ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2007.09.23
礼文島トレッキング、北限の岬へ
早朝6時、寝ている人を起こさないようにそっとベッドを出ると、8時間コースのメンバーと一緒にバスで島の北へ向かった。
揺られること一時間弱、船泊というところで他の人と分かれ降ろしてもらう。
ここからは俺と、そして急遽参加することになったベスパ乗りのHさんとで4時間コースを逆走する形で歩いていくことになる。
だって良い景色は、最北限の岬は一番最後に見たいでしょ?
話しながらのんびり歩いていると、初めの舗装道路から砂利道に入り徐々に登りになってきた。
最初のキツい階段を上りきると目の前に海が広がる。

秋の澄海岬。夏はもっとキレイらしい。

澄海岬(すかいみさき)。
ドラマDr.コトーの主題歌だった中島みゆきの銀の龍の背に乗ってのPV撮影があった場所。
南国沖縄の離島が舞台だったのに、主題歌のPVは正反対のこの最北の島ってのがなんだかちょっと面白い。

昆布を取っている地元のおばちゃんたちの横を通りさらに進む。
何度かアップダウンの激しいところもあってひさびさに運動する身体は息切れがしたが
、その分がんばって登ったところからの景色には癒される。

眼下の集落を抜けてさらに進む。

振り返ると利尻富士が見えた。

途中のゴロタ浜ではこの辺りにしか無いという珍しい穴あき貝を拾ってみる。
初めはHさんが拾いたいというんで待ってる間に俺もと思っていたのが、いつの間にか俺の方が夢中になって拾っていた。

拾っている時にさっき分かれた8時間コースの人たちとすれ違ったんだけれど、なんだか時間を気にしているようだ。
リーダーに急かされるようにして行ってしまった。

「やっぱ別行動で良かったねぇ」
「自由が一番」
などと言いながらさらに拾い続ける俺たち。

結局一時間以上をそこで費やしたものの残り時間と距離を考えればちょうどいいぐらい。
残りをサクサクと進んで11:30頃にゴール地点のスコトン岬に到着した。

ひさしぶりだったけどトレッキングはやはり楽しい。
またどこか、この良さを忘れないうちに、こんな風に歩いてみたいと思った。


北の海に向かって伸びるスコトン岬。

ここは最北端の宗谷岬に対して、最北限の岬と言われている。

最北限のニホンザルの生息地、とか珊瑚の群生地、とかならわかるんだけど、ただ最北限て言われても…って感じで“最北端”と“最北限”の違いがよくわからなかったが…

どうやら昔測量技術のあまり発達していない頃にこちらを最北だと言っていたものが、技術の進歩によって宗谷岬の方が北であるということが判明。
“最北端”を名乗ることができなくなってしまったため“最北限”というよくわかりそうでわからない地位を名乗っている…という説が一番信憑性がありそうだ。

ここはトイレにも最北限の~などと書いてあったりするが、凄いのは民宿。
日本最北限の民宿として名高い(?)“民宿スコトン岬”。
何が凄いかって見た人すべてが我が目を疑うというその場所。

なんと崖の下にある。
ほんと断崖絶壁の波打ち際って感じ?
よくまぁこんなところに…という場所で、写真を撮ってこなかったのが悔やまれる。


各々記念撮影の後、売店でビールとつくねを買って2人で乾杯。
動いた後のビールは一味違う。

奥に見えるのは海馬島。船をチャーターすれば上陸も可能。


12:05のバスで香深港まで戻り、別行動のチャリダー組の待つ利尻島へ渡るHさんをお見送り。
この見送りがまた凄かった。
甲板に立つ去り人を見上げて別れの歌を歌い続け、船が離れていくと半端な応援団顔負けの大声量で船が水平線に消えるまで「また来いよー!」と叫び続ける。
その声量をもってしても聞こえない距離を過ぎてからも、それでも叫び続ける。
もちろん今の船で着いたホステラーも、そして俺も一緒に。

危険ということで禁止される以前は海にダイブまでやっていたらしい。

それが無くても十二分に目立ち、初めて見るであろう人たちは「何だあれは?」という顔で見物していく。
知っている人にとってはいつもの光景、香深港の名物だ。


その後朝5時出発で8時間コース+αをこれまた逆走破してきたバイカーの2人と合流してフェリーに乗船。
一転見送られる側となった俺たちは、岸に残る人たちが水平線に消え去るまでいつまでも手を振り続けた。

餌があることを知っているのか、カモメはいつまでも付いてきた。

礼文島から稚内へのフェリーより。

過ぎゆく礼文、いつかまた…

強烈で個性的だった桃岩荘。
あのスケジュール通りの団体行動は自分にはちょっと合わない部分もあったが、話のネタとしては格別だった。

花の浮島として名高い礼文島、次は満開の夏に来てみたい。

スポンサーサイト
[旅の記録] '07北海道編2 北海道一周 | CM(-) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。