ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2008.09.28
ロジャー奥州を往く
寒い。ここ数日だいぶ寒くなってきた。北に来たせいもあるが、地元の人に聞いてもやはり急に寒くなったらしい。夏の沖縄あたりからここまで、楽なのでずっとサンダルでやってきたが、さすがに限界。久しぶりにスニーカーの出番となった。

ところで今日の話に入る前に、前回の日記からここまでの話を簡単にまとめてみよう。
バス停での野宿
この日、近くのコンビニのトイレで朝の歯磨きをしようとしたら柄が折れてしまった・・・切ない。この後もしばらくは折れた歯ブラシで頑張ることになる。

出発から123日目。目覚めたのは茨城県西部の古川市というところだ。寝ていたバス停に意外と朝早くから乗客が来たので、荷物をまとめて端の方で日記を書く。これに毎日結構な時間がかかっているが、細かいことなど書かないと忘れてしまうので仕方が無い。ちなみにこのブログもその日記の記述を基にして書いた部分が多い。

古川市から国道4号線で宇都宮へと到着し、この餃子王国でさっそく旨い店を探しにかかる。
駅周辺で地元の人たちにリサーチした結果、「みんみん」と「正嗣(まさし)」が2大人気店であることが判明。通りすがりのお姉さんを勝手に宇都宮代表に認定し、どっちが好きか聞いたところ、迷った末に「正嗣」との返答。この瞬間に向かうべき店は決定した。

餃子の王国、宇都宮
宇都宮駅前、ロータリーの一角。この写真内だけで3店舗という餃子激戦区だ。

さすがに人気店ということで、並んで待つこと優に30分以上。やっと入れた店内はカウンター席のみで15人も入れば満席の小さな店だが、強いこだわりを感じる店だった。餃子はもちろん旨かったが、次は是非みんみんと食べ比べがしてみたい。

荷物を置いていた宇都宮駅前に戻ったころにはもういい時間。ヒッチは苦戦したものの、雨が降りだすちょうどのタイミングで乗せてもらうことが出来たのはかなりツイてる。共に日光まで走り、ついでだからとその先の中禅寺湖にも寄ってくれた。雨降る夜の中禅寺湖は霧が深く、その中からたまに鹿が顔を覗かせた。
ドライブした後東照宮の方に戻り、雨を凌げるベンチを探すと、トイレの建物の内側にベンチがあるところを発見。温度も外より多少高く、この日は快適に眠ることが出来た。

東照宮、雨の参道を歩く。

翌9月22日、雨の早朝、人気の無い参道を一人ゆっくりと歩く。以前富山県でおばさんにもらった傘が役に立った。
ところでここ日光東照宮はさすが徳川家康の神社というべきか、拝観料がとっても高い。1,300円と書いてあるのを見てびっくりした。全国いろいろ周ってきたが、その相場観からいえば取っても800円だ。それにそもそも神社というのは寺と違って拝観料を取らないもの。出雲大社も太宰府天満宮も伊勢神宮だって1円も取らない。それなのにここだけが1,300円も取るとはいかがなものか?
とまぁ愚痴はこれくらいにして、結局無料で見られる部分だけを見て周ることにした。

日光からは鬼怒川を渡って矢板、那須、白河と北上し、親切なおじさんがわざわざ寄り道して猪苗代湖まで送ってくれた。

冬のしぶき氷が有名な猪苗代湖
国内第4位の面積を持つ猪苗代湖。湖って湖畔に何か見どころでもないと、どうしても単調な絵になりがちで難しい。もう少し高い位置から見下ろせればいいんだけど。

その日は湖畔のレストラン前のベンチを借りて就寝。
ここから40~50kmほどの距離にある喜多方では朝ラーメンなる習慣があり、朝7時くらいからラーメン屋が営業しているという情報を得ていたので翌日は早朝からダッシュで喜多方へと向かった。地元のおじさんに塩と醤油とどっちがいい?と聞かれて、「今の気分なら醤油かな」と言うと、醤油系一番人気の店の前まで連れて行ってくれた。
初対面の赤の他人なのにみんな本当に親切で優しくて。その気持ちが心底ありがたい。

朝ラーメンの後は会津若松に移動して祭りを見物。時代劇っぽい衣装を着た人たちが武将や姫などになりきって行進していたが、中身は市役所の人などが多いらしい。イケメンで有名な新撰組の土方歳三はぽっちゃり丸眼鏡だった。

会津祭り

ここで出会ったカップルとノリが合って、一緒に鶴ヶ城(会津若松城)を見に行ったり、ソースカツ丼をゴチになったり。さらに自身の時間の許す限りわざわざ田島まで送ってくれたりして、おかげでその後も奇跡のヒッチ運連発で「そもそも人が少ないし、その道通る人なんかほとんどいないよ」と言われていた只見ルートで無事に新潟県魚沼市までたどり着くことが出来た。


福島県側から魚沼への道は昼の景色も夜の星空も素晴らしいと言われる。

ここは全国的に名の知れた土地だけにもっと発展しているのかと思っていたが、町や駅の規模は意外なほど小さい。近年の5町村合併によって出来たばかりなので、中心的な駅というのも無いらしかった。


こしひかりの生産で有名な魚沼市。収穫の時期ということで、すでに新米として刈り取られている田んぼも多い。

母子連れや江戸っ子っぽいお爺さん、犬を連れた家具職人さんたちなどに乗せてもらい、魚沼、浦佐、六日町、十日町、松代などで山や田園の風景を抜けて、久しぶりの日本海となる柿崎へ。

