ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2009.03.27
日本人として
知った瞬間少しだけどテンションが上がってしまった。
じわりと嬉しさも込み上げてきた。

そして自分が日本人なんだということを再認識した。





...ってこれはワールドベースボールクラシック、WBC優勝の話。

当初はほとんど興味が無かった。
誰が出るのかとかどうでもよかったし、監督候補の筆頭に惨敗指揮官のあの人は無いだろ、とかナベツネほんと五月蝿いよとかチラッと思う程度で、イヤもちろん思ってても話題にもしてないし、とにかくほとんど興味が無かった。

なんか韓国に勝ったかと思えば負けたとか聞くし、アメリカがまた自前の大会だと思って自分とこの有利なようにあからさまにセコイ組み合わせにしてるなっていう以外内容もあまり知らなかった。

そんな自分でも日本代表がアメリカを倒して決勝戦に進出し、その決勝で最大のライバル(?)韓国と2勝2敗でむかえる今大会5度目にして最後の対決が決まった時にはやはり勝ってほしいと願っていた。


母国に暮らす自分たちにとって、日常生活で自身が日本人であることを意識する機会はそれほど無いように思えるけど、何気ない瞬間なんかに自分のナショナリティを感じる機会は実は結構あったりする。

ふと目にした七分咲きの桜に春の訪れを感じた時や、ジリジリと蒸し暑い夏の日に風鈴の音を涼やかに感じた時、潰れるほど飲んだ日の翌朝、喉を通っていく味噌汁の熱を感じた時。
そんな時に自分が日本人であることを強く感じる。
特にしじみの味噌汁が酒浸しの胃に染み渡った瞬間なんかは日本人で良かったと心の底から断言できる。


そして今回のWBC。
個別に好きな選手などはいなくても応援するのは自分達の代表だから。
世界一になった、優勝したとの報を聞いて誇らしい気持ちになったのは自分も同じ日本人だから。



海外に出るとこれはもう毎日のように自分が日本人であるということを再認識させられる機会があるわけだけど、例えば発展途上の国で川に立派な橋が架かっていて、その橋脚にこの橋は日本が造ってくれたものだと記されているのを見つけた時とか、例えば以前日本が植民地としていた国で、地元の老人から日本の教育は素晴らしかったと褒められた時とか、自分が直接出会ったケースでは自身が日本人であることを再認識すると同時に、“日本人で良かった”と誇らしく感じられることが多かった。


この日本は世界でも指折りの恵まれた国。

豊かな自然があり、長い歴史があり、メイド喫茶がある。
国家に反抗的なことを言う自由に職業選択の自由に引き篭もる自由。

不況だなんだと言っても、やっぱり抜群に恵まれていると思う。

でもそれは決してたまたまではなく、自分達の先人が地道に勤勉に努力してきた結果なわけで。
だからこそ今自分がこんな幸せな場所に生きていられるんだと思う。

「今この時代、日本人として生まれた瞬間に、それはもう宝くじの一等に当たったようなもんなんだよ」

なんてたまに言うんだけれど、自分はそれを強く実感している。
だからこそ日本人として誇りは忘れず生きていきたい。
きっとこの先、波乱万丈ではあるだろうけど。

スポンサーサイト
[その他] 雑記 | CM(0) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★COMMENT

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。