ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2007.09.26
おじさンち
ランプの宿・別館。
本館から3軒隣りの、それは通りから少し奥まったところにあった。

木造平屋の離れのような建物。
端的に言わせてもらうと…かなりボロい(笑)
ガラリと引き戸を開けるが人はいないようだ。

歴史を感じさせる室内風景。

中に入ると先客の寝袋があった。
よかった、このスペースに一人はちょっとさみしい。

壁に貼られているたくさんの紙とダイアル式の小さなテレビがこの宿の歴史を感じさせる。
ちなみにトイレは故障中。

中には10年ぐらい前の紙も混じっている。

布団を敷いて自陣を確保し、荷物から必要な物を出して明日の予定を立てていると、不意に携帯が鳴った。
ディスプレイに表示されているのは知らない番号だが…出てみると年配の男性の声。
「○○さんの携帯ですか?」と俺であることを確認する。
あぁ、そういやさっき宿帳に番号書いたっけ。宿のおじさんかな?

と思ったら、
「誰かわかる?…俺、さっき乗せたおじさんだけど」って。
あれ?
あのトラックのおじさんとは番号交換してなかったはず…??

聞けば宿の主人に教えてもらったらしい。
親切にしてもらった人だし番号を教えるのはいいんだけど…本人の知らないところで教えるって、それどうなの?

それはともかくおじさん、「一緒にどう?」と晩メシを誘ってくれた。
なんと宿までタクシーを回してくれるという。
おぉ、なんかリッチメン。


出ようとすると入口に人影が。新しい旅人が到着したらしい。
暗闇にいる人物に声をかけるとどこかで聞いた声。それは朝興部で別れた19才のチャリダーだった。
彼とはこれで3回目、そしてこの後も会うことになる。
しかしだいぶ早い段階で抜かれていたはずなのにと思い聞いてみると、途中で山葡萄か何かを摘むのに夢中になっていて遅くなったらしい(笑)


タクシーに乗ること10分。
着いたのはおじさんの家らしき一軒家。

ん?
てっきりどっかの店で合流して一緒に食べるのかと思っていたけど…自宅なのか。
いや、別に自宅でもいいんだけれど、実は以前家に招いてくれた人がゲイだったというちょっと苦い思い出が。

俺は別にゲイをどうこう言うつもりはないし、そういう友達だっている。
けど。
それは彼らが普通に接してくれるからであって、身体を狙われてしまったら話は別。
そんなわけにはいかないじゃないすか。


…っていう状況で今はおじさんの家の前。
しかしタクシーまで回してもらって乗ってきたのに今更入らないわけにはいかない。
頭はフル回転でいざという時の対策を考えながら、恐る恐るチャイムを鳴らす。

(家族と一緒に住んでたりしないかな…)淡い期待が頭をよぎる。

「おぅ、鍵開いてるから入っといで」
勧められるままに中に入り、そして期待は失望へと変わった。


座布団に座りテーブルの上の缶ビールを飲むおじさん。
そこに家族のいる気配はない。

(ヤバいな、一人暮らしだ…)

おじさんは俺にも缶ビールを勧め、いくつかつまみを分けてくれた。
こうなったら覚悟を決めるしかない。
いざとなったらこっちも行動するのみだ。


ビールを飲みながらしばらく雑談が続く。
ヒッチハイクの話、北海道の話、おじさんの(普通の)趣味の話。
特に体を寄せてくることも触られることもなく、これは俺の思い過ごしだったかと思い始めたその時、不意におじさんがこう言った。


「風呂、入ってきたら?」


風呂!?風呂に入るってことは服を脱ぐってこと。
そういえばおじさん、最初の電話で俺がまだ風呂に入っていないことを確認していた。
…ヤバい、やっぱりかぁぁぁ。

「あ、いやその~」なんとか適当な理由をつけてかろうじて受け流す。
こうなった以上、できるだけ早く離脱しなけりゃ我が身が危ない。

どうやって早く切り上げて帰ろうかと一生懸命考えるがなかなか良い案が浮かばない。
その間にも迫るおじさんからの再度の風呂コールをかわし、目の前のビールを流し込みながらさらに考える。



それは完全に予想外だった。

ガチャガチャっと扉を開ける音がして誰かが入ってくる。










!?
入ってきたのはおばちゃんパーマのおばちゃんだった。

(一人暮らしじゃなかった?)
おばちゃんは無言で台所に入ると何かを作り始める。

てことは!これで2人きりじゃなくなったってこと。
しかも女性。どうやらピンチは脱したらしい。


…しかしなんだか妙に空気が重たい。
ちょこちょこ酒のアテになりそうな物を出してくれるんだけど、お礼をいっても目も合わないし返事もない。
そもそもおじさんとの会話が無い。

おじさんは気にする風もなくビールを飲み、こっちにも飲め飲めと勧め話を続ける。
俺が知床半島で岬へ行く観光船に乗るつもりだと言ったら、
「知り合いの漁師がいつもその辺で漁やってるから乗ったらいい」と連絡してくれるという。

おおぉ!これはラッキー。
漁船に乗って知床半島の先までなんて、貴重な体験ができるかも。
電話が繋がったようでおじさんは何やら話している。ホントに仲良さそうだ。

が、
話を聞いているとどうやら波が荒いらしい。
ここ数日は相当波が荒く、プロの漁師でもリバース者が複数出てしまう状態のようだ。
以前普通の日のフェリーに乗っただけでヤバフォった俺なら即座に活動休止してしまう…。
というわけで、残念ながら断念。
丁重にお断りした。



その後は普通に孫の写真見せてもらったり(いたんすね)、おばちゃんも若干だけどしゃべってくれるようになったり。
また連絡することを約束し、最後は再びタクシーで宿まで。

疑ってゴメンなさい。
ごちそうさまでした!



【今日の移動距離】
興部町→網走 約135km

スポンサーサイト
[旅の記録] '07北海道編2 北海道一周 | CM(-) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。