ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2007.09.18
江差のちょっと長い夜
江差、ここは明治初期に当時国内最高の洋式軍艦といわれた開陽丸が沈んだ場所。
沈没場所の近くには、新撰組の土方歳三が拳を叩きつけて悔しがったという嘆きの松が今も残る。
そしてまた民謡“江差追分け(えさしおいわけ)”で有名な町でもある。

復元された原寸大の開陽丸があるということで,町に着くとまずはそれを見に行った。
強そうだ。あの時沈んでいなければ、果たして…

当時の蝦夷脱走軍の最高戦力。ちなみに復元されたこれはコンクリート製。

平日の夕方前なので人は少ない。
時間的にそろそろ次の車が難しくなるころだ。
資料を見ていると声をかけられ、仲良くなった人がいたんだけど残念ながら逆方向。
半分野宿を覚悟して、館の案内係の人に近くの公園とご飯屋の場所を聞いておく。
小さな町なので静かに寝れそうだ。

国道沿いでヒッチしてみるが反応悪し。
そんな中ふと目に入ったのがコンビニの隣の不思議な部屋。
扉が開けられているので中を覗くと、イスやテーブル、さらにはソファやマッサージ機まである。
入口に書いてある文を読むと、どうやら隣のコンビニで食品やドリンクを買った人がここでゆっくりくつろぐためのスペースらしい。

誰もいないのでくつろがせてもらうことにした。
ここが使えれば今日は“下が硬くないところ”で寝ることができる。
喜んだのもつかの間、よく見ると午後8時で閉まってしまうらしい…残念。

しばらくマッサージ機を使ったり日記を書いたりして過ごしていると、そこへ地元のおじさんたちが登場した。
持ち寄った酒とツマミで楽しそうに話している。
しばらくして2人が帰り、残ったのは定年釣り仲間なおじさん2人。
この後ふとしたきっかけでおじさんたちと話が盛り上がり、このまま飲みに行こうという話になった。

町のメインストリート。飲み屋も何軒か集まっている。
が、まだ午後8時だというのにやっている店は数少ない。
おじさんたちは普段あまり店には飲みに行かないようで、特に行きつけの店などは無いようだ。
おじさんは適当に角の大衆酒場的な店をチョイス。
扉を開けるとお客はおらず、店の大将と奥さんがくつろいでいた。
「いけますか?」
と聞くと若干微妙な表情…?
一瞬間があったがそのまま席に着いた。

問題はここから。
注文は忘れるわ、話しかけても答えない(聞いてない)わ、当然愛想もゼロ。
何度も“こいつら…”と思ったが、おじさんたちの立場も考えグッと我慢。
我慢はしたが本当に酷かった。
同じ接客業の人間として、いや普通一般の常識として明らかにあり得ない店。
おじさんが俺に、申し訳なさそうに言った「ごめんな」という言葉が少し寂しかった。


店を出ておじさんと別れた俺は、調べておいた公園に行こうかと思ったがいまいち方向がわからない。
酔いも手伝って面倒くさくなり、バス停のベンチで寝てしまった。





…深夜、近くで数人の女の話し声がする。
俺の荷物とスケッチブックを見て何やら話している様子だ。

「ヒッチハイクってやつ?」
「宮城って書いてあるよ。宮城に行きたいのかな?」
「えー、ここから?宮城は無理じゃない?」
「いや、宮城から来たんじゃない?」

どうやら風かなにかで“宮城”と書いたページが一番前になっていたらしい。
なかなか去る様子が無いんでだんだん目が覚めてきた。

寝袋の中から宮城ではなく大阪から来たことを説明する。
ヒッチで北海道を回っていることを告げると大きなリアクション。
そこからだんだん話が弾み、本日2回目の飲みのお誘いをいただいた。
寝ている途中だったんで少し迷ったが、行き先が決め手になった。

それはなんとボーイズバー。
彼女らはそこに行く途中、ベンチで寝ている俺を見つけたらしい。
夜8時でたいがいの店が閉まってしまうようなこの町に、まさかそんなトコロがあったとは…。
正直びっくり。
これはぜひ行ってみなくちゃね。
さっそく荷物をまとめるとバス停を後にする。

歩くことほんの数分、暗い通りを曲がった先にその店はあった。
おおぉ、ほんとだ。ボーイズバーだよ。
彼女らの後に続いて入る俺に突き刺さる視線が痛い(笑)

そりゃそうだ。
よそモンでバックパッカー(ヒッチハイカー)っていうだけでも珍しいだろうに、バーイズバーにデカいザック担いだまま入ってくるんだから。



結局朝までそこで飲んで、店を出たのは明け方ごろ。
みんなすぐ近くの人の実家に泊まることになり、俺も一緒に寝かせてもらった。
ベンチで野宿していたはずが、畳に布団とシャワーまで。
これがあるから旅は、ヒッチは面白い。



【今日の移動距離】
函館→江差 約155km

スポンサーサイト
[旅の記録] '07北海道編2 北海道一周 | CM(-) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。