ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2007.12.10
常識とマナーって?
前回の話はどこで待つかという話だったけど、今回はヒッチハイクの常識とマナーについて。


ヒッチハイクというのは人の好意に基づいて行われるだけに、当然ある程度の常識が求められるし、乗せてもらった時にするべきこと、するべきでないことがある。
するべきでないことの第一としては“寝てしまう”こと。
「せっかく乗せてあげたのに乗ったとたんに寝てしまった…」これは最悪。
ドライバーまで眠くなってしまう。

せっかく出会ったんだからやっぱりいろいろ話してみたい。

自己紹介からこれまでの旅の話、これからの旅の予定。
ヒッチハイカーを乗せるぐらいだからほとんどの人は興味を持って聞いてくれる。
旅という非日常の中にいるんだから話すことはいくらでもあるはずだ。

特にヒッチハイクの旅なんてのをしていると普通ではないような面白エピソードが必ず生まれる。
自分の場合もこれは鉄板、絶対ウケるというエピソードがいくつかあるので、多少取っつきにくい人の場合でもこういう話から攻めていけば効果的。

仲良くなってくれば相手の人からもその土地の話など、ガイドブックに載っていないような情報も聞くことができるだろう。


他に避けることとしては車内での喫煙。
ドライバーが吸っている場合は一声かければいいと思うが、そうでない場合は控えるようにしたい。
「吸っていいですか?」っていうのも人によっては断り辛いので、乗せてもらっている間ぐらいは我慢しよう。
細かいカスがこぼれるのでスナック菓子を食べるのもやめた方がいい。

そしてもし荷物の積み下ろしなど人手がいる場合は率先して手伝おう。
小さな事でも連帯感が生まれるもんだ。
もちろん素人がヘタに手伝ったりしたら危ない場合など、ハッキリと断られた時はおとなしくしておくのがベター。





なんていろいろ偉そうに書いたけど、自分自身だって時にはルール違反をしてしまう。
いや、ホントすいません。
ニュージーランドをヒッチハイクで回っていた時は上で最悪と書いた“即寝”をやってしまった。

「ヒッチハイクって人に乗せてもらっているだけなんで全然楽じゃないの?」と思う人も多いかもしれないが、乗せてもらうまでが実は結構たいへん。
直射日光の当たる場所で何時間も待つことだって珍しくはない。
そして自分の英語は身振り手振りも含めてなんとか会話する程度なので、長時間の会話には想像以上に体力を使った。

その時乗せてもらったのは同じくニュージーランドを旅行中だった欧州の女の子2人組。
疲れがピークに達していたのか、乗せてもらって5分経つか経たないうちにバックシートで熟睡してしまった。
それでも静かに寝かせてくれ、目的地でちゃんと起こしてくれた彼女たちに感謝。

ヒッチハイクの大部分は優しさで出来ています。



次回はヒッチハイクをしていてこんな時どうする?ってお話

スポンサーサイト
[ヒッチハイク] ヒッチハイク入門 | CM(-) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。