ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2007.12.14
エキスポランド最後の日 part2
エキスポランド最後の日 part1→


歩いてきた道を振り返る。
今はもう動かないジェットコースターの白いレールが静かにそびえ立っていた。

日曜日、そしてやはり最終日ということもあっていつもよりも多い2400人程が来園したようだが、それでも人影は少ない。
ジェットコースターの音もなく静かな園内。

そのまま真っ直ぐ行くと風神雷神Ⅱの乗り場のあった場所へ。

かっては土産物やジュース類などを売っていた1F売店も全て閉まっている。

風神雷神跡。手前の休憩スペースも含め、人っ子一人いない。

木枯らしが舞っていた。
この空間だけ何か取り残されたようだ。

わずかに行き交う人々。

今も白いシートで覆われている事故現場。



あの事故の少し前に出来たばかりの迷路系アトラクションが2つ。
その前を抜けてミュージックエキスプレスの辺りまでくると少し人が増えた。

遠心力で強制的に隣の人とくっついてしまうのがポイント。

屋根の上に見えるのは幽霊の人形。

昔からある古典的なお化け屋敷。



グレートポセイドン。これも初期の頃からあるアトラクションの1つ。
絶叫系を撤去するとなるとこれも無くなってしまうんだろうか?
同じく思い出に残るフライングカーペットはすでに無くなってしまっているだけに、これには残ってほしい。

そんな事を考えている俺の前を一組の外人さんが横切っていく。
そして彼女たちを乗せたポセイドンが動き出した。

今どきにしたら地味かも知れないが、スリルは意外とある。

グレートポセイドンはもう20年以上も稼動している古参のアトラクション。この顔がいい。

この姿をまた見ることのできる日はくるのか。



お次はスウィングファイターと世界一高い飛行塔。
“世界一高い”とあるけれどあくまで“飛行塔”として。そもそも海外にはあまりこのタイプのアトラクションは無い。
ということで実質日本一=世界一らしい。高さは56m。
これができるまでは東京・浅草花やしき遊園地の45mの飛行塔が日本一だった。

左奥が世界一高い飛行塔。中央はスウィングファイター。

スウィングファイターは鎖で繋がれた椅子に乗ってグルグル振り回されるアトラクション。
恐いというよりも気持ちいいが、いつか鎖が切れやしないかちょっと心配。

スペースザラマンダー。開園時からあるとか無いとか。
靴を脱いで乗るタイプのジェットコースター。足下からは地面が見える。

スペースザラマンダーとオロチ。この2つのジェットコースターは動いていた。


これも85年つくば万博からの移築。高さ85m、当時は世界最大を誇ったテクノスター。

今は無きエキスポタワーと共にエキスポランドの象徴的な存在でもあった大観覧車テクノスター。
夕暮れの中をゆっくりと回り続ける。


すでに入口は閉り、あとは帰る人を待つ中央ゲート。
世の中の風潮に倣って回転扉は封鎖されている。

ゲートを出ると報道のカメラがいた。
今日のニュースで使われるんだろう。

間もなく日没をむかえる。

空の色が変わってきた。
長年親しんできた地元には再開を望む声も多い。

悲劇が再び起きることの無いよう、
そしていつかまた来られることを願って。






<追記>

2007年5月5日 風神雷神Ⅱで死亡事故発生、休園に。
同年8月10日 風神雷神Ⅱを廃止し、営業を再開。
同年12月10日 客足が例年の2割以下の状態が続き、再度休園。
2008年10月28日 民事再生手続の開始を申請。
2009年2月9日 支援企業が現れず、再建を断念して閉園を決定。

スポンサーサイト
[その他] 雑記 | CM(1) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★COMMENT

ここに来たのも何かの縁。せっかくなんで一言気軽にどーぞ。

ではでは。
僕はここのお化け屋敷で足首を掴まれたことがあります。
人形も人も居ない壁の隅で掴まれました。

それ以来身の回りでは妙な出来事が起こります。
たぶんエキスポだったと思います。
何せ怖かったので...

ちなみに、入ったとき人形は動いていなかったです。

長々とすいませんでした。
2009.12.23 | posted by 須藤正宗 | URL | EDIT |

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。