ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2008.10.07
到達、そして
頬に当たる雨で起こされた。弘前城のベンチの上、寝袋の中でゴソゴソと携帯を見ると時間は午前3時18分。早起きにしても少し早過ぎる時間だ。
とりあえず屋根のある場所へ、と急いで近くのトイレに避難する。旅人が寒い地域などでトイレ泊というのはよくある話。便座に座って抱えたザックにもたれる形でうつらうつらと朝まで過ごした。
夜が明けて雨が止んだ公園内を歩くと、今更ながら屋根のある寝られそうな場所がいくつも見つかった。園内にはまた、たくさんの桜が植えられており、春になると多くの花見客がやってくる桜の名所だそうだ。公園近くの土産物屋では様々な種類の土産が売られていたが、一番目を引いたのは地元青森のリンゴを丸ごと使ったバームクーヘン。見栄えも良いし美味そうだったが、残念ながら試食はできず。

朝の弘前城
弘前城天守閣は日本全国でわずか12箇所、江戸時代以前のものが残る現存天守の1つ。

出発が昼になってしまったので八甲田山は諦めて秋田との県境にある十和田湖へ。正直湖って湖畔から見る分にはどこもそれほど変わり映えしないので、スポット的には若干微妙だったりもするんだけど、目標地点にするには分かりやすい為につい気付くと目指してしまっている。
途中の黒石からは、ここで汁(つゆ)焼きそばなる売出し中のB級グルメを食べてきたという熟年母子さん達に乗せてもらって十和田湖をぐるりと半周ほど回る。紅葉のピークにはまだ2,3週間早いが、その頃に湖南側の展望場から観ればきっと素晴らしい眺めに違いない。
東側の子ノ口から十和田市方面に向かっていくと、そこは名勝・奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)。苔むした倒木から若い芽が出ていたりして、生命感溢れる美しい渓流に沿ってずっと歩道が続いている。多過ぎる人が押し寄せるであろうピーク時を避けるなら、少し色付いてきた今頃は良い頃合かもしれない。

午後の十和田湖
周囲を山で囲まれた十和田湖はカルデラ湖であり、現在も活火山に認定されている。

十和田湖から五戸町の方角へ行くと、知る人ぞ知る"あの"戸来村(現在は合併して新郷村)がある。弟イスキリの身代わりにより磔を逃れたキリストが密かにやってきていたというあの村だ。ヘライという村の名もヘブライからきているとか、ダビデの星と呼ばれる六芒星を家紋に持つ家があるとかで、トンデモなのはトンデモなんだけれど、これがなかなか面白い。ちょっと寄ってみたかったんだけれど時間が無い。十和田市でもちょっと楽しそうな現代美術館を見かけたが、すでに夕方と言うことでやはり時間が足りず。残念。
その分ここはもうひと頑張りして何とか下北半島の付け根、野辺地(のへぢ)までは進んでおきたい。

翌日は早朝から一気に半島を北上して、むつ市、恐山、大間崎、と本州最北端を目指してそのままフェリーで函館へ向かうつもりだ。当初は札幌がゴールの予定だったんだけど、残日数その他の要因でゴールは急遽、函館・五稜郭へ変更を余儀なくされた。
七戸町のジャスコ駐車場でヒッチを試みていると「何してるの?とりあえずご飯でも食べない?」と声を掛けられた。
これはまたアッチ系のお誘いか!?と警戒したものの今回はどうやら大丈夫。近くにある行き付けの洋食屋さんでちょっと良いメシを食べさせてもらった上に、さらに泊めてもらって翌日送ってくれる事になった。


親切な獣医さんの勤務先。


そして翌日フェリーに乗り・・・北海道は函館に到着した。
最終地点である五稜郭は、車ならもうすぐの距離だ。

達成の嬉しさがある反面、そこには旅が終ってしまう切なさを強く感じている自分が確かにいた。

テーブルマウンテンのような函館山が見える。
写真は函館山とは逆の側から街を見下ろす、通称“裏夜景”。
右手に見えるのが本来観光客が登る函館山だ。

それでも函館ではまた新たな出会いがあり、合流予定だった昨年の旅の友人も含めて昨夜は一緒に祝杯をあげることができた。
この旅最後の盛り上がるひと時。



友達の家に泊めてもらった翌朝。
今の複雑な心境を映すかのような厚い曇り空の下、いよいよこの旅最後のラストヒッチ。

物静かなおじさんに乗せてもらってついに五稜郭に到着した。

バックにそびえるのは地上107mの新五稜郭タワー
五稜郭タワーを背に、共に旅した旗を掲げて。



写真を撮ってもらうと後はあまりすることがない。
まだ写真やテレビでしか見たことの無かった五稜郭のその見事なフォルムをこの目で見るため、一度くらい登ってみてもいいかなと思ったタワーも、840円という高額料金を確認して残念ながら却下。
ここからはヒッチではないので、少しはお金をとっておかないと帰れなくなる。

敷地の中に入ると復元中の函館奉行所の工事が去年よりも少し進んでいた。


初めての寝台特急、日本海。バックに青く光るのは、知る人ぞ知る青森ベイブリッジ。

そして今は寝台特急の列車の中。
流れる光を見つめている。

ここ数ヶ月間当たり前になっていた旅の生活がもうすぐ終わる。


若干の疲れもあり、帰ったらまた詳しく書こうと思うので短いけれど今日はここまで。

この約4ヶ月半、ホントいい人たちに恵まれたと思う。
この旅を通じて得た、数多くの貴重な出会いに深く深く感謝。

スポンサーサイト
[旅の記録] '08日本一周編4 東日本へ | CM(6) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★COMMENT

ゴールおめでとうございます!
お疲れ様でした!
2008.10.07 | posted by まじー | URL | EDIT |
拝見させていただきました!
応援ポチッ!!!
2008.10.07 | posted by サトシ | URL | EDIT |
おめでとうございます!

そしてお疲れ様でした^^

いい旅になった様ですね!
2008.10.07 | posted by ジャッカル | URL | EDIT |
おめでとう!!お疲れさま。
いろいろ思うところもあると思うけど、ゴールはまた新しいスタートでもあるはず。

次の流れに乗っていこう!!
2008.10.07 | posted by マサ | URL | EDIT |
お目出度うございます!
お疲れ様でした。
ゆっくり身体の疲れを取ってください。
2008.10.08 | posted by ブッポウソウ | URL | EDIT |
今回達成できたのはたくさんの人たちの支えがあってこそ。
皆さん、本当にありがとうございました!

2008.10.12 | posted by tavicho | URL | EDIT |

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。