ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2007.11.29
ヒッチハイク、やってみない?
ヒッチハイク。
この単語を知ってはいても、実際にやってみたことのある人ってどれぐらいいるだろうか?
おそらく大多数の人はやったことが無いと答えるに違いない。

旅に出るとしたら普通は新幹線・電車などの鉄道、飛行機、船、車、それにバイク、自転車。
この辺りになるはずだ。
それぞれ長所短所あると思うが、なぜそのどれでもなくヒッチハイクを選ぶのか?
それはひとことで言えば“ヒッチハイクが楽しい”からだ。


もちろん辛いことやしんどいこともあるが、それを忘れさせるほどの楽しさがヒッチハイクにはある。


ところで日本にはヒッチハイカーが少ない。
10年程前のTV番組、電波少年で猿岩石が行いブームが到来したものの、現在はとっくに沈静化して見かけることもほとんど無い。

特別な場所を除き、自分以外の他のヒッチハイカーと出会うことは希だ。
国内でヒッチをしていると、乗せてくれた人の半数以上が「生まれて初めてヒッチハイカーを乗せた」という。
テレビ越しじゃなく「実際にヒッチハイクをしている人を見たのも今回が初めて」という人も少なくない。

つまりヒッチハイクをする、そしてヒッチハイクしている人を乗せる、そういった旅の文化がそもそも浸透していない。
だから初めから選択肢に無いわけだ。

じゃあなぜ浸透していないのかというと、それはやっぱり日本人がシャイな(良くいえば奥ゆかしい)民族だからだろう。



しかし実は日本ほどヒッチハイクに向いている国は無い。

例えばヒッチハイクをするための重要な条件として“安全”が挙げられるが、最近物騒になってきたとはいえ、他の多くの国に比べればまだ格段に安全だ。
次に移動コストが高い。
日本の交通機関(特に鉄道)の速さと正確さは世界でもトップクラスの優秀さだが、料金も同じくトップクラスに高い。

この2点だけでも十分だと思うがさらにもう1つ。
それは“言葉の壁が無い”ということ。
自分は基本的にヒッチに語学力は必要ないと思っているけど、まったくわからないというのは困りもの。
この点自分の国の言葉なら地図を見ても地名がまったく読めないなんてこともないし、乗せてもらったけど会話がまったく成り立たないってこともない。


そんなわけで日本という国はとってもヒッチハイクに向いている。

もちろんいくら治安が良かろうが言葉が通じようが、良くないことは起こるかもしれないし実際何があるかはわからない。
結局すべては自己責任だし他人には何一つ保証することはできないんだけれど。


でももし彼方が、それらがわかった上でヒッチハイクに興味を持ったのなら…
試しに一度、やってみない?

ヒッチハイカー

ちなみに言っておくと、自分は別に旅のプロフェッショナルでもなければヒッチハイクの達人でもない。ただ旅が好きなだけだ。
だから特別なことは書けないけれど、その分地道な実体験に基づいた自分なりのやり方・方法論などを書いてみようと思う。




ってことで次回はヒッチハイクの旅のメリットとデメリットについて。

スポンサーサイト
[ヒッチハイク] ヒッチハイク入門 | CM(-) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。