ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2009.05.07
大阪見どころガイド1
大阪の見どころといってまず思い浮かぶのはどこだろう?
道頓堀?大阪城?USJ?
人によって様々だと思うし、できれば全部案内したいんだけれど、時間の関係でなかなかそうもいかないことが多い。

先日、初めて大阪に来るという知人を案内してきた。
どういうところが見たいかと要望を聞くと、最近のお洒落スポット系はいらないので「なるべく大阪らしいところを」という答えが返ってきた。

「初めて」というのは非常に案内のしがいがある。



当日、新幹線で新大阪に到着した知人にはまず大阪までそのままJRで移動し、阪神百貨店に寄ってもらうよう伝えた。
大阪のデパ地下と言えばやっぱり阪神百貨店。立ち食いの寿司もあったりして、隣接する阪急や大丸などに比べ庶民的な色合いが濃い。ここのフードコートに名物のいか焼きがある。
お好み焼やたこ焼きとは一味違うもちもちとした食感の合間に小さくカットされたいかが顔を出す。
全国一般にいか焼きというと焼きイカ、いわゆるイカの姿焼きを連想する人が多そうだが、ここで言ういか焼きはれっきとした粉物だ。小さく丸く焼いたものにソースを塗って二つに折り、片手で持って口に運ぶ。
正直そんなにウマいかと言われるとそれほどでもなかったりするが、雰囲気を味わってもらうためにあえておすすめ.....したんだけれど、途中で来たメールによると、何を勘違いしたのか地下鉄に乗ってすでに心斎橋の駅に着いてしまったという。

過ぎてしまったものは仕方が無い。そこからは大阪で最も賑やかな商店街である心斎橋筋商店街を南向きに歩いてもらう。そういえば昔この辺りで何度か見かけたセーラー服を威風堂々と着こなした華奢なおじさん、最近見ないなーなんて思って検索してみたら、なんと名古屋の有名人だったことが判明した。なんだ、ずっと大阪の名物だと思ってたよ。

阪神ファンという隠れ蓑をまとい、その実目立ちたいだけの若者たちが狂ったように飛び込むことで有名な道頓堀川。しばらく歩くとそこに架かる戎橋が見えてくる。現在は飛び込み防止のためにその姿を大きく変えられてしまったが、それでもきっと飛ぶ奴がいなくなることはないだろう。
巨大なグリコの看板や動く蟹の看板、そして昨年店が廃業してしまったため今は不在のくいだおれ人形などなど、道頓堀は他府県の人がイメージする最も大阪的な絵づらだ。
そこを越えてさらにまっすぐ進むと難波高島屋はもうすぐそこ。近くにある焼きたてチーズケーキで有名なりくろーおじさん前で合流した。
昔は絶大な人気を誇ったこのりくろーおじさんも最近はそれほどでもないのか若者の姿は見られない。

合流したところでまずは吉本のNGK(なんばグランド花月)から千日前周辺などを少し見て歩く。
この辺りには新しい店と古くからの店が入り混じったりして雑多な雰囲気。
時刻はちょうど昼過ぎ、腹の減ってくる時間帯だ。
わなかでたこ焼きを買っても良かったんだけど、ちゃんとした昼ごはんということでうどんを食べることにした。

関西でも今は讃岐系の店が多く、現に大阪一番と言われる人気店も讃岐系統の店だったりするが、“大阪らしさ”を求めるとなるとやはりちょっと違う。
“コシ”にこだわった讃岐うどんとは一味違う“出汁(ダシ)”にこだわった大阪うどんを食べてもらうべく今回は道頓堀の今井へ向かった。
今井は松葉屋と並ぶ大阪うどんの老舗。定番のきつねうどんを注文する。
「少し甘くて優しい味だねぇ」と、今までスープを全部飲んだことが無かったという知人も残らずキレイに飲んでしまった。とても気に入ってくれたようでこちらも嬉しい。



道頓堀から道具屋筋を通って日本橋へ。
よく混同されることが多いが東京にあるのは「にほんばし」で、大阪にあるのが「にっぽんばし」。
ここは西の秋葉原に当たる大電気屋街で、現在はパソコンやゲームの店が密集している。
その一角に通称“オタロード”と呼ばれる通りがあるんだけど、ショップの看板に大きく「XX(店名) オタロード店」と書いてあるのを見て知人が大ウケ。心斎橋、難波辺りと比べると、ほんの1駅2駅と歩いて移動できてしまうぐらいの距離なのに、道行く人の種類がまるで違ってくるのが面白い。
今日はなぜかメイド喫茶のビラを配っていた女の子2人組が場違いな感じにヤンキー風味だった。


電気街を通り抜け、恵美須町に入るとそこは“新世界”の入口だ。

古くて泥臭い下町の雰囲気が残る町だったが、そこがいいと1990年代後半頃からスポットが当たり始め、現在はちょっと濃い目の大阪を味わうには絶好の観光地となっている。名物は串カツ。

お約束通り通天閣に登り、といっても上まで行くのはもったいないので無料で登れる2Fまでだが、ジャンジャン横丁を歩く。串カツ、どて焼きの店に寿司屋、立ち飲みの店なども多く、常連らしきオジサンが真昼間からしこたま酒を飲んでいる姿もここでは極当たり前の風景。
ここでも十分だったんだけど、時間があったのでトンネル先のあびこ筋を越えて、さらに奥の天下茶屋、荻ノ茶屋エリアに進入する。
阪堺電車の今池駅を過ぎた辺りから目に見えて雰囲気がディープになり、立ち飲み屋の一串の値段が新世界の半額程度まで下降してくる。ちなみに漫画“じゃりン子チエ”の舞台はこの辺りだ。

若い人の姿はほとんど見当たらず、目に入る人の8~9割が(おそらく)日雇いのオジサンたち。
梅田や心斎橋と比べるとまったく異質で別の国なんではないかとすら思えてしまうが、ここだって紛れもない大阪の一部。



新世界に戻って串カツ屋でちょっと早い夕食を食べる。
どこにしようか迷ったが、初めてということなんでベタに“だるま”へ。かって店主の病気で閉店の危機に瀕した際、学生時代からの常連だった赤井秀和らが経営再建に尽力したのは大阪では有名な話。若いスタッフばかりのためにいまひとつ“ぽさ”は足りないが、引退したオヤジさんの味を再現しているという串カツの衣はサクサクしていて旨い。
赤井の宣伝もあって今では一番の有名店となり姫路や浜松にまで店を出している。

食後は天王寺駅まで歩いて行き、電車移動した先の難波でいくつかお土産購入に付き合ったところで残念ながらタイムアウト。
翌日は一緒に回れないので、好みに合うであろうおすすめのポイントをいくつか伝えておいた。



翌日の晩、中之島や天神橋筋商店街、大阪城などなど楽しんでもらえたようで、帰りの新幹線からお礼のメールが届いた。昨年の日本一周時にお世話になった分がいくらかでも返せたようで一安心。

人がみな様々な顔を持っているように、街も様々な顔を持っている。
次回もし来ることがあれば、その時はぜひまた違った大阪を...

スポンサーサイト
[その他] 雑記 | CM(0) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★COMMENT

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。