ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2008.08.18
まるでドラマの
早朝6時、とはいえすっかり明るい空の下で、自衛隊へと出勤する友人を見送ってすぐにヒッチハイクを開始。
西舞鶴からは社長と女性秘書という普段あまり縁が無いタイプの車に乗せてもらう。土建関係の社長だからか、言葉は少し乱暴だが悪い人ではないらしい。
最初はそんなに遠くまでは行かないっていう話だったけれど、南へ向かう車内でいろいろと話すうちに「もうちょい行くぞ、もうちょい」と何度も社長の声が掛かりどんどん距離が延びて行く。昼食をご馳走になったり元伊勢(現在の場所に納まる前、相応しい場所を求めて移動を続けた伊勢神宮の祭神・天照大神が一時的に鎮座した場所の1つ)と伝承が残る皇大神宮に寄って小さなお守りを買ってくれたりしながら景色はどんどんと流れてゆき、気付けばいつの間にか大阪入り。



これは能勢の道の駅で出会った猪の剥製。能勢は大阪府の一番奥まった地域で、これまで特に用事も無いので来たことは無かった。山だらけだとは聞いていたが、猪や鹿の肉まで売っているのを見かけてちょっとびっくり。大阪にもこんな立派な“山奥”があったなんて何だか嬉しい。

車は国道173号をさらに南下し、171号を経由して170号に入ったところでついに下車。2人に厚くお礼を言い、手を振って見送った。去り際に秘書さんから社長の連絡先をもらったが、なんでも京都ではかなりの大物なんだとか。
その後はしばらく時間がかかったものの、外国産の四駆に乗った出勤途中のドクターが声をかけてくれて一緒に堺市まで。話しているうちに彼が同学年だということが分かり、まったく逆方向のベクトルの2人がこんなところで一瞬交わるのが面白いと互いに笑った。

降ろしてもらったのは大阪南部の堺市、国道沿いのコンビニエンスストア。日も暮れてすっかり闇に包まれた空の下、駐車場には未成年と思しき少年少女が多数たむろしており、さっき車を待っていた大阪北部とはまた違った雰囲気を醸し出している。
ヒッチハイク用のスケッチブックを出して駐車場の端に座ると、すぐに彼らが声をかけてきた。

「お兄さん何してんスか?」

「え?ヒッチハイクで日本一周!?」

「マジっすか!?スッゲ!」

「がんばってや!」

その度にだいたいこんな感じのやり取りが交わされる。ほとんどが皆好意的だ。

たまたまやって来たコンビニで、いきなりヒッチハイク中だという人間を見かけて興味を持つところまでは共通だが、あまり気にならないフリをして通り過ぎ、すれ違いざまにチラリと見る人が多いのが北大阪。もちろんめったに声は掛けてこない。対して見つけるなりすぐに寄ってきてストレートに声を掛けてくるのが南大阪と、同じ大阪でも真逆に違う反応をするのが面白い。

声を掛けてくれた中の一組、「暇でドライブ中やし別にどこでも行きますよ?」という最初は高校出たてぐらいに見えてしまった若い夫婦と妹の車に相乗りし、たどり着いたのは千早赤阪村の道の駅。この村は大阪府に唯一残る最後の村であるとともに、鎌倉時代末期から南北朝時代に活躍した武将・楠木正成の生誕地でもある。

街灯一つ無い道の駅で降ろしてもらうと「こんな真っ暗なところで大丈夫?」と心配されたが、近くに民家もあるようだしまったく無問題。屋根付きのベンチでゆっくりと寝かせてもらった。


そして爽やかな朝。

近くには楠木正成誕生の際、産湯に使ったという井戸が残っている。
能勢が山にグルッと囲まれているイメージなのに対し、千早赤阪村は山の上から辺りを見下ろすようなイメージ。


泊まった道の駅の隣に住んでいたおばちゃんに朝の挨拶をしたら差し入れをいただいた。トマトとキュウリは自家栽培。

地産地消の朝食を済ませて道の駅周辺を少しウロウロ。同じ敷地内に郷土歴史観などがあったが時間はまだ開館前。待つのも時間がもったいないのでここはさっくり次の目的地へ向かうことにした。次はお隣の太子町、古代日本最大の偉人・聖徳太子の遺骸を祀った廟があるという叡福寺へ。



入口から見た叡福寺の境内。16世紀の戦乱の中で燃えてしまった後、17世紀始めに豊臣秀頼によって再建された。奥の階段を登った先に聖徳太子が祀られている。

平日の午前、訪れる人は数えるほどしかおらず、ゆっくり参拝することができた。

管轄は宮内庁。天皇家の陵墓として指定されている。
聖徳太子こと厩戸皇子とその母、そして妻が眠るとされる太子廟。叡福寺北古墳と呼ばれる円墳を囲むように柵が廻らされている。


