ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2009.01.23
世界一イカツいパブへ(前編)
これはニュージーランドを旅していた時の話。

ニュージーランドは南半球、オーストラリアの東およそ2,000kmの位置にあり、面積は日本の約3/4程の自然豊かな島国だ。
北島、南島という2つの主要な島と、その他いくつもの島々から成っている。

北島北部にある同国最大の都市オークランド。
そこからさらに北西に伸びる、長い半島を先端に向かって進んでいた。

しばらく北に行ったところで子供連れのおばさんの車に乗せてもらった。
褐色の肌に丸い鼻、そして骨太の体型。18世紀にイギリスを始めとするヨーロッパからの入植者たちが来る以前よりこの地の住人である先住民族マオリ族の特徴だ。

おばさんはとてもフレンドリーな人で「急いでなければお茶を飲みにおいで」と言って家に招いてくれた。
おばさんの家へ行く道すがら、見かけるのはマオリの人ばかり。
どうやらこの辺りは白人はあまり住んでいないようだ。

家に着くと家族を紹介され、皆と一緒にティータイム。
どこから来て何の為に旅しているのかなど、興味深そうに尋ねる子供たちと短いけれど楽しいひと時を過ごす。

お礼を言っておばさんの家を後にし、次の車を待っていると、すぐに今度は2人組みの男性が停まってくれた。
車内で話すうちに彼らは親子だということがわかったが、雰囲気はツレっぽかったし、最初は歳もそんなに違わないのかと思っていた。
普段、童顔な日本人ばかり見慣れていると、外人さんは基本的に実年齢よりも少し、時にはかなり年上に見える。

そんな実例を1つ。

これは南米にいた時の出来事なんだけど、その時自分はメールをチェックしたくてネットカフェに来ていた。
順番待ちの最中、時刻が知りたくなって隣に座っていた立派な鏡餅のような体型の人に尋ねてみた。
太い手首に巻かれた時計を指差して快く教えてくれた彼に、「Gracias señor.(グラシアス セニョール)」と感謝の気持ちを伝える。

グラシアスは英語でいう“Thank you”で“ありがとう”の意味、“セニョール”は“ミスター”にあたる敬称だ。

一瞬、ほんの微かな変化だが、彼の表情が曇った気がした。

ん?
丁寧に礼を言ったはずなのに.....と考えるも思い当たる節は無い。
その時彼が咳をしなければ、そのまま気付かなかったかもしれない。

だが、彼は咳をした。
その身体に似合わない、小さな可愛らしい咳を。



そして自分はすべてを悟った。



彼の表情を曇らせたのは間違いなく自分のさっきの発言であり、間違っていたのはその認識と敬称。

真に付けるべき敬称は、
“セニョール”(=ミスター)ではなく“セニョリータ”(=ミス)だったということを。



そう、彼は彼ではなく、彼女だった。

その貫禄のある体型から何の疑いも無くおじさんだと思い込んでいたが、よくよく観察してみると確かに女性、それもまだ若い女の子だ。

せっかく時間を教えてくれた女の子をよりによっておっさん扱い。
本当に申し訳ない.....。





「今日はどこに泊まるんだ?」

回想シーンを展開していた頭に不意に親父さんの声が響いてきて、脳がニュージーランドでヒッチハイク中だったことを思い出す。

特に決まっていないと伝えると、親父さんは「じゃあ泊まっていけよ」と言ってくれた。

漁師である親父さんの家は海のそばの一軒家。
意外だったのはマオリである親父さんの奥さんが白人さんだったこと。

そして夕食に刺身が出てきたこと。
しかも山葵と箸まである。

聞けば親戚(?)に日本人と結婚した人がいるらしい。
なるほど、自分を歓迎してくれるのも日本人だからかもしれない。

刺身とさらにステーキまで焼いてくれて予想もしなかった豪勢な食事。
量もハンパなく、エネルギーは摂れる所で摂れるだけとる主義の自分でも食べきることができなかった。

でぶや(注 - 元祖!でぶや、テレビ東京系列)から3年契約のオファーが来そうなくらいの勢いでパンパンに張った腹をかかえ、用意してくれたベッドに潜り込む。

何でも明日はいろいろと案内してくれるらしい。
楽しみだ。



世界一イカツいパブで(後編)に続く...
スポンサーサイト
[ヒッチハイク] エピソード | CM(2) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★COMMENT

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.01.29 | posted by - | URL | EDIT |
旅の所為で蓄え等は一切ありません(笑)が、旅のお陰で人生の素晴らしさや意味を勉強させてもらいました。

FC2は全般的に動作が遅いとは聞いているんですが...。
(できれば乗り換え以外で)何か対処法がないか少し調べてみます。
ありがとうございました!
2009.01.31 | posted by tavicho | URL | EDIT |

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。