ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2008.05.24
室戸越え
朝、深夜からの小雨が降り続く。

ビーチの前の道路でしばらくヒッチを試みるが、通るのはこのビーチが目的地のサーファーと、ヒッチハイクって何だ?そいつ強いのか?強えぇならオラ闘ってみてぇな!って感じのお年寄りばかり。
と、そこへ一人のサーファーが近寄ってくる。
どこかで見た顔だと思ったら昨日の旅人、そういえば彼もサーファーだった。
朝から波乗り中の彼をつかまえ、昨日忘れていたので一枚写真を撮らせてもらう。

自販機のパンでエネルギー充電中。

その後もすぐに乗せてくれる車は無く、焦っても仕方が無いので休憩中のお遍路さんとのんびりトーク。
そしてお遍路さんも歩き去り、またしばらく苦戦しているところにやっと一台の軽自動車が止まってくれた。

運転手はめずらしく若い女性だ。
通勤中でしかも時間ギリギリらしく飛ばす飛ばす。
正直ちょっと恐い。

なんとか無事に到着し、よし室戸岬を見て回ろうと思ったら…
ついに雨が大粒に。

これはヤバい。


急いで避難したのは近くのトイレ。
パッと見、他に雨を凌げるような場所が無かった。

雨足の弱まるタイミングを見計らって展望台に登ったり周辺を歩いたりしつつも、結局4時間以上岬に足止めをくうことに。

思った以上に人気は少ない。
展望台から見た雨の室戸岬。


雰囲気があったので撮ったものの、何の木か失念。
最近悪徳政治家並みに物忘れが激しいのが悩みの種。

灌頂ヶ原、それほど広くはない。
弘法大師空海が灌頂(かんじょう)を行ったとされる灌頂ヶ浜。
灌頂とは仏教用語で「主に密教で行われる、頭頂に水を灌ぎ、正統な継承者とする為の儀式」」のことなんだとか。


展望台1Fの売店で売っていた鯨カレー。左のは鯨...何だろう?


午後になって親切な人たちのおかげで何とか脱出。
ここから乗せてくれたカップルさんとは話がすごく盛り上がり楽しい道中。
途中で食べたうどんも旨かった。

そんなこんなでやっと高知市まで到着。

この橋はごく最近の1998年製で、古い欄干は播磨屋橋公園の地下に展示されている。
お約束ってことで日本三大がっかり名所の1つ、はりまや橋をパチリ。
がっかり名所の重要な要素の1つに“予想を裏切る小ささ”っていうのがあると思うんだけど、うん、これは間違いなく小さい。

何だか絵になる市電と傘を差す老婦人。

小雨降る高知市内、静かな雰囲気。

この街では俺とこの旅のことを知ってぜひ会いたいと言ってくれていた人と合流する約束になっていた。

繁華街のコンビニなどで道を尋ねつつ、意外に遠かったがなんとかその人が経営している塾にたどり着く。
生徒の子たちにとても凄いことをしてる人的な感じで紹介されたのは恐縮だったけれど、歓迎してもらえたことは素直にありがたい。

授業終了後に市内中心部に出て晩ご飯をご馳走になり、戻って塾の一部屋で就寝。
翌日は授業を急遽自習にして(大丈夫?)、四国カルストの山地まで一緒にドライブすることになった。
高原の風景が楽しみだ。

スポンサーサイト
[旅の記録] '08日本一周編1 再び大阪より | CM(0) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★COMMENT

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。