ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2008.09.20
浅草へ向かって高速を歩き、ベンチを探して茨城を走る
朝起きるとすでに人がチラホラ。荷物をまとめて辺りを歩き、朝の奥多摩を見て回る。

一夜の宿として使わせてもらったバス停。奥に見えるのが奥多摩駅。
連休初日だからかとても人が多く、続々と到着している様子だ。

奥多摩の風景
人の多いエリアからちょっと外れると奥多摩らしい風景が見えてくる。

昼前、青梅方面に向かってヒッチを始める。
途中の澤乃井では酒造見学と日本酒の利き酒を楽しんだ。


200円~の料金で味見ができるきき酒処があり、川沿いの庭は景色も良くてゆっくりと楽しめる。

青梅から八王子、そして親切な魚屋さんの車でこの日の目的地である厚木に到着。ここではまたチベット支援の男性が泊めてくれることになっていたのだが・・・なんと、帰宅途中と思われる「飲んで一駅寝過ごした」という連絡を最後に音信不通になってしまう。
いつもなら当たり前の野宿だけれど、今回は泊めてもらう予定でいたので眠れそうな場所の確保ができていない。それに思いっきり街中なので目立たず寝袋で寝るのは至難の業だ。やっと見つけた場所はモデルハウス(?)の一角。裏は道路からの死角になっており、隅に落ちていたダンボールを敷いただけの直寝だけれど、この場所が見つかっただけでもまだラッキー。

深夜1時ごろ、冷たいものが顔に当たる感覚で目が覚めた。
突然の雨。見る間に強くなる雨に横になることを諦め、荷物ともども近くの建物の小さな屋根の下に避難する。ここには横になるほどのスペースは無く、このまま朝まで過ごすしかないのかと思いながら携帯を弄っていると、なんと音信普通だった彼から連絡が届いていた!なんでも携帯を電車に置き忘れていたらしい。

結局なんとか合流し、シャワーとラーメンをいただいて深夜4時過ぎに就寝。やっぱり屋根の下はありがたい。ただ助かりはしたものの、この日は「人に頼りすぎてはいけない」ことを改めて学んだ。

翌日はまず小田原へ。
小田原と言えば小田原城。戦国時代には上杉謙信や武田信玄の攻撃にも耐えたという名城だ。残念ながら当時のものは現存していないが、復興された天守閣が訪れる人々を迎えていた。


武将気分になれる甲冑・陣羽織などの貸衣装屋がある他、猿の檻があったりなぜかゾウまでいる。こういう城も珍しい。

この後は茅ヶ崎へ行くつもりだったけれど、渋滞のピークにつかまって断念。近くの辻堂と言うところで野宿して、翌日やっと茅ヶ崎のビーチへ。

湘南海岸と江ノ島
ここ湘南ではサーフィンが日常の一部のようだ。奥にはあの江ノ島が見える。

サザンの歌なんかによく出てくる湘南海岸。来てまず思ったのは砂浜が長いこと。遥か向こうまで続いている。当然ながらサーファーの数も多く、パッと見ただけでもおそらく100人は下らない。これでもまだ少ない方らしく、地元のおじさんによると多い時には300人以上海に出るんだとか。波の良い日にはみんな仕事を休んで波乗りに来るというのがいかにも湘南らしい。


自転車の右側に付いているのはサーフボード運搬用のフック。地元の人は皆ここにボードを乗せて自転車でやってくる。

続いて鶴岡八幡宮、そして鎌倉の大仏さんを見て横須賀へ・・・という予定だったんだけれど、時間がまったく足りなかったため横須賀には寄らずに横浜へ。横浜スタジアムまで行くと言う父子に乗せてもらうと車内にはサザンの曲がかかっていた。

鶴岡八幡宮の流鏑馬
幸運なことにこの日たまたま鶴岡八幡宮で行われていた流鏑馬を見ることができた。

男は黙ってキリンラガー
ここまで乗せてくれた人から貰ったキリンクラシックラガー。端に座って飲んでいると、通りがかった外人さんにボナペティ(召し上がれ)と笑顔で声を掛けられ、こちらもつい笑顔になる。

高徳院の阿弥陀如来像、通称「鎌倉大仏」
恥ずかしながら鎌倉の大仏様が野晒しだとは知らなかった。室町時代の津波で倒壊して以降、700年余りこのように露座しているという。台座が低いためか思っていたほど大きくは感じなかった。20円払うと体内に入れます。

この日の晩は東京浅草でチベット支援の人たちと合流の予定にもかかわらず、横浜に着いた時点で時間は残り一時間半。ここから浅草までの距離感がいまいち分からないが、ヒッチだといつ次に乗せてくれる人が見つかるかも未定なため、状況はとてつもなく厳しそうだった。
そもそも都会でのヒッチハイクはかなり難易度が高い場合が多いが、この時は天に祈りが通じたのか、ありえない所でありえないぐらいスムーズに乗せてもらえることになった。
しかもその乗せてくれた夜っぽいお兄さんも、図ったかのように浅草方面行き。創作だったら「都合良すぎだろ!」って突っ込まれるぐらい上手くいきすぎてこちらが驚いてしまう。
高速に乗った車の助手席で、なんとか間に合いそうだと安堵しながら満月を見ていると、運転席の夜のお兄さんが唐突にこう言った。

