ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2007.09.12
出発の日、いきなり野宿!?
もうすぐ陽が沈む…

今、枯れ草の上に寝転びながら久しぶりに空を見上げている。
思いのほか風が涼しく、夏の終わりを実感させられる。
今日は野宿。
初日からするとは思わなかったが…いや、宿に泊まらない以上は当然野宿するつもりだったんだが、なんて言うか屋根もベンチすらも無いほんとの素野宿になるとは思っていなかった。

思っていなかったんだが意外なほど気持ちがいい。
草の上に座り、バックパックにもたれれば、寝袋すら必要なさそうだ。

夜、目の前を走りゆく車とそれをぼんやりと照らすオレンジ色のライト。その幻想的とも言える光景を見ていると、いつになく心が落ち着いてくる。
いい夜だ。






…ここがまだ大阪だということを除いては。

正直日本でのヒッチハイクを舐めていた。
治安はいいし、言葉だって100%通じる。
ヒッチ文化が浸透していない分乗せてもらいにくいのは予想していたが、まさかここまでとは…。

過去の待ち時間記録、4~5時間をあっさり更新。
昼前から始めて、まだ他人様誰にも乗せてもらってないし。

恐るべし、日本人の無関心力。


その後なんとか高速前まで歩いていって夜間ヒッチを試みるも、反応悪く諦めて就寝。
涼しくてちょうどいいと思っていた気温は段々と下がり始め、バックパックにもたれている体も痛くなってきて30分おきぐらいに何度も目覚める。
1枚着て2枚着て、最終的にはしまうのが面倒で温存していたはずの寝袋を引っ張り出すはめになった。
だが横になって柔らかいものに包まれているとやはり格段に眠りやすい。
今度は朝までぐっすり熟睡した。

旅の初日はこんな感じ。

スポンサーサイト
[旅の記録] '07北海道編1 大阪より | CM(-) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。