ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2007.12.02
乗せてもらいやすい人乗せてもらいにくい人
前回のメリットとデメリットの話に続き、今回は乗せてもらいやすい人と乗せてもらいにくい人の話。
自分はけっしてスイスイ乗せてもらっている方じゃないけれど、そんな自分なりに旅してきた今までの経験から。
まず性別で言えば当然男性よりも女性が乗せてもらいやすい。
もちろん女性は脅威になりにくいからだ。

乗せる側の人間としては、乗せた相手がおかしな奴で我が身や同乗者に危険が及ぶことが一番困る。
女性の強盗というのは男性に比べてかなり統計的にも少ないし、万一強盗だったとしても男性よりも力が弱い分抵抗することも容易だ。

そしてドライバーの多数を占める男性はやはり女性が好きだから。
「ヒッチハイカーなんてめんどくさい、乗せないよ」って男性でも、女の子がお願いしますと言ってきたらやはりちょっと考えるはず。
もしも可愛い子だったりしたら乗せる確率がグンと上がるのは間違いない。

性別以外でも確率は変わる。
旅先ではなかなか普段のように整えるのは難しいが、できる範囲で身綺麗な方がいい。
男性の場合は特に髭に注意。
手入れしている髭ならいいが、無精髭伸び放題だと一気に清潔感が損なわれてしまう。
誰だって小汚い奴に愛車のシートを汚されたくはないだろう。

まぁ外国なら多少汚れているくらいあまり気にしない人も多いけれど、日本人は車をとてもキレイに扱いたがる人が多いのでヒッチハイクをするつもりなら気をつけた方がいいかも。
そういった意味で雨の日などにずぶ濡れで立っているヒッチハイカーはかなり厳しい。
可哀想過ぎて乗せてもらえることはあるかもしれないけれど。


次に待ち方としてはどういった待ち方の人が乗せてもらいやすいのか?

ヒッチハイクといえば道端で片手を挙げ親指を立てて待っているイメージが根強いが、実際にはそれだけだと少しアピールが弱く感じる。
そしてよく聞くのが「どこに行きたいのかわからない」ってこと。
その点「あいのり」などでお馴染みのスケッチブックを持った待ち方なら、行きたい場所が明確にわかるし、親指だけよりも目に留まりやすい。

書く内容としては当然まず目的地。
スケッチブックの全面を使って出来うる限り大きく、太く書く。
そのためにペンはおもいっきり太い物を用意しておくのがいい。
角で細い線も書けるので太すぎて困ることはない。
地名に「方面」を付けると対象となる人の幅が広がるので確率もUPする気がする。

駐車場など相手がゆっくりだったり車から降りて歩いていたりする場所で待つ場合には、端に旅の目的(例:日本一周中)なども書いておくと興味を持ってもらいやすい。
自分の場合は最後に小さくでいいので「お願いします」と付け加えるようにしている。


実際に海外で両方やってみた経験としてはそれほど差は無かったが、ヒッチハイクが浸透していない日本では親指だけよりもスケッチブックを使った方がわかりやすく好評なようだ。

「行き先はどこでもいい、人に乗せられるままに」っていう趣旨ならあえて親指だけで流されてみるのも面白い。
どこへたどり着くのかわからないというのもヒッチハイクの旅の楽しみの1つなんだから。




次回はどこで待つべきかというお話

スポンサーサイト
[ヒッチハイク] ヒッチハイク入門 | CM(-) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。