「俺はもうちょっと先まで行くんで高速降りれないから。ここら辺で降ろすね。」

え?ここって高速道路なんですけど・・・と言う間もなく車は減速してピタリと路肩に停車した。浅草に行くのならもう迷っている時間は無い。意を決して高速道路に降り立った。
夜の兄さんと握手をして別れ、後ろから来る車を気にしながら50mほど先の降り口へ。車が迫ってこないか何度も振り返りながらもなんとか無事一般道にたどり着いた。

その時点で時刻はほぼ約束の時間。電話で現状を説明して少し待ってもらう。そこから浅草はそんなに離れていないということだったけれど、車と徒歩では大違い。大きな荷物を背負いながら一歩一歩歩みを進め、結局到着したのは一時間ほど後だった。
それでも文句を言わずに暖かく歓迎してくれたフリーチベットの人たちと一緒に、この晩は人生初のもんじゃ焼きを堪能。とっても美味しくいただきました。

この後東京で浅草や皇居、靖国神社を案内してもらったり、南米の時の友人と再会したりしたのち千葉県へと移動。
松戸では小学校以来となる超久々の友達とも飲み交わし、成田山(山だと思っていたら寺だった)、東金、一宮を通って海沿いの九十九里道路を北上した。


浅草雷門奥の参道に建ち並ぶお土産屋。この辺りは外人さんも多い。


激しい波が打ち寄せる九十九里の一宮海岸。こんな日でも、いやこんな日だからこそか、20人ほどのサーファーが波と闘っていた。

銚子で犬吠埼をぐるっと回り、利根川を越えて茨城県入り。鹿島神宮やアントラーズで有名な鹿嶋をスルーし、哀川翔似のアニキに送られ夜の水戸駅前に到着。あいにくの雨に加え、人目に付かない寝場所の確保が難しい駅前ということで、この日は駅ビルのシャッターにもたれ2時間ほどの仮眠のみ。正直しんどい。けれど台風13号が逸れてくれたのはありがたかった。何はさておき今日はまず水戸の偕楽園に行かなくっちゃ。

偕楽園、好文亭の3階から
ここ偕楽園は日本三名園最後の1つ。梅林が有名な庭園なのだが残念ながら今は9月。庭園そのものは個人的には後楽園や兼六園、栗林公園の方が良かったが、写真の建物・好文亭は太鼓橋のように反った廊下や三階建てという構造、上階に食事などを揚げるための昇降機など、独特の様子でとても面白い。

園を見終わった後、せっかく水戸に来たんだからということで何か納豆系のものを食べてみることにした。すぐ前の食堂では納豆うどん、納豆ざる梅蕎麦、納豆御膳といろいろあったが、一番目がいったのがねばり丼という丼。納豆の他にもオクラに温卵、マグロにとろろなど、ネバりそうな物がいろいろ乗っていて、納豆が苦手な自分でも結構おいしくいただくことが出来た。

その後いったん霞ヶ浦まで南下。牛久では超デカい大仏を見てから、餃子の街として有名な栃木県宇都宮市へと進路を定める。

牛久大仏
ギネスブックにも載った牛久の巨大仏。台座も入れた高さは120mにもなる。

なんとかつくば市まで来たものの、ここで辺りは完全に夜になってしまう。その場所で待つこと約3時間。これ以上今夜は無理かと思った頃、地元のヤンチャそうな子らが声をかけてきた。

意外に思う人もいるかもしれないが、彼らみたいなタイプは結構気軽に声をかけてくれるので実はとっても話しやすい。ヒッチハイクで旅しているというと、んじゃせっかくなんでと宇都宮まではさすがに遠いが、ここから30~40km先の下妻まで送ってくれることになった。
いろんな話をしながら夜道を走り、いつしか車は下妻まで到着。ところが寝られそうなベンチが全くもって見つからない。「見つかるとこまで、もう少し先まで行こうよ」という彼らの言葉に甘え、探しながら進むことさらに約30分。隣の古河という町の手前まで来たところでようやく今日の三ツ星ホテル(バス停ベンチ)を発見した。屋根があるのが何よりもありがたい。
荷物を下ろして1人ずつ握手を交わし、大きく手を振って彼らの後ろ姿を見送った。

この日で出発して122日。5月に始めたこの旅も、もう肌寒い季節に差し掛かっている。これから東北各県を周ることを考えると、やはりちょっと急がねば。

スポンサーサイト
[旅の記録] '08日本一周編4 東日本へ | CM(1) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★COMMENT

彼岸も終わり、福岡も夜は冷えて肌寒くなりだしましたよ。
頑張って回ってくださいね~。
ダライ・ラマの講演会は福岡の後に11/6東京の国技館でも行われます。
こちらのチケットは確保してますが、ムリせずに・・・
健闘を祈ります!
2008.09.26 | posted by ブッポウソウ | URL | EDIT |

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。