ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2008.10.03
白神山地の入口で
寒かった。後で聞いたところによると、昨夜は8℃まで下がったらしい。
今使っている寝袋はマイナス10℃まで耐えられると書いてあった気がするが、昨夜の感覚を信じるなら5℃辺りが限界点。今の装備なら温存しているペラペラ銀ロールとビニール袋を使っても0℃がデッドラインだろう。マイナス10℃なら本気で死ねる。
今朝は6時台から中尊寺に入り、静かな境内を見て回る。
金色堂の拝観料は800円。今の自分には高すぎるからパスしようと思っていたが、一生にそう何度も来ないかなと思い直して内部を拝観することにした。

とその前に、平泉のもう1つの見どころ毛越寺(もうつうじ)へ。こちらはすべて遠い昔に焼けてしまっているが、平安式庭園を今に伝える数少ない遺構として保存されている。
往時は天下に並ぶもの無しと言われた大伽藍。ここ平泉で討たれた源義経を詠った「夏草や兵どもが夢の跡」という芭蕉の句碑が建っている。

毛越寺庭園跡
国の特別名勝、特別史跡にも指定されている毛越寺。往時は池の向こうに金堂円隆寺などが建ち並んでいた。

そして再び中尊寺。金色堂を風雨から護っている覆堂の扉をくぐると目に飛び込んできたのは黄金一色の金色堂側面。ここで皆、思わずハッと息を呑む。お堂は昭和の大改修を経て荘厳な輝きを放っている。対して内部の仏像群はあえて金箔を補っていないのか黒味がかった下地が見える状態だ。中尊寺にあった建造物のほとんどが焼失してしまった中で、この金色堂が残っていたのは奇跡に近い。

移動の前に手持ちのカップ麺でも食べて暖まろうと思い、管理事務所のおばちゃんにお湯を貰おうとしたところ、「中で食べていったら」と言ってくれて、さらに南部せんべいや中尊寺まんじゅうなどの食糧をいただいた。一部は話を聞いた近所の土産物屋さんから。ありがたくゴチになります。

明日への糧となる大切な食糧たち。

じっくり見て回ったこともあり、この時点でもう13時。本当は朝サクサク回って昼過ぎには釜石着、晩には盛岡と考えていたがさすがに無理があったか。
4号線を北上し、水沢からは旅好きな地元民S君のバンで一気に東へ。およそ80kmの道程を経て太平洋沿岸の町、釜石に到着した。時刻はちょうど夕暮れ時、綺麗な夕焼けの空を見て各々思い思いに写真を撮った。徐々に暗くなってくる空に立ち上る製鉄工場からの白煙が少し切なくてなんか良い。

9月30日、ついに9月も末日ということで本格的に秋を感じる。
この日のメインはなんと言っても新日鉄の製鉄所と鉄の歴史館。普通の人が見たら何てことはないところだろうが、日本近代製鉄の礎を築いた5代前のお祖父さんの足跡を知ることが出来る場所ということで初来訪。親族一同誰も来たことがなかったので、記録の為にもいろいろと写真を撮りまくる。


この日の新日鉄釜石工場。


明治時代の集合写真。明治27年には全国の銑鉄生産量の7割強を生み出した。

自分が(一応)関係者だということが分かると、やたらと詳しそうな館長が来て色々と説明してくれた。スペースの関係上展示してある資料はごく一部らしいが、それでもこれまで知らなかった沢山の事実の知ることができた。
見終わるともう夕方になっていたが、運良く宮古、そして盛岡まで。盛岡では昨日釜石まで送ってくれたS君と合流して名物のじゃじゃ麺をご馳走になった。そのままS君の実家に泊めてもらって暖かい布団でぐっすり安眠。

10月1日、この日はまず岩手県最高峰の岩手山へ向かい、270年前の溶岩流跡の見られるビューポイントへ。山頂まではっきりと姿を表した雄大な存在感。晴れた日の岩手山はまさに一見の価値有り。

ある日の岩手山
国の特別天然記念物、焼走り(やけはしり)溶岩流。


田沢湖近くのコンビニにて。快くマジックペンを貸してくれた。

雫石の道の駅を経由して秋田県入り。日本一深い湖・田沢湖に到着したが、平日と言うこともあって人気はほとんど無い。天気が崩れてきたので早めに移動し、田んぼに囲まれた見晴らしの良い国道を通って南の六郷へ。ここまで乗せてくれたおばさんのお母さんがやっている駄菓子屋に寄り道して、日本海側に向かうため国道沿いのコンビニに置いてもらった。

右手前にあるのはウイグル国旗。

大丈夫だからと言うこちらの声を尻目に、知り合いに電話して誰か乗せてくれる人がいないか聞きまくってくれたちょっと心配性な可愛いらしい感じのおばさんは、一度去った後にもまた戻ってきてりんごをたくさん手渡してくれた。
この日は海沿いの由利本荘手前の道の駅まで進み、そこで野宿。

翌朝、コンビニ入とうとしたら駐車場にいたおじさんが「秋田(市)までだったら乗せてくよ」と声を掛けてきてくれた。ここからおじさんと2人、男のドライブ。BGMは懐かしのフォークソング。ちょっと古いがこれがとても合う。
途中眺めの良い海岸などに寄ったりしつつ秋田市内の展望タワーに連れて行ってくれた。平日の午前のせいか、無料なのに他に誰もおらず地上100mの景色を独り占めした気分だ。おじさんの「ここまで来たからついでに男鹿半島まで行くか」の声でドライブの延長が決定。男鹿半島の素晴らしい海と断崖、見渡す限りの水平線など、いくつもの絶景を見ることが出来た。
入道崎というところで別れる際、「ここで食べたらウマいよ」とおにぎりまで渡して、おじさんはカッコ良く去って行った。

