ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2009.03.01
不思議体験シンクロニシティ(後編)
まだ読んでいない人は先に不思議体験シンクロニシティ(前編)へ。



「気持...ち悪い.....」

死して魔王に操られていたゾンビが勇者に止めを刺される。
再び死にゆく最後の刻に一瞬だけ心が戻り、何かを必死に伝えようとしている...例えるならそんな感じの声で、少年は自分が吐きそうなことを伝えた。

1人がそう告げると、堰を切ったように僕も俺もと声が上がる。
少年たち全員が吐きそうだという素晴らしい状況が判明したが、正面から対向車が来たらお手上げなぐらいの山道だから停まってゆっくり回復を待つというわけにもいかない。
もう少しのはずだから頑張れ的な根拠の薄い励ましを受け、少年たちと吐き気との一進一退の攻防が繰り広げられる中、車は蛇行した道を走り続ける。

果たして少年たちはこの恐るべき敵に打ち勝つことができるのか?
もしも吐き気が勝利するようなことになれば、その強烈なスメイルによって引き起こされた連鎖反応でこの車内は阿鼻叫喚の地獄絵図と化してしまう。

助手席の自分はドライバーの男性とこれまでの旅の話をしながらも、後部座席が気になって仕方が無い。
普段よりもはるかに長く感じられる一分一秒が過ぎていき、まだ着かないのかと思ったその時。

やっと通常の舗装道路との合流地点が見えてきた。
ほどなく車を停めることの出来るエリアに到達し、少年たちは全員外の空気を吸うためによろめきながらも降りていく。
本当に限界だったんだろう。一番年少らしき少年は特に苦しそうで、膝に手をついては脇にある溝に何度もリバースを繰り返していた。

少し先の民家で道を聞き、ついに高野山に到着。
自分に付き合わせたおかげで少年たちには悪いことをしたなと思ったが、とても爽やかにこれからの旅も頑張ってと応援してくれた彼らとドライバー氏に深く感謝。

強大な敵に打ち勝った誇り高き少年たち。

手を振って別れた後は、まず案内所へ行って情報収集。
得られた情報を基に奥の院へと向かう。

奥の院はこの高野山の地でもっとも神聖な場所であり、その御廟には西暦835年に即身仏となった弘法大師空海が今なお鎮座している。

トヨタ、日産、ソニーなどを始めとするたくさんの企業の墓が立ち並ぶエリアを抜けると、次に現れたのはこれも多数の武将や大名たちの墓だ。織田信長、豊臣秀吉、武田信玄、上杉謙信、伊達政宗、明智光秀、石田光成ほか、有名どころが勢ぞろい。戦国時代のオールスターと言っても過言ではない面々が並ぶ。これまでまったく知らなかったが、全国の戦国武将のなんと4割もの墓がここ高野山にあるという。

それらを抜けるといくつかの建物が見えてきた。
灯篭堂と呼ばれる建物は文字通り大小無数の灯篭が燈されておりとても厳かな雰囲気。
その裏手にある大師の御廟では、参拝に訪れた多くの人々が静かな祈りを捧げていた。


次に向かったのが大門方面。
ここが高野山の東端だとしたら西端にあたる場所だ。

大木が見下ろす長い参道を歩きながら、何とは無しにメールを打っていた。
しばらくして携帯のバイブが震えた。
返ってきたメールを見て、一瞬我が目を疑った。



その内容は奈良で合流できなかった友人が、今この瞬間に同じ高野山にいることを示していた。


それもちょうど大門方面から、こちらの奥の院の方向に向かって歩いているところだという。
もちろんあらかじめ落ち合う予定にはなっていない。

送ったメールは、奈良での合流が無理になってしまったのでまた今度飲もうといっただけのごくありきたりのもの。
自分は今日彼の仕事が休みなことすら知らなかったし、また和歌山県に行くことも伝えていない。
それなのに...

“シンクロニシティ”という言葉が脳裏に浮かんだ。
分析心理学の創始者ユングの提唱した概念で、日本語訳すると共時性。一見まったく関連性が無いように思える事象が偶然の(ような)一致をもって現れることらしいが、まさかそんな世界各地の最凶死刑囚たちが東京を目指して突如一斉に脱獄するようなことが自分の身に起こるとは。

いや、これまでにも小さなシンクロはいくつもあった気もするが、これだけハッキリしたものは珍しい。
多くの官僚や政治家たちの、国民が痛みを我慢するのは当然だけど我ら選ばれし者の天から与えられし既得権益だけは何があっても守り通すぞ!守り通すぞ!守り通すぞ!という潔いほど明確な姿勢や、「ボウヤ...出すモンさえ出してくれればスポンサーなんてのはどんな黒い業界でもいいんだぜ(ニヤリ)」という最近のTV局の方針並にハッキリしている。

ほどなく途中の店で土産物を物色中の友人と合流。
一緒に来ていたもう1人の友人も含め、しばらくぶりの再会を果たす。

旅には毎日新しい出会いがあるけれど、たまには見慣れた顔もいい。

それぞれの近況を始め、世界経済における深刻な不況の連鎖やカルツァ=クライン理論における対消滅の説明、そして我が家の隣の浪人生の部屋から夜な夜な聞こえる甲高い叫び声と発情期のオットセイのような呻き声、主に外国人男女のようだが――について熱く雄弁に、時には涼やかに語り合いたいところだったがあまり時間も無いので世界経済以降を泣く泣く省略。

「少し痩せたけど何だか精悍になったんじゃない?」
固い握手を交わして別れる時、友人の1人がそう言った。

そうだとしたら、それはきっといい旅をさせてもらっているからこそ。
旅の魅力、それは自分の変化を感じられることでもある。

スポンサーサイト
[ヒッチハイク] エピソード | CM(0) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★COMMENT

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。