ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2008.06.10
大砲ラーメン/福岡県久留米
博多といえばまず思い浮かぶのが細麺に豚骨スープの博多ラーメン。
日本人の多くがそうであるように、自分もラーメンが好きだったので楽しみにしていた。
が、いくつかの人気店でラーメンを食べたけれど、イマイチどれも旨いとは思わなかった。

その理由が今日分かった気がする。
大砲ラーメンはここ久留米が地元の有名ラーメン店だ。

乗せてもらった地元の人たちと一緒に本店に到着。
そこで彼らのオーダーを聞いていて「バリカタで」という一言に気が付いた。

そういえば聞いたことがある...博多では麺の硬さを指定することができると!
知識としては普通に知っていたけれど、関西ではそんな習慣が無いのですっかり忘れていた。

これだ!と思い自分も「バリカタ」でラーメンをオーダー。

麺をバリカタにしてもらった昔風こってりラーメン。

ちなみに「バリカタ」とは、少し硬めに茹でてもらう「カタ麺」よりも上の表現でかなり硬めの麺の状態を指すが、これよりさらに硬くしたい場合は「ハリガネ」、「粉落とし」、果ては「ナマ」というのがあるらしい。

これまではラーメンの種類を注文するだけで麺の硬さについては何も言っていなかった。
博多のラーメンは細麺のため、どうしても普通の時間茹でると麺が緩くなりすぎてあまり旨く感じなかったんだろう。地元の人もたいていカタ麺以上だ。

今回はここの昔風こってりラーメンというのを注文したが、これがこの旅で九州に来て初めて旨いと思ったラーメン。
博多にも支店があるらしいが一緒に来た人曰く、やはりここ久留米の本店が旨いとか。

さらに一度やってみたかった「替え玉」をついに初オーダー(笑)
これももちろん「バリカタ」で、残しておいたスープに投入して美味しくいただいた。



替え玉の100円も合わせて600円。
味的にも料金的にもどちらも納得、そして満足。
スポンサーサイト
[旅の記録] 旅先で食べたモノ | CM(0) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★COMMENT

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。