ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2008.05.26
雲の上、四万十、そして最南端
世の中何事もバランスが肝心。
四国だって海沿いだけじゃなく山も見なくちゃね。
ということで昨日は朝に街を出て四国山地のとある場所へ。

その場所のことはあるライダーズハウスのフライヤーで知ったんだけど、広い高原にゆったりと流れる雲、みたいな写真を見てすぐに行ってみようと決めた。
前日とうって変わってこの日は快晴。

橋を渡って高知市を脱出、須崎市を抜けて山へ入ってゆく。

近くにあるバンガローに泊まってバーベキューなんてのもいい。

天狗高原からの見晴らし。

牛もいたりしてのどかな雰囲気。

日本三大カルストの1つに数えられる四国カルスト。
白い石灰岩が羊の群れに見えることから羊群岩とも呼ばれるカルスト台地特有の風景だ。



そして着いたのがここ、雲の上。

よく見ると看板に「雲の上の市場」の文字が。

といっても高木ブーの雷様がいるあそこではなくて、杖を持った猫の仙人が不思議な豆を育てているところでもない。
高知県西部の梼原町にある高原リゾート地の名称だ。
実際にはいつもより近いものの、雲はまだ上にある。


下界で食料を買ってくるのを忘れたので写真左の市場を物色。
自販機のドリンク類もそうだが、特に高くないのが逆に意外だった。

歩いて1つトンネルをくぐると棚田を発見。
振り返るとトンネルの上に「土佐牛まるかじり大会」を告知する元気の良い横断幕が掲げられていた。



肉に飢えていた俺は「これはもう参加するしかないな」なんて思っていたが、よくよく見ると参加料が必要で、かつ一人前の分量が決まっていて、しかも普通にステーキを外食するぐらい高い。
ということであえなく却下。



2つ前の写真の場所を逆に坂の下から見たところ。
手前の建物は「雲の上のホテル」という名前の小さなホテルだ。
ガラス張りで洒落た造りになっていて、すぐ隣には温泉がある。

例のライダーズハウスもこのすぐ近く。
泊まってみようかとも思っていたんだけれど、どうやら人が少ない時期らしい。
こういった宿に泊まるのは人との交流+情報収集の意味合いも強いので、人が少ないのにわざわざ(しかも完全個室の宿に)泊まる必要は無いと判断。今後の旅のため、節約して売店前のベンチで寝ることにした。

満天の星空に抱かれて眠りにつく。
屋根が無いからこその、これはどんな高級ホテルにもない贅沢だ。





明け方の冷え込みで目が覚める。
やはり高地。辛いという程では無いが足先が若干寒い。
寝袋にはまるで雨でも降ったかのように温度差による無数の水滴が付いていた。

今日はヒッチハイク的に難しいコースになりそうだが、ここから一気に四国最南端の足摺岬を狙う。
手早く荷物をまとめて車を待ち始めたものの、出だしがあまりよろしくない。

日が徐々に高くなり、強くなってくる日差しが肌を刺す。

朝からだいぶ待ってやっと最初の一台が停まってくれた時は心底ホッとした。
「すぐそこに住んでるからちょっとだけどいい?」

「もちろん!それでもすごく助かります」
なんて会話を交わして乗り込んだら、簡単な自己紹介を始めたところで着いちゃうほどホントに近かったり、むしろさっきの場所の方が車が停まるスペースがある分まだマシじゃない?ってとこだったりもしたものの、それでもその移動をきっかけに少しずつヒッチが成功しだす。

途中では地元で店をやっているおじさんに乗せてもらったり、カヤックの回収を手伝ったりもした。




四万十川とそこに架かる沈下橋。

沈下橋とは文字通り増水時には水面下に沈下してしまう橋で、欄干が無いのはそこに物が引っかかって橋が壊れたり、その際に塞き止められた水が一気に流れて洪水になるのを防ぐため。
高知県は全国で最も沈下橋の多い県の1つであり、沈下橋は四万十川を語る上で欠かせない存在となっている。


何台かの車を乗り継いでなんとか四万十市街地に着いたのが午後3時半頃。
地元の特産物などを売っている店で高知の天日塩アイスというのを見つけ、午前中からかいた大量の汗の分の塩分補給をする。
ここから土佐清水市へがまた微妙なポイントだったが、運良くまっすぐ向かう人に乗せてもらうことができた。

ここまで来ればあとは岬への車を探すだけだと思っていたら…
岬への道(約20km)の途中まではすぐに進めたものの、そこからあと最後の一台がどうしても拾えない。

日はどんどんと傾き、ついに山の向こうに消えてしまった。
空に残るのは薄明かり。
あと一歩なのに。このままここでの野宿も覚悟した。
覚悟はしつつも諦めるのはまだ早い。
完全に真っ暗になるまでやってやろうと立ち続けていたら、最後の最後でハートフルな出会いがやってきた。
帰郷中のサラリーマンだというその彼は、自分の実家を通り越してわざわざ足摺岬の先端まで送り届けてくれるという素晴らしい優しさを発揮。

「ここで寝るんですか?」と心配されたが、野宿はもう当たり前。

もう暗い中、すぐそばの展望台まで行ってみる。
室戸岬とはまた違う、迫力ある断崖絶壁に息をのんだ。

明日の日の出が楽しみだ。

スポンサーサイト
[旅の記録] '08日本一周編1 再び大阪より | CM(0) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★COMMENT

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。