ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2007.09.20
小樽を後に、トラックの旅
夜中に降っていた大粒の雨は朝には小雨になっていた。
駅のロッカーに荷物を預け、付近をぐるりと散策する。
小樽駅前。修学旅行生らしき集団が多かった。

まずは有名な小樽運河。
なかなか良い雰囲気を醸し出している。
近くにびっくりドンキーを発見して営業時間を見たが0時閉店だった。

大正12年完成の小樽運河。曇り空がよく似合う。

港の方まで行くと海上保安庁の船艇が何隻か泊まっているのが見えた。

小樽港に停泊していた海上保安庁の巡視艇。

街中に残る廃線になった鉄道跡。

1985年で廃止になった北海道最古の手宮線。碑には1880年~と刻まれている。

ここ小樽は1882年に北海道で最初に鉄道が走った街。
手宮駅から続く路線は札幌の岩見沢を通って三笠市の幌内駅までを繋げていた。
旧手宮駅跡には北海道鉄道開通起点標が建っている。


1時間ほど歩いて回り、早めに出発準備。
雨はいつの間にか止んでいた。



今日の目標は一気に北の果て、稚内だ。
街中ではなかなか拾ってもらえないので汗をかきつつ郊外までひたすら歩く。
しばらく苦戦したものの1人目の人以降は比較的スムーズに進み、銭函で乗せてくれた人に貰った地図はその後の北海道旅行を通して非常に役に立ちました。

石狩市の厚田では仕事で羽幌まで行くというトラックのおじさんが声をかけてくれた。
羽幌といえば北海道の上部に伸びる角のほぼ中間地、1回の移動距離としてはかなり長い。
ありがたく同行させてもらう。

羽幌への道中。坂の上から見る景色が良かったので一枚。

このおじさんが60代も半ばにして小1の子持ち。
ところが「やるじゃないですか~、可愛い盛りですよね」などと言う俺に対し、なぜかテンション低め。
実は10代の時に嫁いできたフィリピン人の奥さんはすでに離婚して他の男と暮らしており、一緒にいる子供から電話があるたびにおじさんは様々な費用を渡しているらしい。
少なくとも年金が貰えるようになるまでは、体力的に厳しいが今の仕事を続けないとやっていけないという。
それは確かにテンション上がらんすよね…。

目のあまり良くないおじさんの代わりに地図を見ながらひたすら北へ。
いくつものトンネルを抜けて、いつしか俺は助手のようになっていた。
数時間かけてやっと羽幌に到着。
おじさんの意向で俺も現場に付いていくことに。
30分後、何とか作業終了を見届けてまずは一安心。
おじさんとはそこで別れたが、不器用そうなその後ろ姿からなかなか目が離すことができなかった。

おじさん、がんばって…

厚田からここまでヒッチの待ち時間無しで来たにもかかわらず、この時点ですでに16時半。
意外に時間がかかってしまった。
次のヒッチを試みるも早々に断念して近くにある道の駅を覗きに行った。

これまで傍を通過したことしかないのでよくわからなかった道の駅。
ドライバーやライダーのための休憩所だという。
初めて訪れる道の駅は大きめの駐車場の付いた公園のようでなかなかキレイ。
キレイなんだが…寝られる場所が少なく、微妙だ。
下に敷くマットを持っていないので地面では冷たい。
さらに雨の予報があるので屋根のあるところを探すと唯一トイレがあった。
トイレ前というとちょっとイヤな感じだが、逆にトイレも歯磨きも移動しないでできると考えれば便利なもんだ。

隣にある温泉宿泊施設でお湯につかり、広い座敷でゆっくり休憩。
ここはロッカーに入らない大きな荷物も預かってくれ、すごくスタッフが親切だ。
1人いつまでも座敷に残る人がいたので声をかけてみたらやはり旅人。
休憩室の閉鎖時間までのんびりお互いの旅のことを語り合った。

コンロや鍋なども持ち歩ける搭載力がチャリダーの強み。

ゆっくりさせてもらったスタッフらにお礼をいい、外に戻る。
チャリダーの彼の持っていたコンロで湯を沸かし、2人でカップ麺をすすった。
丸一日以上ほとんど何も食べていなかったので腹に染み渡る。

小さな幸せ。



【今日の移動距離】
小樽→羽幌 約205km

スポンサーサイト
[旅の記録] '07北海道編2 北海道一周 | CM(-) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。