ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2008.09.13
奥多摩ドライビング
9月10日、長野市オリンピックスタジアム前の公園で目覚める。この日は長野から群馬へ。草津、軽井沢を見て高崎か前橋辺りまでと思っていたがヒッチハイクが難航。結局草津で一泊することになった。
日本を代表する温泉地として知られる草津温泉には町中に無料の共同浴場がたくさん有り、その内の1つ、白旗の湯に入ったんけど、これがとんでもなく熱い!
常連さんたちは平気な顔して浸かっているが、自分を含め初めて来た旅行者は皆、爪先が入った時点でびっくりして瞬間的に足を引っ込めている。感覚的にはほとんど熱湯だ。それでもここまで来て入らないわけにもいかず、意を決してザブンと肩まで。ある程度の熱さまでなら段々慣れてきていつの間にか「いい湯だな」となるもんだが、ここはそう甘くない。我慢できるギリギリの範囲ではあるものの、薄皮からチリチリと焼かれるような感覚が消えることは無かった。入る人は覚悟して。

草津温泉の湯畑
草津温泉の中心に位置する源泉・湯畑。白旗の湯はこの周囲にある。

標高1,100mを超える高地にある草津温泉は日が暮れるととたんに気温が下降する。まだ9月の上旬だというのに、昼間は全然いけていた膝丈のデニムから寒さが這い上がってくる。
寝袋に包まっていても夜中に2,3度目が覚めたが、それでもここであまり暖かい格好をしてしまうとこの先がキツいと思いじっと我慢。
翌日は軽井沢をとばして高崎経由で埼玉県へ入り秩父へ。レトロな長瀞(ながとろ)駅前で一泊した。


草津から乗せてくれたトラックのおじさん。

長瀞峡
国の名勝にも数えられる長瀞峡。桜の名所でもある。

秩父から東へ向かう途中で曼珠沙華の赤い絨毯が見られるという巾着田に寄り道。時期が少し早かったために全体の1%も咲いていなかったが、近くではコスモスが可憐に揺れていた。

巾着田の曼珠沙華
シーズンになると何万本もの彼岸花(曼珠沙華)が咲き誇る埼玉県日高市の巾着田。

この日は志木市で友人と合流予定。
何気なくそう話すと、帰宅途中に乗せてくれたガテン系の彼が自分の家を過ぎたのにわざわざ志木駅まで送ってくれた。皆本当に優しくて暖かい。

ニュージーランドで共に過ごした友人が今、この町で外国人向けのゲストハウスに住んでいる。千葉からも同じニュージー時代の友人が来てくれた。3人でゲストハウスの食堂で飲みながら見ていたが、色んな国の人がいてとても楽しそうだ。

翌朝、またの再開を誓って友人と握手を交わし、昨日とは一転して西へと向かう。
立川を経由してやってきた青梅は赤塚不二夫と昭和レトロな映画看板が目に付く小さな町だ。


立川までの途中でたまたま見かけた子供みこし。専属カメラマンと化した父母がグルリと周囲を取り巻いていた。


青梅にあった電話ボックス。ファンキーです。

この先、道は急に奥地っぽくなってくる。山あいを走り、御嶽という場所まで来たところで日没を迎えたが、なかなか寝心地の良さそうなそこの駅のベンチを発見し一安心。今夜はここでいいかと思っていたところ、申し訳程度に一応置いておいたスケッチブックを見つけて一台の車が停まってくれた。

ジャズが好きだという物静かな彼と一緒に奥多摩を越えて奥多摩湖、さらに先の山梨県まで夜のドライブ。そうかと思えば青梅まで戻って一緒にレコード屋を見に行ったりと、動きのある夜を楽しんだ。最後にまた戻ってきた奥多摩駅前で降ろしてもらい、彼の車が見えなくなるまで、大きく大きく手を振った。

静かに光を放つ夜の奥多摩駅
木の質感と瓦の組み合わせが特徴的な奥多摩駅。

今日で116日目、この旅35県目となる東京都の夜は、奥多摩駅前のバス停のベンチで眠りについた。

スポンサーサイト
[旅の記録] '08日本一周編4 東日本へ | CM(2) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★COMMENT

題名を読んだとき、絶対、牛久の大仏だと思ったよ。笑
順調に旅を続けているようで何より。

ヤンチャな子にからまれたんじゃないかと、つづきが気になるよお!!
2008.09.22 | posted by マサ | URL | EDIT |
>マサさん
いやー、あのデカさは反則です。
遠く山の木々の向こうに上半身が突き出てるとか有り得ない(笑)
2008.09.26 | posted by tavicho | URL | EDIT |

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。