秋田県、とあるビーチの風景
秋田市より少し南に位置する風車のある海岸。

日本海を見ながらおにぎりをパクついていると、いつの間にかメガネが無くなっていることに気付く。朝からいろんな場所に寄り道してもらったので、そのどこかで落としている可能性が高い。ずっと一緒に旅してきたメガネだし、結構気に入っていたんだけど仕方ない。むしろこれは最後ぐらい素の顔でいろってことなのかも、と思うことにした。

何組目かで声を掛けたカップルに乗せてもらい半島を脱出。海沿いを走る国道101号で能代も越えて北上し、年配のおばちゃんやおばあちゃんが沢山乗るワゴンで荷物と共に揺られたりもしながら青森県に突入した。
日本全国ヒッチハイクの旅の第46県目・・・ここを過ぎれば残すはついに北海道ただ1つ。

日本海に沈む夕日
本州最北の県、青森で見る夕焼け。

そして今朝、何はなくともまずは温泉へ。本当なら昨日入るはずだったんだけど、宿泊客以外は16時までというルールの為に一晩野宿でこの時を待った。秋田で入るはずだった海辺の絶景温泉に寄れなかったので、この不老ふ死温泉には絶対に入ると決めていた。オープン時刻ちょうどに到着、オンシーズンの夕方には日の入りを見ようと芋洗い状態になるらしいが、幸いなことに湯船にまだ人影は無い。悠々と一番風呂を楽しんだ後、この日は世界遺産・白神山地を目指す。

日本海の波が眼前に迫る
一度聞いたら忘れない「黄金崎不老ふ死温泉」、鉄錆の味のする茶褐色の名湯は混浴だ。
「平館不老不死温泉」という共同浴場もあるので間違えないよう注意。

7~8kmほど南に戻り、県道28号線、通称白神ラインの入口の岩崎というところで内陸部の白神山地へ行く車を待つ。この道を進んだ先には道路から歩いて行ける範囲に暗門の滝という見どころがあるし、その先さらに道を進めば弘前までトータルでも90km、日没には間に合うだろうと踏んでいた。ところが・・・

いくら待ってもほとんど車が通らない。たまに通る車といえば何度も往復している工事用の大型トラックばかり。極々稀に普通の4WDが通るがあいにくと拾ってはもらえなかった。仮にも世界遺産へと通じる道、まぁ流れに任せてみようとのんびり待つうち2時間経ち3時間経ち。そして4時間が経とうとするころ、ついに一台のトラックが止まった。
ところがどうも乗せてくれるわけではなさそうだ。そのトラックのおじさんによれば、この先はダート。滝までの40kmで4時間近くかかるので、紅葉なんかのシーズンにでもならなきゃ観光客も通らないんだとか。残念ながらしくじったようだ。
それもまた1つの流れと白神山地を次回の楽しみにとっておくことにして、進路を北に切り替えたとたん、すぐに乗せてくれる人が見つかった。ヒッチハイクってこんなもんです。

海沿いに101号を北へと進み津軽半島の付け根から内陸に向かって、つまりぐるりと回りこむような形で日本一のりんごの生産量を誇る弘前市に到着。おじさんは無口な人だったが、こちら弘前側からなら暗門の滝への拠点となるビジターセンターまで行く車もあるからと教えてくれた。
青森の人は親切な人が多い。道を聞いたらわざわざついて来てくれたり、コンビニではお客さんまで一緒になって調べてくれたり。そして嬉しいことがもう1つ。
やはり生まれたときから見ているテレビの影響だろうか?これまで日本全国どこへ行っても若い人から言葉の訛り(もちろん地元の人同士だと使うんだろうけど)というものをほとんど聞くことができず非常に寂しい気がしていたが、さすが青森は一味違う。道を尋ねた女子高生から、いわゆる東北弁のイントネーションで返事が来たときには、「あぁ、なんか良いなぁ」とほのぼのした気持ちになった。
お国言葉は地域の文化財、ぜひこれからも使っていって欲しいと密かに願う。


以前から、ゴールしたら帰りは寝台列車に乗って帰ろうと考えていた。
高速バスなどに押され、昨今どんどんと廃止されてきているので、今乗っておかなければ一度も乗らないまま消滅してしまうかもしれない。
というわけでこの夜、人生初の寝台特急の切符を買った。本州最北の地青森を始発し、地元大阪に終着する「日本海」だ。



これで帰りの日程が決まった。かなりタイトなスケジュールになるので本音を言えばせめてもう一週間ほど時間が欲しいんだけど、実は元々どうしても帰らないといけない期限日があったのでこればかりはやむを得ない。
あとは駆け抜けるだけ。

スポンサーサイト
[旅の記録] '08日本一周編4 東日本へ | CM(3) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★COMMENT

限られた時間の中、仕方ねええっすよ!

まぁ襲われたとかじゃなくてなによりで
2008.10.05 | posted by ジャッカル | URL | EDIT |
北海道(五稜郭)到着 お目出度うございます!
帰路も気をつけてください。

元気でお会いできることを楽しみにしています。
2008.10.06 | posted by ブッポウソウ | URL | EDIT |
>ジャッカルさん
ありがとう、ホントそうだね。怪我もせず、無事ここまで来れたことに感謝!

>ブッポウソウさん
色々と気にかけてもらってありがとうございました。
またお会いできるのを楽しみにしています!
2008.10.07 | posted by tavicho | URL | EDIT |

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。