ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2008.06.07
九州上陸!
久しぶりの日記になった。

遅筆というのも大きいんだけれど、思った以上に移動に時間を取られたり、充電が足りなかったりなど予定通りに更新できないことが多い。

前回から間隔が空いたのでここらで少しまとめてみよう。
5/26に書いた四国最南端の高知県足摺岬への到達後は、ほぼ外周を時計回りに愛媛県、そして香川県に向かう。
途中の主な立ち寄り先は以下。

愛媛の西予市ではその時乗せてくれていた人のお勧めで、日本一長い木造校舎の廊下で有名な宇和米博物館に。


元は小学校。全長109mの廊下を利用して、ここではちょっと面白いイベントもやっている。


道後温泉のある松山市は愛媛の県庁所在地にして四国最大の人口を持つ街。
ここまではちょっと上品な年配のご夫婦に乗せてもらった。


明治に建てられた道後温泉本館。別名を「坊っちゃん湯」。

今治市まではちょっとイカツいトラックの人に。
旅の途中で知り合ったお遍路さんの家に泊めてもらう。



愛媛と広島を結ぶしまなみ海道では県境までの約35kmをレンタサイクルで往復する。

その後四国最高峰の石鎚山にも立ち寄り、旧別子銅山では乗せてくれた石屋さんのファミリーと一緒に温泉に浸かる。
香川に入って観音寺市では琴弾公園の巨大な砂絵、寛永通宝に遭遇。
とにかくデカくて近くの山に登らないとその全貌を知ることはできない。

造営年代に関しては17世紀説と19世紀説があり、どちらにしても江戸時代からあったんだとか。

南北90m、東西はなんと122mもある。
これだけ巨大なものながら、いつ造られたのか正確な記録は無い。

夜間、地上から見た様子。

不気味に輝く緑の光。

せっかくのライトアップも地上からだとただ怪しい光が点いているようにしか見えない。
小さい子が見たら泣きそうだ。


丸亀(坂出?)では地元の子らやコンビニのおばさんの協力を得て美味しい讃岐うどんの店を捜索し、高松では名園として名高い栗林公園を観る。

フェリーで高松港から出航し、小豆島へ。



2泊した小豆島ではその魅力にハマり、戻って本州岡山ではこれも名園の後楽園をじっくり観賞。
倉敷、尾道を通って入った広島では、原爆ドームや資料館、平和記念公園などを訪れ、友人と再会する。
昨日は宮島に向かい、時間の関係で島には渡れなかったものの、老舗の店であなごめしを頂いた。



そして今日、目覚めた場所は山口県東部の岩国市。
ここからさらに西へ向かって九州への玄関口、下関を目指す。

道路沿いのコンビニ駐車場でヒッチハイクしていると、ラッキーなことに大分まで行くという人に声をかけてもらう。山口は距離があるだけにそれなりの乗り継ぎを想定していたんだけれど、これで一気に行けることになった。

乗せてくれたのはとてもよく喋る人で、本当にとぎれることなく話続ける。
普段はこちらが旅の話をする時間が長いのだが、今回ばかりはほぼ相槌のみ。

そして時間があったため、途中秋芳洞にも寄ってくれることに。

秋芳洞といえば国内最大の鍾乳洞で、山口県に来たなら一度は見ておくべきところ(らしい)。
中に入るまでは、それなりに大きな洞窟なんだろうけど、それほど興味があるかと言われれば…正直微妙な感じ。



だったのだが、

実際入ってみるとこれは凄い。
川があり石柱がそびえ、何より広い。
地底にこれだけの空間があることにビックリした。
想像以上の迫力。


その後も走り続けてついに下関、壇之浦まで到達した。
思っていたよりもかなり対岸が近い。



多くの船が行き来しているこの関門海峡の向こうは本州ではないまた別の陸地。
そう思うとテンションが上がってくる。



しばし休憩して関門橋を一気に越えた。

さぁ、ついに九州だ。



続きはこちら >>>
'08日本一周編2 九州と沖縄

スポンサーサイト
[旅の記録] '08日本一周編1 再び大阪より | CM(0) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★COMMENT

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。