ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2007.09.16
温泉のち五稜郭
ここ北海道はとても温泉の豊富な地。
たどり着いたら自分へのご褒美にまずは温泉と決めていた。

函館は湯の川温泉というのが有名らしいが、さっき道を聞いた母娘連れの人によると市電で5~10分くらいのところにずっと安い市営の温泉があるらしい。
函館の市電とバス。本当にいろんな種類が走っている。

街中を行き来する市電はカラフルで、同じものが無いんじゃないかというくらい様々な外観で面白い。
ここはヒッチハイクを遠慮しておとなしくその市電に乗ってみる。
終点・谷地頭(やちがしら)に着くとそこから徒歩5分程で谷地頭温泉の建物が見えてきた。

老人福祉センターの近くにあるせいか、朝という時間帯のせいか、お客はお年寄りが多い。
施設的には数種類のお湯にサウナや露天もあって悪くない。
地元の人たちに混じってゆっくりと身体を温め、ここまでの疲れを癒した。
上がった後は一階の広い座敷でテレビを見ながら、お茶を飲みつつ休憩タイム。
座布団に横になっているうちに気持ちよくていつの間にか熟睡してしまった。
これだけのんびり使わせてもらってたったの390円は安い。さすが市営。

午後までゆっくりした後、海岸沿いを通って街中の方へ。
時間的に駅に戻ろうかどうしようか迷ったんだけど、せっかくなのでそのまま五稜郭に行くことに決めた。
距離にして約5km、今の時間からだと着く頃には夕方だが行けるときに行っておくべきだろう。
メインストリート(?)をひたすらまっすぐに歩き続ける。
店がほとんど閉まっており、人も数えるほどしか歩いていないので余計に長く感じる。
五稜郭の近くまで来ると徐々に背の高い建物も増え、人も多くなりやっと少し賑やかになってきた。
ここで丸井今井という百貨店を発見。
丸井の系列店かと思ったが、どうやら関係は無いらしい。

温泉より2時間ほどかけてやっと五稜郭に到着。
かなり疲れた。
まずは隣の五稜郭タワーを覗いてみる。

大砲はついテンションが上がる(笑)
明治初期の頃の大砲、懐かしい。

下部はカフェや展示フロアになっていて、この地で活躍した土方歳三の像や当時の大砲、
函館の四季を写した写真展などを見ることができた。

この五稜郭跡、上から見る分には見事な五芒星を描いた城郭だが、中に入ると現在はただの公園。
少し物足りなく思っていたら2010年完成にむけて函館奉行所を復元工事中だという。
予定図を見るとなかなか立派な建物で楽しみだ。

早く完成した姿が見たい。
なかなか立派じゃない?

五稜郭を後にし、腹が減ったので何か食べようかと考えていると、
今朝フェリーターミナルで知り合った滋賀の大学生チャリダーとばったり遭遇。
立ち話もなんなので、彼とその連れが入っているハンバーガーショップに俺も入ることにした。

彼らは大学の夏休みを利用して滋賀から北海道までチャリンコと寝袋で北上してきたという。
自転車部か何かかと思ったがまったくそんなことは無く、今乗っている競輪選手のような自転車も出発直前に買ってきた物らしい。
ここまで約2週間、慣れないチャリ生活で大変そうだけど楽しそうだ。
近くの公園で野宿するという彼らと別れて俺は市電で函館駅へと帰還。
そう、ここが今夜の宿だ。

函館に来て何に一番驚いたかと言えば、24時間営業の店がほとんど無いということ。
北海道有数の大都市のはずなのに24hのファミレスもマクドも、そして漫喫も無い。
どこかにあるのかも知れないが駅前には見あたらない。
シャワーも日記更新のためのネット環境もあって低価格。
都市部では漫喫で寝泊まりしようと思っていた俺にとってこれはかなりのダメージだった。

それを救ってくれたのがこの函館駅。
JR唯一の24時間営業駅らしく、俺に屋根のある寝場所を提供してくれた。
ここなら明日の予報通りに雨が降っても寝ている間に濡れる心配もない。
ありがとうJR北海道。


人生初上陸。
記念すべき北海道第一夜はベンチで。

スポンサーサイト
[旅の記録] '07北海道編2 北海道一周 | CM(-) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。