに後部の座席から一切の声が消えた頃、ついにある決定的な変化が起こった。

[ヒッチハイク] エピソード | CM(2) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。