ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2007.12.04
どこで待てばいい?
前回の乗せてもらいやすい人と乗せてもらいにくい人の話に続き、今回はどこで待てばいいのか、という話。

どこでってそりゃ道端じゃないの?と思う人も多いはず。
もちろん道端でも待つけれど、効率からいうとそれほど良いわけじゃあない。
ではどこに立つのが良いのかというと、それはやはり車の止まるところ。

車が止まる、止まってるってことは非常に大切。
走っている車の場合、気付いて→観察して→判断する、ここまできて初めて「止まってやろうか」となるはずだ。
判断までいく前に通り過ぎてしまうことも多い。
その点止まっている車ならば一瞬で考える必要は無い、ゆっくりと判断してもらう時間がある。

車が止まるといえばまず駐車場になるが、どこの駐車場かによってもこれがまた全然違ってくる。
スーパーなどは近所の人の割合が多く、出てきた人は家に帰る確率が高いので、距離を移動したいヒッチハイカーには向かない。
また滞在時間の長い場所だと、なかなか人が出てこないので効率が悪い。
さっと入ってさっと出てくるコンビニやファストフードなどがおすすめだ。


道でやる場合は交通量の多い道よりも止まるスペースのある道で。

いくら車が多くても、みんなビュンビュン飛ばしているような場所だとこっちに気付いた時にはもう手遅れ。
それに後ろからどんどん車が来ている状態では、たとえ早く気付いて止まろうと思ったとしても難しく、前につられてなんとなくスルーという車も多い。

むしろ交通量が少ない方が一台一台自分の判断で止まるか止まらないか考えてくれるので乗せてもらえる可能性が高くなる。

また、信号機のある場所はいったん止まるので見てもらいやすいが、どうしても後ろの車がつっかえてしまうので交差点からは少し離れた方がいい。


長距離を移動したいのなら本州の場合高速道路。
サービスエリアなどの目立つ場所で行き先を書いたスケッチブックを拡げ待つ。
一般道よりも高い確率でずっと長距離を乗せてもらえる。

自分の場合、大阪から青森までの移動はずっと高速道路を使って実質3日間だった。

逆に北海道は国道で十分。
広い土地だけあって移動距離が長い人も多い。



そしてやはり“待つ”だけでは無理な時がある。

そういう時は自ら積極的に声掛け。
駐車場などで出てくる人を待ち、乗せてくれそうな人に声を掛ける。
夕暮れ前の急いでる時なんかはもう片っ端から声掛け。

最初は恥ずかしいかもしれないが、やっているうちに誰でも慣れる。
いかに怪しくないかをアピールできるかがポイントだ。




次回はヒッチハイクの常識とマナーについて。

スポンサーサイト
[ヒッチハイク] ヒッチハイク入門 | CM(-) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。