ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2007.09.26
列車の宿、今度はSL
天気も回復しいよいよ出発。

興部から乗せてくれたおとうさん。
昨日の遅れを取り戻そうと朝7時には出発するつもりだったが、道東の朝の寒さに負けて約2時間遅れのスタート。それでも俺が一番早い。

だがそれもつかの間、
さっき別れたライダー・チャリダーが順に追いつき、手を振りながら先に行く。
ヒッチハイクだと車を待っている間に抜かれるというのはよくあることだ。
抜かれたとはいうものの午前のペースは悪くない。
湧別経由で網走方面へと向かう。

もらい物シリーズ。餅は白あん、粒あんなど数種類入っていたけど、一番のお気に入りは味噌あん~

あるおかあさんは仕事中だったのに家にあった餅やドリンクなどいろいろ持ってきてくれた。
本当に有り難い。

雄武でもらったおにぎりもそろそろ食べなくちゃ。

北見市へ行くというので紋別の辺りから途中まで乗せてもらった若い子連れカップル。

知らない人が乗ってきて最初はちょっと怖がってた(笑) ベイビー可愛い。

昼頃に着いたサロマ湖近くの計呂地(けろち)という所でまたしても列車の宿を発見。
こちらはSL機関車、もちろん原寸模型なんかじゃなく本物だ。

C58というらしい。

こういうところに泊まれるっていうのは鉄道ファンならきっとたまらないんだろう。
興部は無料だったがこちらは一泊300円(コインシャワー有り)。
旧国有鉄道時代の計呂地駅をそのまま使っており、500円で駅長室にも泊まることができる。

2両あるうちの1つが宿泊用になっている。

北海道の鉄道路線は廃止になったところが多い。
ニュージーランドもそうだったけど、面積の割に人の少ない土地では鉄道は廃れるのか…?


中はこんな感じ。
宿泊用の車両の方は座席を取り外してフラットになっている。

客車内部。このサイズでもよく見ると天井が剥がれていたりするのがわかる。

まだ時間は早い。
裏にサンゴ草の群生地があるというので覗いてみることにした。

スポンサーサイト
[旅の記録] '07北海道編2 北海道一周 | CM(-) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。