ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2009.01.28
世界一イカツいパブへ(後編)
まだ読んでいない人は世界一イカツいパブで(前編)からどうぞ。



翌日。
朝から親父さんと息子と一緒に車で出発。

この日はまずケリケリという町にある、ニュージーランドに現存する中で最古の建築物=ケンプハウス(Kemp House)や、同じく最古の“石造りの”建築物=ストーンストア(The Stone Store)、そしてワイタンギにある国立保護区を見に行った。
ワイタンギという土地は1840年、当時盛んに武力衝突を繰り返していたイギリス側とマオリ側が後のNZ(ニュージーランド)の根幹となる条約を交わした場所で、ニュージーランドという国にとって最も意義深い場所といえる。

海沿いにあるワイタンギ条約記念公園。
空に向かって伸びるマストの先に、はためく3つの旗(マオリ、NZ、イギリス)を眺める。

今から160年以上昔、自分のいるこの場所で、マオリの部族長46人とイギリス総督との間に1つの国の行方を決める大きなやりとりがあったと思うと何だかちょっとロマンを感じる。



ロマンをビンビンに感じた後はとりあえず腹ごしらえってことで、親父さんの運転する車はつい先日“行列して新商品を買うと時給が貰えるハンバーガーショップ”として日本で物議を醸した世界的チェーン店Mドナルドのドライブスルーに吸い込まれる。
3人そろって車内でガッツキつつ、向かった先は一軒のパブだった。

時間はまだ真昼間だというのに店内はそれなりに賑やかで、親父さんたちが入っていくとお互い常連といった感じの男たちがジョッキを片手に次々と話しかけてくる。

さてやっと本題。
タイトルに世界一イカツいとあるけれど、今回出会ったのはそんじょそこらのイカツい人たちとはレベルが違う、次元が違う、そして特に覚悟が違う。そんな人たちだった。


ではここで、どれぐらいイカツいかを分かりやすく説明してみるので、自分が大切にしている愛車(tavichoの場合はチャリンコ)で颯爽とツーリングしているところをイメージしてもらいたい。
その時突然ドカンと接触してきた買い物袋満載のママチャリ。右手ハンドルにぶら下げている袋からは特売のネギがモリモリはみ出しているぐらい満載の設定だ。

見ると前カゴが凹んでいる。

愛車(チャリンコ)の大切なチャームポイントの切ないまでの変形具合に対し、そ知らぬ顔で過ぎ去ろうとする相手の肩を後ろから荒々しく掴む。

でも、振り返ったその相手がもしもこんな人だったら.....















こんな人だったら.....







これが彼らマオリのトラディショナル。
(写真は参考資料)
自分なら即反転して帰ります。



で、店内はこの写真のような人だらけ。
これは実際ものすごくイカツい。



このタトゥーは彼らマオリの風習の1つで、様々な意味のある紋様を身体だけではなく顔にもガッツリ刺青するのが特徴的だ。
それを知識として知ってはいたが、これだけ集まるとまさに圧巻。

骨太の体躯に分厚い筋肉。
K-1選手のマーク・ハントやレイ・セフォーみたいな体格で全身に刺青を背負った男たち。
マオリだからといって皆が皆顔にタトゥーを入れているわけではないし、親父さんたちも入れていない派なんだけど、この店はやけに顔タトゥー率が高い。女性すら見事な彫り物が入っていたりする。

そんな中に日本人の自分が一人。


もしもそれよりこっちの方が絶対世界一だよっていうイカツいパブ、バー等を知っている人がいたら、ぜひ写真を添えて連絡して下さい。いつか現地調査に行ってきます。





そんな見た目は超イカツい彼らだけれど、実はとってもフレンドリー。
気付いたら自分も自然と輪の中に混じっていた。

一緒に記念写真をお願いしようと思ったのに、カメラを忘れてきた自分が恨めしい。


2時間ほど飲んで店を後にする。
「いやー、なかなか楽しかった」と思っていると、車はまた違う店の前で止まった。
今度はスポーツバー。
どんどん飲めとビールを持ってきてくれるが、さっきの店で結構飲んできたので正直もうそんなに入らない。それでも2時間ほど一緒に飲んで、やっと車に戻ってきた。

時間的にはそろそろ晩ご飯。
暗くなってきた山道を走る車内で今日はいったい何だろうなんて思っているとどうやら到着。
しかし、車を降りて家の中に入ることは出来なかった。





なぜならそこは、またしても酒場。
それなのに親父さんと息子、まるでさっきまでのことなんか無かったかのように、無理な禁酒明けのアル中のような勢いで、ここでもまたガンガン飲みだした。
比べてこっちはさっきの店でもいっぱいいっぱいだったのに、これ以上飲んでも気持ち悪くなるだけ。吐かない様にするので精一杯だ。

しかし親父さんたち。気前がいいというか面倒見がいいというか、自分たちが流し込む合間にこちらにもどんどんビールを持ってきてくれようとする。
せっかく持ってきてくれたものをまったく飲まないわけにもいかず、かといってジョッキを空けてしまうと次のビールが...という八方塞がりの状況に、申し訳ないけれど隣にいた若者とひたすら話し込んでいるふりを決め込んでなんとかやり過ごす。

ここでも多分2時間ほど、やっとの思いで店を出たが.....
そう、夜はまだ終わってはいなかった。





結局この日は計5軒。
帰ったのは深夜日付が変わってからだったので、時間にして10時間以上は飲み続けたことになる。
にもかかわらず、親父さんたちのペースは最後まで落ちなかった

彼らマオリの、本当にイカツいところは刺青の入った顔でも剛健な肉体でもなく、その底無しとも思える酒豪っぷりだということに気付いた、そんな長い一日。
スポンサーサイト
[ヒッチハイク] エピソード | CM(2) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★COMMENT

ビールばっかりと言うのも凄いですね。
「ビールのお味は・・・?」と聞くのも野暮かなぁ?
漁師さんが酒に強いと言うことだけは日本も同じ様な気がします。
2009.01.29 | posted by ブッポウソウ | URL | EDIT |
いや~、あれはもう人間の域を超えてました。超人です。
あれだけ飲めるときっと毎月の酒代が恐ろしいことに...
2009.01.31 | posted by tavicho | URL | EDIT |

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。