ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2007.09.22
フェリーに乗って礼文島へ行こう
島に行ってみることにした。
ここまで江差からの奥尻島、羽幌からの天売島と焼尻島など、どちらもスルーしてきたわけだがやはり1つぐらいは行ってみたい。
ここ稚内から行ける島は利尻島と礼文島の2つ。
どちらも島内は国立公園に指定されている自然豊かな島だ。
初めは利尻富士のある利尻島に行くつもりだったが、「少し遠くから見た方が全貌が見えて綺麗じゃない?」との一言で礼文島に変更。
朝食を食べた後、同行するライダーの2人と一緒に宿の人に車で港まで送ってもらう。

稚内から礼文島・香深まではおよそ2時間弱、片道二等で2200円。
樺太(サハリン)への船も出ているが料金はほぼ10倍と高く、ビザも必要だ。
同宿のチャリダーたちと合流して船に乗り込むが今日の波はかなり荒い。
一瞬身体が浮くほどの縦揺れを最初こそ面白がっていたが、しばらくするとほぼ全員がダウン。
少しでも楽な場所を求めて船首から後部へ移動すると、やはりほとんどの乗客が横になっていた。
動いているのはいざという時のための袋を配って歩くスタッフのみ。
そんな中、寝ることでなんとか吐き気をやり過ごしていた俺に、ついに礼文島・香深港へ到着するというアナウンスが聞こえてきた。

見えてきた礼文島。

波の荒さを物語る飛沫の跡。


船室の窓から外を覗くとフェリーターミナルの建物と、この船を待つ人たちが見える。
そして…少し離れた位置に大きな旗を振りながら何かを叫ぶ怪しい2人組を発見。
Tシャツに半ズボン、1人は頭にねじりハチマキをしている。
What's?
なんだ彼らは?

皆の注目を一身に集め…

スポンサーサイト
[旅の記録] '07北海道編2 北海道一周 | CM(-) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。