ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2007.09.15
青森の夜
秋田を抜けた車はついに青森へと入り、本州最後のSAに到着した。
そこで見たものは…
えーと、ここが本州最後のSAですか…?



闇の中、ぼんやりと浮かび上がる津軽SA。
シャッターが閉まり、ただトイレと自販機だけが光を放っている。


ここはPAじゃあない、SAだ。
時間だってまだ21時ぐらいのはず。
ありえない。
人が1人もいないなんて…




今日最大の衝撃を受けた瞬間だった。


乗せてきてくれた彼女たちの表情も複雑だ。

えーと、どうしよう?
ここで次の車を見つけて、フェリーまで…人もいないのに?
じゃあここで野宿か?野宿なのか?

よくよく見ると向こうに1台車が止まっている。
微かな望みを抱いて窓を叩くも、残念ながら定員オーバー。
トラックが来たので聞いてみるが、港方向へは行かず。
そのドライバーいわく、平日なら夜でもトラックは来るが、土日の晩はほとんど誰も利用しないという。

終わった…




はずだった。

目的地を目前にして手段を失った俺に、天の声とも思える言葉が届けられた。
「フェリーまで送りますよ」

乗せてきてくれた子たちだ。
ここまで乗せてもらっただけでもありがたいのに、この先高速を降りてフェリー乗り場までも送ってくれるという。

本当にありがたい、これ以外に言葉もない。
おかげさまで無事3日ぶりに高速を脱出、そのまま3人で青森市内へ向かう。

俺にとってはこの旅で初めて見る大阪以外の街。
また3人とも青森は初めてなので妙にハイテンション。
人気の少ない道を抜け、知る人ぞ知る青森レインボーブリッジの青い光が後ろに流れた頃、やっと少し人のいそうなエリアに到着。

フェリーの時間まではまだしばらくということもあり、せっかくなのでどこかでメシを食べることになった。
メインストリートらしきところで車を止め、良さげな店が無いか辺りを探す。

そしてわかったのは今日は3連休の真ん中土曜日、時間はまだ22時ぐらいだってのに閉まっている店の多いこと。
どこもが大阪や東京のように一晩中やっているわけじゃないんだね。

そんな中で見つけたあるホルモンの店。
「じゃあホルモンにしようか」と店の前まで行ってみると…
看板にはなんと“沖縄”の文字。
せっかく青森まで来ておいて沖縄ってのはさすがにってことで、あえなく却下。

そのままもう少し進んでみると、大きな提灯に“しょっつる”そして“きりたんぽ”と書かれた店が。
おぉ、いいね。なんか東北っぽい。
全会一致でここに決定。
めちゃくちゃ愛嬌のあるおばぁちゃんと話しながら、酒を飲みきりたんぽをつつく。
大満足のひとときだった。


再び車に乗り込み、ほどなくして埠頭へ到着。
フェリー乗船の手続きを済ませ、ここまで乗せてきてくれた2人に感謝しつつ別れを告げる。
そして車はゆっくりと夜の闇の中に消えていった。

深夜の港にフェリーが着く。
二等船室に乗り込みながら、短いけれども濃かったこれまでの数日間に想いを馳せる。

青森港、乗船間際。
夜の闇の中、煌々と照らされながら函館への出港を待つフェリー。

いよいよ本州ともお別れ、目が覚めたら北海道だ。



【今日の移動距離】
栃木→青森 約610km


続きはこちら >>>
'07北海道編2 北海道一周

スポンサーサイト
[旅の記録] '07北海道編1 大阪より | CM(-) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。