そこから海沿いをずーっと北上し鯨波海岸、そして黒人演歌歌手ジェロの「海雪」で今年一気に知名度を上げたあの出雲崎にも少し立ち寄るがすでに日没で海はほとんど見えず、ちょっぴり残念。さらに北上してたどり着いた夜の新潟市は、どこか近未来的な雰囲気の街として印象に残った。

新潟市、昭和大橋からの夜景
昭和大橋から信濃川を眺める。

翌朝、白山神社で目覚める。
国道7号線を北上して113号線を東へ進み、関川村の道の駅では足湯で隣り合ったおばさんたちと仲良くなって赤飯などをいただいた。この辺は温泉もあって景色も良く、春は桜が秋は紅葉がとても綺麗だという。
途中から雨が降り出しヒッチハイクは多少大変だったものの、なんとか山形県の米沢まで到達。銭湯に入って8日(この旅おそらく最長)ぶりに汗を流すことが出来た。

あゆが200円、かじかは350円。
関川村の道の駅。あゆやかじかは焼いた物だけでなく、カップ酒に漬け込んだものも。店内では新米も売っていた。

翌26日、いまいち何を見たらいいのか分からなかったので、まずはコンビニの雑誌で情報収集。900段の階段を登る山寺として知られる立石寺と蔵王のお釜を見に行くことにしたが、あいにくと天気が悪く、お釜は霧で見えないだろうと忠告されあえなく断念。その分まで立石寺に期待がかかる。
果たしてたどり着いた立石寺は、山寺の名にふさわしい静かで神秘的な雰囲気のある寺院。寺伝によれば慈覚大師円仁が9世紀前半に開山したとされる。

山の頂きに立つ納経堂
右に見えるのは納経堂。ここ立石寺は松尾芭蕉が「閑さや巖にしみ入る蝉の声」の句を詠んだ場所でもある。

天空から下界を見下ろすかのような山寺をゆっくりじっくり見て回り、かなりギリギリだったものの夕暮れ間際になんとか下山に成功。
コンビニで声掛けしたバンドマンの人たちの車で県境を越え、この日の目的地・宮城県は仙台に到着した。
以前の旅で出会った友達と再会し、翌日は一日かけて周辺を案内してもらった。

杜の都仙台
街中のメインストリートにある大きな木々が、杜の都という仙台の別名を思い出させてくれる。

橋で繋がる右の島は福浦島
日本三景の1つに数えられる、陸奥の松島。

今回の旅で日本三景最後の1つとなった松島は、湾の内外にある大小260余りの島から成る景勝地。岸からすぐの小島には、初代仙台藩主・伊達政宗が再建したという五大堂が今も建つ。
近くには国宝の瑞巌寺もあったが、なんとなく入った円通院の庭が思った以上に素晴らしい。中世のものだという石窟群もあったりして見どころは多い。
そこから車は東へ走り、石巻では慶長遣欧使節団を乗せて太平洋を渡った初の日本製西洋型帆船の復元船を見物して、そのまま男鹿半島へと突入。細い道ばかりで木々に邪魔されたりと狙っていた日の入りは見られなかったが、帰って食べた秋の東北名物・芋煮が身体中に温かく染み渡った。


そして今日、宮城県仙台から北上して岩手県に向かい、奥州平泉を目指す中で昼頃ちょっと珍しい車に出会った。
いつも通りヒッチハイクをしていたところ、KHBと書かれたバンが停車。何かなと思っていると、中から出てきたのはどうやらこちらのTVの人。ネタ的に使えると思ったのか、声をかけられて東日本放送と書かれたバンに乗ることになった。

一行はスタッフの人が1人とコンビの若手芸人さんの計3人。ハンプティダンプティというコンビらしいが失礼ながらよく知らない。走行中にいろいろ質問されたけれど、慣れないカメラに気が散ってなんだかぎこちない喋りになっていたはず。ちなみにタイトルにあるロジャーっていうのは一昨日仙台までの道を共に走った愉快なバンドマンの人たちが付けてくれたニックネームで、今回の収録ではこの名前で紹介されている。

果たしてオンエアされるんだろうか?
宮城県のローカル局のようなので自分は直接見れないけれど、チベットのことも話したのでそこは使ってくれると有り難い。

野球のユニフォーム姿だが、ストリークではない。

平泉には昼過ぎの到着予定だったが、予想外にペースが遅くて夕方やっと到着。目的の1つだった中尊寺は、すでに辺りが暗くなってしまったので明日早朝見ることにして、今夜は近くのバス停で野宿。時期的なものか地理的なものか微妙なところではあるが、そろそろ夜が本格的に寒くなってきた為、十二分に着込んで寝袋に入る。
冷たく澄んだ空気に包まれ、見上げた空にはまるで宝石を散りばめたような無数の星々が輝いていた。

スポンサーサイト
[旅の記録] '08日本一周編4 東日本へ | CM(3) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★COMMENT

きっとオンエアーされますよ!
九州でもみたいですね~。
2008.09.29 | posted by ブッポウソウ | URL | EDIT |
こっちでは放送されないの?観たいなあ。。。
でも、なんでロジャーなんだろ?
2008.09.29 | posted by マサ | URL | EDIT |
>ブッポウソウさん
隣接の岩手でもすでに知られていなかったくらいなので、残念ながら九州では絶対やりません(笑)

>マサさん
そう、なんでロジャーかってとこなんですが…。説明するのがちょっとややこしいんでまた今度!
2008.10.01 | posted by tavicho | URL | EDIT |

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。