ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2008.06.14
九重に阿蘇、山の風景
これまでのあらすじ。

大分別府から湯布院に向かったヒッチハイカーはここで初のバスヒッチを体験。
由布院と湯布院の表記の違いに戸惑うも、持ち前のあまり深く考えすぎない性格で乗り切った。

そこから南西に、景色が良いと評判のやまなみハイウェイで熊本の阿蘇へ向かう。

途中噴煙立ち昇る久住山の近くの長者原(ちょうじゃばる)にて一泊。
車で来て車で眠る人が多い中、ただ一人休憩所のベンチで眠るのだった――
ここは九重連山の重要な登山口の1つでもあるので、朝から山歩きの格好をしたおじさんおばさん達が次々と登山道を登っていく。
噴煙が上がっているところまでそれほど遠くないと聞いて自分も登り始めたが、周囲がしっかりと用意してきた装備なのに比べて明らかに普段着丸出しなのでいい感じに浮いている。
上半身はタンクトップだし下半身は膝までしかないデニム、足元なんかみんな登山靴を履いているのに自分だけビーチサンダルだ。もう100%山をナメているとしか言いようの無いこのスタイルで登っていくので「コイツちょっとおかしいんじゃないの?」的な視線をもれなく独り占めしてしまった。

スタートから30分余り、遠くないとはいってもまだここから一時間は必要だという情報を得たことと、道が段々と本格的になってきたのとで迷うことなく撤退へと方針変更。
これ以上登っていたら今日のヒッチが大幅に出遅れてしまう。

麓に戻って大分名物のだんご汁で腹ごしらえをし、店の前の道路でスケッチブックを広げていつものようにヒッチハイクを始めた。



今日のメインは世界最大級のカルデラを持つという阿蘇山。
火の国熊本のシンボル的存在だ。

実はこの阿蘇山、阿蘇五岳と呼ばれる山々の総称で、単一の山としての阿蘇山というものは無いらしい。
乗せてくれたPTAのお父さんがそう教えてくれた。
そして親切なお父さんの好意でこの辺り一番の絶景ポイント“大観峰”にもわざわざ寄り道してくれることに。

大観峰は阿蘇の外輪山(カルデラの縁にあたる尾根の部分)にある。
パンフの写真で見る限り、すでに寄った城山展望所とそれほどの違いが無いように思えたが、実際行ってみると全く違う。360度ぐるりと見渡せる大観峰の景観は予想以上で、明らかにスケールが別格だった。
こんなところで弁当を拡げたらめちゃくちゃ美味いに違いない。

次に阿蘇五岳の1つ、中岳山頂まで一気に上がる。
ここは火口から常に噴煙が上がっていることで有名だ。



まるで火星か何かのような荒涼とした景色の中、コバルトブルーの液体をたたえた火口からの白い煙が絶えることはない。

ふと周りを見るとコンクリート製の小さな丸屋根がいくつも建っている。
ナメック星人の家っぽい雰囲気だ。
聞けばこれはいざという時の為の避難用シェルターらしい。
観光地化していてもやはり火山、恐るべし。


そんな感じで見て回っていると、不意にアナウンスが流れてきた。

「ガスの濃度が上昇しています。観覧中の方は速やかに退避して下さい」





…!?

何か今ヤバそうなこと言ったよね。
これはちょっとしたパニックになるかも知れないが自分はしっかりと落ち着いていなくては!

なんて思ったのは俺だけだったようで、ゾロゾロと駐車場の方に戻って行く他の観光客の後ろ姿に緊張感などはまるで無かった。



どうやらさっきのアナウンスはいたってここの日常の一部のようだ。


次に車は草千里というビューポイントに到着し、ここでPTAのお父さんとはお別れ。
雨水が溜まってできた池と奥の山との組合せが美しい。



今日は霧が多く神秘的な雰囲気を醸し出している。

毎日17時になると乗馬体験用の馬たちが解き放たれ、彼らは自由に草を食む。
とてものどかなこの様子も阿蘇の風景の1つ。

この景色を眺めながらここで野宿もいいかなと思っていたが、絶妙のタイミングでの新たな出会いがあり、この日は阿蘇の南の名水で知られる白川水源付近のお宅にお邪魔することになった。

あったかいご飯に布団、そして一緒に行った地獄温泉でほっこりと癒された夜。

スポンサーサイト
[旅の記録] '08日本一周編2 九州と沖縄 | CM(3) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★COMMENT

大観峰寄られたんですか。
おいらも去年家族と行きました。
壮大ですよね。
今更ですが日本一の吊り橋はよりました?
多分近くを通ってる様な気が。
まああんな山奥でせっかく拾ったクルマ降りるってかなりのリスクですけどねw
2008.06.19 | posted by まじー@FREE TIBET | URL | EDIT |
大観峰は見渡す限りの大パノラマでホント良かったです。
くじゅうの夢大橋はヒッチの行程的及び時間的な問題で今回は断念しました。
いつかまた来た時にでも!
2008.06.29 | posted by tavicho | URL | EDIT |
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.07.28 | posted by - | URL | EDIT |

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。