続いて県境をまたぎ、たどり着いたのは奈良県の斑鳩町にある法起寺と法隆寺。
乗せてくれたおじさんに、なかなか直接本人には親切を返せないけど...というペイフォワードの話をしたら、とても感激され非常に恐縮。まだまだ貰った分が溜まりっぱなしで全然次に送れてないですが。


法隆寺と共に世界遺産に登録されている法起寺。

世界遺産登録に伴う大人の事情で「ほうきじ」が正式の読み方とされたが、元来は「ほっきじ」と呼ばれていた。706年に完成したと伝わる塔は、三重塔としては国内最大(高さ24m)最古のもの。
夕方になると塔とその背後に沈みゆく太陽を撮ろうと多くのカメラマンが集まる夕日の名所でもある。

こちらは法隆寺。


南大門から見た西院伽藍の様子。

法隆寺は大きく分けると東院と西院とに分かれ、西院伽藍にある金堂と五重塔は世界最古の木造建築物とされている。正史には670年に一度全て焼失したという記録があるものの、その創建については一切触れられていない。

右に見えるのが本尊を安置してある金堂。

高さ約31m、法隆寺の代名詞とも言える五重塔。607年の建立と伝わるが、様々な理由から現在では7世紀後半から8世紀初頭に建てられたと見なされている。

こちらはさすがの知名度というか、平日でもそれなりに人は多い。


法起寺、法隆寺のある斑鳩の地を後にして、奈良で次に訪れたのは県中部に位置する明日香村。
聖徳太子と同時代に隆盛を誇った蘇我馬子の墓と言われる石舞台古墳をはじめ、この地域には有名な古墳などが数多く残っている。

到着したのがもう日暮れ時だったので今夜はここで野宿。駐車場の上にある、売店併設の休憩所で休ませてもらうことにした。屋根もあるし横になれるスペースが広いのでかなり快適。ホテルに倣ってランクを付けるとしたら星2つは堅いところだ。明日、売店が開くまではゆっくりさせてもらえるだろう。


早朝の石舞台古墳。


地上から見ると高さも無く小ぢんまりした印象を受けるが、内部への通路から見上げるとかなり印象が違う。

周辺からは有名な酒船石や2000年に新たに発掘された亀形石造物など、未だ謎が多い石造物が複数見つかっているが、その中でも地味にインパクトがあったのがコレ。


えーと・・・見たまんま。名前もそのまんま。
これもまた千年を超える時の中でひっそりと立ち続けていたのかもしれない。

それらはみな石舞台古墳から片道4~5kmの範囲に集まっており、レンタサイクルもあったがここは節約して徒歩で回った。
午前中に明日香村を歩き、昼からは南へ移動を開始。乗せてくれることになった2人組の大学生とはここから半日一緒に行動することになる。車は吉野川を越えて県南部へと進み、やってきたのは天川村。川べりを走る道から水遊びをしている人たちが見えた。

川のそばで車を止め、流れのところまで降りてみる。

皆の視線が集まる中、一番高い岩から飛び込んだ彼はちょっとしたヒーローになった。
天の川(てんのかわ)は天然の遊び場がいっぱい。水は冷たいがとても澄んでいる。
水中を覗き込んだり、泳いだり、飛び込んだりと、皆思い思いに楽しんでいる人たちに混じり、自分たちもしばし水と戯れた。

「少しお参りしていきますね」
そう言って連れてこられたのは川の近くの静かな神社。少し昔の映画だが、天河伝説殺人事件で一躍全国区になった天河神社(天河大辨財天社)だ。芸能の神様ということで芸能人の参拝も多いんだとか。
「国内屈指のパワースポットだから気がスゴいんです」
2人組のうち助手席に座っていた方の彼。ここまで来た目的の1つがこの神社だったそうで、かなり気合いが入っている。

境内を少し歩いてみた。正面の鳥居をくぐると左手に手水舎、前に小さな赤い橋が見える。その橋を渡り、上へと続く石段を登ると拝殿内部へとたどり着く。左を向くと賽銭箱があり、さらに奥へと上がる階段がある。その向こう側に拝殿階段の最上段と同じ高さに合わせた本殿が見えた。拝殿の内部から拝む形になっているので日が遮られて薄暗いが、それがまたちょうど良い具合に神秘的な雰囲気を醸し出していた。

車で数分、続いてやってきたのが天の川温泉。彼らが天川村に来たもう1つの目的だ。小さいが綺麗な建物で、お湯は内風呂と露天風呂の計2つ。内風呂の浴槽はヒノキよりも上質とされる高野槇で造られている。
肩まで浸かった湯船の中、高野槇に背を預けて疲れた身体を揉み解す。しっかり温まった後少し外の空気をと露天風呂へ向かうと、急に目の前に湯煙が立ち込めてきた。そんな白くちゃ何も見えなくて危ないじゃ...





