ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2007.09.22
日本三馬鹿
「おーかーえーりー、なーさーぁぁぁーい!!」

どうやらそう聞こえる。かなりの声量だ。
「あれがモモイワじゃない?」ライダーの1人が言った。
モモイワとは桃岩荘。
この島に残る唯一のユースホステルだ。
そう、この桃岩荘の存在を知ったのも利尻島から礼文島に変えた理由の一つ。

聞くところによると歌と踊りで有名な、日本三馬鹿ユースホステルの1つだそうだ。
チープ&ストレンジな宿好きの俺としては放ってはおけない。

応じてこちらも手を振ってみる。
彼らは船が接岸するまでずっと旗を振り叫んでいた。
下船すると皆で彼らのところへ行き、飛び込みでの宿泊希望を伝える。
OK、ベッドは空いているようだ。

他の宿泊者数人も集まりハチマキの人から説明を受ける。
“ブルーサンダーエース号”という音声認識装置付きの特別送迎車への乗り方を始め、小ネタがいっぱい。

ただの幌付きトラックです(笑)

意外だったのは禁酒禁煙だったこと。
昔はどこでも当たり前だったようだが今時こういうユースは珍しい部類らしい。

宿に向かうブルーサンダー号やさっそく島を走るチャリダーたちと別れ、
素泊まりの俺とライダー2人は先に徒歩20分ほどのコンビニに食料を仕入れに行く。


海辺の道を歩いていると隣島の利尻富士がよく見える。

雲の笠をかぶった利尻富士。海の上に山が浮いているように見える。

港に戻ると来ていたのはワンボックスタイプのスリーナイン号。
当然これにも音声認識装置が付いているのでみんなで元気良く「発車オーラーイ!」と叫ばないとエンジンがかからない。

恥ずかしい共同作業の後、エンジンも無事かかりやっとスタート。

島内の説明をしながらゆっくりと進んでいく。
途中にあるトンネルを抜けるときに“知性・教養・羞恥心”を捨てていくんだとか。


しばらく行くと見えてきた。
あれが桃岩荘だ。

日本三馬鹿YH、ついに到着。

車を降り、皆でガラッと宿の扉を開けると…

この扉を開けると…

「おかえりなさーい!!」

という大きな声と共にドンドン、ガラガラ、パフパフ~!と様々な音が鳴る。
入口正面の正座した一団による派手なお出迎えだ。

こちらも大声で「ただいまー!!」と叫ぶ。

どうやら全てこのノリらしい(笑)

建物は140年程前の漁師の番屋を何度も増改築して今に至るとかでなかなかに味がある。
中は板張り吹き抜けの二階立てで、二階周囲をぐるっと囲むように二段ベッドが並ぶ。
俺は自分の寝床となるベッドに荷物を置くと、少し見て回ることにした。

周囲には数多くの歌の歌詞が貼られている。

一階は囲炉裏のある板間を中心に受付や売店、トイレや洗濯機がある。
食堂は奥二階にあり、風呂はさらにその奥だ。

元々番屋だけあって海は目の前。

外に出ると海辺でアウトドアな料理をしているグループがいたり、1人で木を削っている人がいたり。
裏手には上方に連なる小さな鳥居もあった。

一通り見たので中に戻り、さてメシでも食おうかと思ったその時、外で大きな声がした。
見張りからの連絡で他のヘルパーが、そしてホステラー(宿泊者)が集められる。

見張り。多いときは何人もが屋根に上がるという。

そして現れたのは…

スポンサーサイト
[旅の記録] '07北海道編2 北海道一周 | CM(-) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。