ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2007.12.20
こんな時どうする?
前回のヒッチハイクの常識とマナーについての話に続き、今回はヒッチハイクでこんな時どうしよ?ってお話。
しかしこれらはあくまで個人的な見解。自分自身ならこうするかなってことなので、参考にできる部分は参考にしてもらいつつ各自が最良の方法を見つけて下さい。
【車が止まらない】
 ヒッチハイクにおいて最も基本的な悩み。
少し前の方の日記を読んでみて下さい。確か書いていたはず…。


【降ろされた場所が人通りの無い寂しい場所だった】
 野宿できる場合は特に問題無いが、ここではそうでない場合を想定して。
歩ける範囲に人通りのある道など無いか、降りるときにあらかじめ聞いておく。
無い場合はとりあえず待つ。
誰かが通ったら、待っているだけじゃなく手を振ったりしてとりあえず車を止める。
とにかく止めてお願いする。
日暮れまで待っても誰も通らないようなら、日が沈みきる前に建物を探して「隅の方でもいいので…」と内に寝かせてもらえるよう交渉する。

本当に何もない場合はせめて屋根になる場所を探して素野宿するしか無いけれど、旅慣れていない人はそもそも何もないような場所で降ろされないように注意。車が行ってしまってからじゃあ取り返しがつかない。


【乗せてくれるという人が怪しげ】
 これまで乗せてくれるという人を断るほど余裕のあるヒッチハイクはしてこなかったけれど、それは自分が男だから。いざとなったら荷物を捨てて車から飛び降りるくらいの覚悟はしていたし、せいぜいが金銭目当てだ。
女の子の場合はリスクが格段に高いので、少しでも怪しいと思った人の車には乗るべきじゃない。
それでも他に選択肢が無い場合もあるし、一見怪しくなくても危ない人物の場合もある。
そこでお勧めしたいのが他に目撃者を作る方法。
知り合いがいる場合はその人に、乗る車(特にナンバープレート)と相手の人を見てもらっておけば万が一ドライバーが変質者でも迂闊なことはできない。

旅の途中で都合良く知り合いがいない場合はどうしよう?
その時は乗る前、ドライバーの見える範囲で近くの適当な人に話かける。
話す内容は何でもよくて、とにかくドライバーから見て知り合いと話しているように見えればOK。
なるべく親しげに、できれば「あの車に乗せてもらうんですよ」的な感じで車の方を指さすような仕草もいれるとなお良し。

ただ上記の方法は心理的に予防線を張るだけのハッタリだし、周りに誰もいない状況にだって多く存在する。

そんなわけで考えたのがこれ、“携帯電話でメール作戦”。
その時持っている携帯電話の有効範囲外では無効だが、乗るときに必ず携帯のカメラで(さりげなくナンバープレートが入るように)車体と人を撮影。
シートに座る前にそれを素早く知り合いに送信する。
こうしておけばもしドライバーが何か変なことを考えていたとしても、身元がバレることを恐れてなかなか実行には移せない。
「乗せてもらう記念に~」「彼氏が心配性でうるさいんで~」などと理由を付けておけばそんなに嫌な顔はされないはずだ。
電話で話している(フリでもいいから)会話の中に相手やその車の特徴を入れるのでもいいが、文字や写真で記録として残っている方が確実なのでここではメールをお勧めしたい。

リスクは当然乗せる側にもあるわけで、乗せる方としてもこの方法は有効なはず。

ようは相手に「他にもこの事実を知っている人間がいるぞ」と思わせればいいわけで、後はその人の使い方次第。


【乗せてもらったけどドライバーが居眠り運転】
 これは友達に実際にあった話で、彼はほとんど寝ながらハンドルを握り続けようとするドライバーをなんとか説得。
代わりに自分で運転して目的地まで到達した。
かなり特殊なケース。

【お金を要求された】
 たまに聞く話だけどほとんど出くわした事はない。
一度だけ乗る前に言われたが、その時はご遠慮させてもらった。
乗った後に言われるのは反則な気もするが、金額が正当性のある範囲のものだったら支払うかもしれない。
ケースバイケースだが、お金で乗るのをよしとしない場合は潔く降りた方がいい。


【乗せてくれた人が身体目当てだった】
 前述の対策などを取っていればあからさまに襲うことは少ないはず。
それでも言い寄ってくる場合はあくまで毅然とした態度を取り、可能なかぎり早く降りるしかない。

ちなみに自分の場合は同性の人からせまられ・・・・・なんとか受け流したけど、相手のホームだったので危なかった(笑)
性別が同じだからといって、油断大敵。



他、思いついたら随時加筆予定です。

スポンサーサイト
[ヒッチハイク] ヒッチハイク入門 | CM(-) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。