ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2009.01.11
小4ヒッチハイカー
千葉県の一番東、地図で見ると太平洋側に尖がっている部分の先端に銚子という街がある。
そこの犬吠埼は関東の人なら台風のリポートでおなじみだろうし、最近なら銚子電鉄の「ぬれ煎餅」が有名だ。

その日は九十九里の辺りから海岸線を北上したがペースが遅く、夕方頃になってやっと銚子にたどり着いた。
そこから乗せてくれたサーフィンの帰りだという2人組の男性が「どうせだから」と言って犬吠埼の方までグルッと回ってくれた。
なんでも東映だか松竹だかの映画のオープニングで、波が激しく打ち寄せつつ会社のロゴが出てくるシーンはここで撮られたものらしい。

その日は風がやや強く、確かにここならあの激しい波が...と思っていたら。
なんと海岸ギリギリに造ってある遊歩道みたいなのが完全に崩れ、一部は道が削りとられたようになっている。

「なめたらアカン~なめたらアカン~」

VC3000のど飴の曲と天童よしみの顔がふと浮かび、そしてフェードアウトしていった。

ちなみにここ銚子市から隣の旭市にかけての屏風ヶ浦という海岸には全長10kmにわたる雄大な断崖絶壁が続いていて、イギリスはドーバー海峡の白い壁に匹敵するということで「東洋のドーバー」と言われているとかなんとか。
雄大な景色というのは凄く好きなので、また来ることがあればぜひ行ってみたい。


街中のコンビニで降ろしてもらい、茨城方向に行く車に向かってアピールしていると、学校帰りの小学生が数人「何してるの!?」的な感じで近寄ってきた。
日本一周中だと言うといきなりテンションMAX。
「マジで!?」
「どこから来たの?」
「すげー!」
さらに仲間もやってきて、一瞬自分が特撮ヒーローにでもなったかと錯覚するような人気ぶり。

スケッチブックとダンボールを見つけた彼らはますます興味津々な顔で「これ持ってみてもいい?」と聞いてきた。
例えるならペリーが来航した時の江戸の町民くらいというか、イエティを発見した時のヒマラヤの登山隊くらいというか、とにかくもうそんなレベルのハンパない興味津々ぶり。

やり方を教えると嬉しそうに、皆で走る車に猛アピール。
車から見たら「そんなにたくさん乗せられねーよ」と思われてるんだろーなーとか考えながらも、子供たちが楽しそうなので...まぁいいか。

小4ヒッチハイカーズ

ヒッチハイカー(?)としてはかなり異色な彼ら。目立つことだけは間違いない。

飽きるまでしばらく待とうかと思っていると、無理な角度から駐車場に入ってくる一台のワゴン。
入口付近にいた子供たちに危ないから下がるよう言おうとしたら、その車が目の前で止まって中のおじさんが一言、
「そんなに乗るかどうかわかんないけど、どこまで行きたいの?」

子供たちは大喜び。
どう見ても引率の先生には見えないデカいザックの男にハイテンションの小学生たち。
この奇妙な組み合わせに不思議そうな顔をしていたおじさんに状況を説明。
小雨の中頑張ってくれた小学生らに手を振って、日暮れの千葉県を後にした。
スポンサーサイト
[ヒッチハイク] エピソード | CM(2) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★COMMENT

おもしろいエピソードだね。旅っちょ、文章もうまいよね~。読ませる力があると思うよ。本でも出せば?
2009.01.12 | posted by マサ | URL | EDIT |
ありがとうございます。
調子に乗ってみようかな?...なーんてね。
2009.01.13 | posted by tavicho | URL | EDIT |

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。