ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2009.01.13
4人で3本
高知県、地図で見るとちょうど四国の右足に当たる室戸岬でのこと。
その日は深夜から微妙な小雨がパラついていたが、岬の先端に着いた辺りでついに大粒の雨が降ってきた。

あいにくと道沿いに適当な屋根は無く、大きな荷物ごと少し離れたトイレに避難することになった。
朝トイレで新聞を読みふけるお父さんよろしく、しばらくは持っていた本を読んで過ごしてみたものの、一時間そして二時間と雨音の中で時間だけが過ぎてゆく。
トイレに来た人をヒッチするという手段もあるが、肝心の人がやって来ない。

それなら今のうちにできるだけ見ておこうと、雨足が弱まるタイミングを見計らって付近を歩いてみたり展望台に登ってみたり。

思った以上に人気は少ない。
雨の室戸岬。

再びそれもままならない程に雨脚が強くなってきたので展望台1Fの売店に緊急避難。
この店のおばさんとはなぜか話が合った。
他にお客もおらず、色々話し込んだりしているうちに、ふと気付くと外は出られる状態になっていた。

厳密に言えばまだ若干パラついてはいるが、このチャンスを逃せば次にいつ出られるか分かったもんじゃない。
新年初売りのデパート。福袋!福袋!何が何でも福袋!と、開店時間の3時間前から並ぶ女性の群れの目前で、今まさに扉が開いたときのような超ダッシュでトイレに戻って荷物を回収。
そのまま道まで出てヒッチハイクを開始する。

しかし、目標の高知市まで今日中にたどり着くためにも、何としてもここで室戸岬を脱出しなければ...と思う気持ちも空回り、ろくに車も通らないうちに三度雨足が強まりだしてしまった。

ヒッチハイカーにとって雨は様々な意味で天敵だ。
行き先を示すためのスケッチブックは当然のように水分に弱いし、
一度身体や荷物が濡れてしまうと乗せる側の車内も濡れてしまうのでやはり敬遠されてしまう。

そこで大切なのが雨具だけれど、この時持っていたのは後に屋久島でゴミ袋と間違えられることになる薄いレインコート一枚のみ。
着替えも含めすべてが入った荷物を濡らすわけにはいかないので、その唯一の雨具をバックパックと手荷物に被せ、自分は駐車場の脇の小さな木の下でスケッチブックを持って車を待つ。

雨の平日、道を通る数少ない車にアピールすること約一時間。木が多少の雨よけになるとはいえ服もだいぶ濡れてきた。
そろそろ本格的にヤバいなと思っていたところについに一台の車が停車する。

見ると軽自動車に大学生ぐらいの男女が4人。
そう、4人ということは、そこにはもうデカい荷物を持った男が乗るスペースは残されていない。
どうやら彼らは岬を歩くために駐車場に停まったようで、しばらくすると各々傘を手にこちらにある遊歩道に向かって歩いてきた。

残念だけれど仕方無い。
次の車を待つか、と思っていると、近くまできた1人がピタリと立ち止まる。

ん?いったい何だろう?と思っていると...















「これ、良かったら使って下さい」

そう言って1本の傘を差し出した。

傘。
まさに今の自分にとっては何より有り難いアイテム。
「いいんですか?」と聞くと「余ってるんでどうぞ」と。

が、よく見ると4人で3本しか持っておらず、後ろの2人が1本の傘を使っている。
「でも...」と言いかける俺に「カップルなんで大丈夫です」と爽やかな答えが返ってきた。

そういえば停まってから降りてくるまで多少時間があった。
濡れた自分を見つけて相談していたんだろうか。

旅をしていると本当に人の優しさが身に沁みる。
ありがたく使わせてもらうことにして3本の傘で歩く彼らの後姿を見送った。

“流れ”っていうのはあるもので、ほどなく乗せてくれる人も見つかり無事室戸岬の脱出に成功。



この後、四国のもう1つの足にあたる足摺岬でもちょっとしたエピソードがあるのだけれど、それはまた別のお話。
スポンサーサイト
[ヒッチハイク] エピソード | CM(0) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★COMMENT

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。