ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2007.09.24
Uターン
稚内に到着後、昨日は再び漁師の店に。
晩ご飯は海鮮丼。
北海道にいる間に一度は食べたいメニューだったので嬉しかった。

そして今朝はなんと朝食にもイクラが。
ん~さすがだ。
鮭に山芋に納豆、卵とサラダ、茸汁そしてイクラ。朝食も文句無し。

布団を上げてパッキングを済ませ、壁や天井をぐるりと見渡してみた。
どこもたくさんのメッセージで埋まっている。
俺も天井に記念のメッセージを残し、この宿ともついにお別れ。
店のお母さんらと連泊確定(?)メンバーに見送られてノシャップ岬を後にした。

稚内・漁師の店にて。これはかなり人数が多かった初日。

3日ぶりのヒッチハイクは若干ぎこちない。
それでも程なく親切な人が見つかり、車は海岸沿いの道を通って宗谷岬にたどり着いた。

お約束。

最北端の碑。
厳密にいうと北方四島の択捉島が日本最北端なわけだが、現在はロシアに占領されているため(日本人が普通に行ける国土としては)ここが最北端。
もっと細かいことを言えばこの沖合約1kmにある弁天島という小さな無人島が(しつこいようだが普通に行ける範囲での)最北端だが、公的な交通手段は無い。
地元の漁師さんなどと話がつけば行くことは可能らしいので興味ある人はどうぞ。


ところでいつか日本が北方四島を取り戻したらどうするんだろう?
海沿いに建ち並ぶ“最北端”の看板を掲げたいくつもの店を見て、ふとそう思った。

手前から“日本最北端到達証明書発行所”“日本最北端の店”“食堂最北端”など。
(PCの人は写真にカーソルを合わせると看板内容がわかります)


宗谷岬は丘陵になっているので上からの眺めもいい。
旧日本海軍の望楼も今は普通の展望台として使われている。

丘の上は眺めも良くてとても気持ちがいい。

各地までの方位と距離を示す。樺太43km、沖縄・石垣市2849km、アラスカ・アンカレッジ4845kmなど。

とても見晴らしが良いんで一人じゃなく誰かと一緒に来たい気分。
俺のカメラでは厳しかったけど肉眼なら43km先の樺太(サハリン)がうっすらと見える。

宗谷岬の丘の上から港を見下ろす。


さて、時間は14時前。
今日は行けるとこまでオホーツク海沿いを南下予定なんでそろそろリスタート。
しばらく立っていると1台の四駆が止まってくれた。

いろんな人に乗せてもらったけどお坊さんは初めて。
なんと初のお坊さん。これはなかなか珍しい。

思えば大阪からひたすら北上してきたのがここからはついに南下に向かう。
北海道一周のルートから見てもここがターニングポイントだ。
ちょっと感慨深い。




日本海側と違ってオホーツク海側は高い山や崖があまりなく、なだらかなので牧場が多い。
これまであまり見なかった牛も急に増えてきた。
のどかな景色がしばらく続く。

100kmほどを走り16:30ごろ枝幸町着。

ここでお坊さんに礼を言って、さらに進むべく次の車を待つ。
日没まであと約1時間。
せめてあと50km、興部(おこっぺ)までたどり着ければ道の駅に無料の宿泊施設がある。

誰か止まってくれるだろうと考えていたものの1時間はあっさりと過ぎ去り、この時点で8割方は野宿を覚悟。
道東の夜は寒いと聞いていたのに加え、ベンチのように地面との直接接触を遮る物も何一つ見あたらないのはややピンチか。

俺の場合野宿といっても特に道具も準備も無い。
とりあえず空が端まで完全に暗くなるまではと思い立ち続けていたが、場所が町外れだけに薄暗い道に立っているだけでかなり怪しい。
たまにしか通らない車もみんな完璧スルーだ。

これはいよいよ無理かと思ったその時、救世主は舞い降りた。

髭にサングラスのその人は、一見イカツそうなその外見とは裏腹にわざわざ俺を乗せるためUターンしてきてくれていた。
そして自分の家の方が近いのに、もう1つ先の町である俺の宿泊予定地まで連れて行ってくれるという。
さらにその人は「先にウチ寄って一緒にご飯食べていきな」と自宅に招いてくれたばかりか、奥さんの手料理とビールをたらふくご馳走になった俺に「温泉も一緒に行こう」と連れて行ってくれた。
俺を送るついでだから、と奥さんも子供もみんなで車に乗り込み温泉へ。
さっぱり汗まで流させてもらった後、目的地の興部まで送り届けてくれた。

別れ際にはケーキとおにぎりまでもらってしまい、まさに至れり尽くせり。
こんなにしてもらって悪いぐらい良くしてもらった。


旅先での優しさが心に染みた夜。



【今日の移動距離】
稚内(野寒布岬/ノシャップ岬)→興部町 約195km

スポンサーサイト
[旅の記録] '07北海道編2 北海道一周 | CM(-) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。