ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2007.09.26
網走へ
駅の裏に今がシーズンの珊瑚草の群生地があるらしい。
サンゴ草は別名アッケシ草(厚岸草)とも呼ばれ、塩分のある湿地帯に生える丈15~20cmぐらいの葉のない植物。網走近くの能取湖やサロマ湖が群生地として有名だ。
ミネラルや食物繊維が豊富に含まれているので健康食品としても利用されている。
せっかくなんで覗いてみようと湿地の上にのびる木道を歩いていく。

振り返ると小さく列車が見える。

少し行くと湖の畔に出た。
周りはすべてサンゴ草だ。

計呂地のサンゴ草群生地。

若干シーズンがズレているのか残念ながら色味はそれほどはっきりしないが、良い時期にくれば秋の紅葉のように真っ赤に染まるんだとか。

湧別と網走を結んでいた旧国鉄の湧網線。

駅舎より。南の佐呂間に向かって線路が延びる。
かっては賑わっていたんだろうか…。



結構ゆっくり見て撮って。
そろそろヒッチハイクを再開する頃合いだ。

時間は現在午後1時とまだ早い。
ここ計呂地から網走までの距離は約80kmでそれほど遠くないし、これならもう1つ先の斜里町までいけるかも。







…なんて思っていたんだけど甘かった。
ただトラックだけが通り過ぎていく。

1時間経ち2時間経ち、時は過ぎていくが誰も止まる人はない。
これはひょっとして今日はここまでかとも思うが目の前が(列車の)宿なだけに慌てることはない。
そう、日本男児はうろたえない。

それでもジョジョに陽が暮れはじめ、ちょっと切なくなってきた頃ついに一台のロードローラー、じゃないトラックが止まってくれた。

聞けばドライバー無線で昼頃から俺のことが話題になっていたという。
何度戻ってもいる俺を、おじさんは仕事が終わる頃までいたら乗せてやろうと決めていたらしい。
その優しさに感謝。お礼を言って乗り込んだ。


途中の現場で土砂を降ろし、サロマ湖を左手に見ながらまっすぐ網走へ。
いつものように旅の目的やこれまでの話をしながらトラックは進んでゆく。



太陽が山の向こうに沈みかける頃、向こうの方に街が見えてきた。
あれが「網走番外地」で有名な網走か。

網走。いつの間にかもう夜だ。

「少し待っててな」街の入口で俺を降ろしたおじさんは、そういうとトラックが並ぶ会社の駐車場へと入って行く。

親切なトラックのおじさん。無線の会長もやっている。

10分後、自分の車で出てきたおじさんは、わざわざ俺を宿の真ん前まで送ってくれた。

今夜泊まるのはランプの宿。古そうな民宿だ。
入口に誰もいないので、設置されているボタンを押すと可愛いおばぁちゃんが出てきた。
「すぐ来ると思うよ」というおばぁちゃんと話していると、少し遅れて宿の主人がやってくる。

「ライダーハウスの人は別館ね、3軒隣りだから」
料金を払い、言われたとおりそちらへ行くと、他より奥まった場所に木造平屋の建物が見えてきた。

スポンサーサイト
[旅の記録] '07北海道編2 北海道一周 | CM(-) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。