と、気付いたら湯船の中。
どうやら立ち眩みで倒れたらしい。2人が心配そうに覗き込んでいる。ここ数日の食事量の少なさも響いたのかキレイに意識を持っていかれた。硬い洗い場の方に倒れていたらオオゴトだったが、幸いにも湯船側に倒れた為かすり傷一つ負わずに済んだ。幸運に感謝。

「とにかくメシ食った方がいいっすよ。行きましょう、メシ」と2人に促され、車は天川村を出て何か食べられる店を探しながら川沿いを西へと進む。そこで見つけた店が季節料理の花子。
なんでもここのオヤジさんが自分で猟をするらしく、タイミングが良ければその日の朝に仕留めた猪やら鹿やらの肉がいただけるらしい。それなりの値段なので今はちょっと食べられないが、店の場所はチェックしておこう。今日頼んだ親子丼も旨かったので他もおそらくイケるはずだ。


車はさらに西へと進み、日が大きく傾いたころ大塔という道の駅にたどり着いた。
眠れそうなベンチも確認し、この道の駅を本日の野営地と決定。大塔は知る人ぞ知る星の観察ポイントで、道の駅から少し上がったところにはいくつもの宿泊用のロッジが、そしてさらにその奥に小さな天文台が設置されている。ここで別れる2人と熱のこもった握手を交わし、お互いの目標達成を誓う。
去っていく車の影が見えなくなるまで手を振った。

敷地内の掲示板をみると今夜は天文台で星の観測会をやるらしい。料金は300円、一日の総予算が500円の今の状況では決して安くは無い金額だが、めったに無い機会なのでここは参加してみることにした。そう決めると少年のように少しワクワクする自分がいた。

輝く満月と宿泊客用のロッジ。天文台は開閉式になっている。

ポケットで携帯が小さく唸り目を覚ました。天体観測の時間だ。
いつもの通り荷物は暗闇にそのまま置いておき、貴重品を入れたビニールの袋だけを持って軽やかに夜の坂道を登っていく。ほどなく小さな天文台に到着、開始予定時間の10分くらい前だったが建物の前にも内部にも人の気配は無い。おかしーな、時間間違えたかな?なんて思っていると一組のカップルがやってきた。彼らもやはり星の観測会に来たようで「オカシイですね、時間合ってますよね?」などと声を掛け合うところから会話が始まった。
山奥のキャンプ地、普通は必ず誰かと複数で来るようなところに単独でいるのは怪しまれないだろうかと、早々に一人旅で日本を一周中であること、今日はここまでヒッチハイクで乗せてもらい下の駐車場脇で野宿していることなどを話したら、「あんな真っ暗なところで!?」と逆にびっくりされてしまった。目立たない場所の方が何かにつけて安全でゆっくりできていいんだけどね。

話しているうちの少しずつ人も集まりだし、やっと天文台の扉が開かれた。
ほとんどの人は事前に予約していたようで、入口で名前を告げて次々と中へ進んで行く。そんな中、一番最初から待っていたこの3人だけが予約をしていなかったので、先に申し込みをしてきて下さいとすぐ近くの管理棟まで行くよう指示を受ける。
3人で管理棟に行って事情を話すと、受付けにいた人は「では先に料金をいただきます、お一人様500円になります」と言ってこちらを見た。
受付けの人と目が合っていたのはほんの数秒だっただろうか、思わず「...え?500円?」と聞き返していた。
なんと300円というのは宿泊客向けの金額で、非宿泊客は一律500円が必要だという。

500円...、普通の人なら300円も500円も正直それほど変わらないと感じるかもしれない。多少高いなと思ったとしても、見る気満々で来ている以上その意思は変わらないだろう。
しかし、今の自分にはその差200円が果てしなく大きいように感じられた。
財布を開いて小銭を弄りながら正直かなり迷った結果、参加はやはり止めておきますということを受付けの男性に告げ、夜道を駐車場に向かって歩き出す。残念だが仕方が無い、こんな時もあるさ。

呼び止める声がするので振り向くと、さっきのカップルが立っていた。
「すいません、貧乏旅行なもんで。俺の分まで楽しんできて下さい」
するとそれを聞いた2人はいたずらっぽく目を見合わせて微かに笑った。
「いやーなんかね、支払いが済んで今気付いたんですけど、間違って3人分申し込んじゃいました。1人分余ってるんで、もし良かったら一緒に行きませんか?」

まるでドラマか何かのワンシーンのように彼が言った。
どう考えても間違うわけなんか無い。こちらが気を使わないようにわざわざそんな嘘をついてくれているのは明らかだった。

完全にやられた。なんかカッコイイじゃないか。
ここは素直に彼らの優しさに甘えさせてもらうことにして、3人で共に天文台へ。
大人の身長よりも大きな望遠鏡に開閉・回転するドーム状の屋根。満月の光に隠されて星は多少見えにくかったが、それでも十分に楽しむことができた。

帰り道、駐車場への坂を下りながら、濃密な今日一日を思い返す。
昼の熱がすっかり抜けた心地よい夜風が、明日もまた良い出会いを運んできてくれるような、そんな気がした。

スポンサーサイト
[旅の記録] '08日本一周編3 本州帰還 | CM(0) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★COMMENT

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。