ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2007.11.30
メリットとデメリット
前回の話に続いて今回はヒッチハイクの長所と短所について。

ヒッチハイクのメリットと言ってまず誰もが思い浮かべるのが“お金がかからない”ってことだろう。
もちろんこれは大きな長所。
けれどそれ以上に大きいのはその土地に住んでいる、またはそこに来ているごく普通の人たちと“直接ふれあえる”ということ。
実際自分自身もヒッチハイクをしていなかったら出会うことのなかったであろう人たちと、とてもたくさん知り合うことができた。
毎日旅先でいろんな人たちとふれあうことで、ガイドブックには載っていない様々なことを知ることも出来た。

その出会いの多くは一期一会かもしれないけれど、その積み重ねが今の自分に様々な影響を与えているんだと思う。



たまに「ヒッチハイクって違法なんじゃないの?」という声を聞くけれど、これは全くの勘違い。
アメリカなどヒッチハイクが違法とされている国もあるけれど、日本では現在までのところ何ら法律による規制は無いので大丈夫。

ではヒッチハイクのデメリットは何かというと、その筆頭はやはり“危険”だっていうこと。
見知らぬ人の車に乗るわけだから当然といえば当然。
お金だけで済めばマシだけど、場合によっては身体や命だって奪われる危険性がある。
女性は特にリスクが高いのを自認していると思うけれど、男性だって油断は禁物。
“いろんな人”に出会うわけだから、男性にだって“そういう事態”は起こり得る。

間違えちゃいけないのは実際に深刻な被害に遭った人ほどほとんど語らないってこと。

そして大丈夫だった人だけが「全然平気だった」「危険な目になんて遭わなかったよ」と語る。
それを鵜呑みにしてみんな大丈夫なんだと思ってしまうのは大きな勘違い。
彼ら、彼女らはただ運が良かっただけだ。

そしてもちろん乗せる側にだってリスクがある。
そのリスクを考えた上で乗せてあげようかと言ってくれているわけだから、ヒッチハイカーとしては常に感謝の気持ちを忘れないようにしたい。


その他のデメリットとしては“先が読めない”ってことだろう。
乗せてもらえる人を待つっていうことは、いつ乗れるのかいつ着くのかそれらがまったくわからないってこと。
だから泊まりたい宿なんかがあってもかなり予約を入れづらいし、時間の無い人には当然おすすめできない。

目的地までたどり着けないなんてこともザラなので、いざとなったら野宿できるぐらいの気構えは欲しい。

止まってくれた人次第では行き先だって変わることがある。
日暮れ前のもう贅沢を言っていられない時間帯などは、思っていた行き先と違っても乗ってしまううのもよくあること。
むしろその場当たり的なプラン変更が余計に旅を面白くしたりもする。

とまぁいろいろメリットとデメリットを並べてきたんだけれど…
実際にヒッチハイクをやるかやらないか、それはすべてあなた次第。




次回はヒッチハイクで乗せてもらいやすい人と乗せてもらいにくい人の話

スポンサーサイト
[ヒッチハイク] ヒッチハイク入門 | CM(-) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。