ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2008.06.20
宮崎南進、森と吊橋と岬と馬と
今、ぬるい缶ビールを飲みながらこの文を書いている。
夜の海の向こう側に鹿児島の街の光が見える。


今週は阿蘇の南の水どころ、白川水源から動き出す。

土砂降りの雨の中、温泉に向かう途中の大家族とのマーヴェラスな出会いがあり、そこのお父さんと意気投合。2日間お世話になって、天岩戸神社や高千穂峡、国見ヶ丘をはじめとした天孫降臨の地と言われる高千穂の神秘的な魅力をじっくりまったりと噛み締めることができた。

神秘的な雰囲気の漂う高千穂の森。

霧深い山を谷を越えてずっと東へ走ると延岡の街が見えてくる。
そこからは海岸線をひたすら南下。

佐土原ではチキン南蛮発祥の店おぐらで元祖のチキン南蛮をいただいた。

この看板は佐土原店ではなく出北店のもの。
写真ではちょっと見難いが「ちゃんぽんと洋食の店 味のおぐら」と書いてある。
なぜこのツートップでいこうと思ったのかは昭和の調理史における最大の謎だ。


日本一の照葉樹林というのが見たくて内陸部の綾町にもちょっと寄り道。
世界一の吊橋もあると聞いていたが...


長さ250m、高さ142mの照葉大吊橋。
「歩く吊橋世界一」と書かれた碑が誇らしげに立っていた。

歩行者専用に限定しなければ現在の世界最長の“吊橋”は1991mの明石海峡大橋だし、もっと単純に世界一長い橋だとアメリカにポンチャートレイン湖コーズウェイという大きな湖のド真ん中を横切る38.41kmもの橋があるが、あえてジャンルを絞ってでも世界一を冠するのは観光地的には非常に正しい。
やっぱり人を惹きつけるのは“一番”なのだ。


山と山を繋ぐ大吊橋。


ここならとびきりの吊橋効果が期待できそうだ。


ふと足元を見ると.....142m下が丸見え。


さすがに高い。携帯でも何でもここで落としたら一巻の終わり。


下から見た図。橋の上に小さく人影が見える。
肉眼だと手を振るのが確認できた。

と、ここまで紹介してきて今更なんだけど実はこの照葉大吊橋、現在はもう世界一じゃないらしい。
新たにその座を占めたのは2006年に完成したお隣大分県の九重夢大吊橋(長さ390m、高さ173m)。こちらは数字で圧倒している上に九重連山や日本の滝100選の震動の滝も眺められるなど、周囲の景観も一歩リードの感がある。しかもこの照葉大吊橋が2位に転落した今も「世界一」の看板を上げているのに対し、九重夢大吊橋の方は「日本一」とやや控えめなのがニクい。

なんて九重の方ばかり持ち上げてしまったけれど、綾町は出会った人が例外なく親切でとてもハートフルな町だったこともキチンと記しておきたい。なんていうか通りすがりの自分に対してホント皆が優しかった。



山を降りて沿岸部に戻り、再び海岸線に沿って南下していく。


波打ち際付近に見えるライン状のものは鬼の洗濯板と呼ばれる奇岩群。
奥に見える島がおそらく青島。


この日は日南市まで来たところで日が暮れた。



ここは天福球場前。寝起きで見上げた明け方の空が思わず溜息が出るような色をしていたのでつい一枚。
本当は少し赤味も入ってもっと綺麗だったんだけれど、カメラを取り出して構えた時にはもうこの色になっていた。瞬間瞬間で変わっていくからこそ面白い。



そして今日は日南市よりさらに南に、まずは野生馬がいるという都井岬に向けて出発。
青い海と輝く太陽で南国気分を存分に感じられるという日南海岸のフェニックスロードだが、ここ数日は曇り空でちょっぴり寂しげな雰囲気。



途中乗せてくれた地元の人が“芋を洗う猿”で有名な幸島を見せてやると言って島の目の前まで連れて行ってくれた。島までは通常渡し舟で渡るらしい。
3人までは一回3,000円で4人以上は1人当たり1,000円の追加料金が発生する。
正直言って高いが、距離が近く浅いために干潮時には歩いて渡ることも可能。


幸島に猿が住み着いたのは平家の落ち武者が飼っていたのが元だという説がある。

「“百匹目の猿”の話を知ってるかい?」
砂浜で幸島を眺めていたらそう尋ねられた。
その話“百匹目の猿現象”とは、最初ある一匹の猿が食料の芋を海の水で洗い始めたことに端を発する。
次第にそのマネをする猿が増えていき、ある時その数が百匹(ある一定数、仮に百)を超えた。
するとなんと、島のその他の猿たちもが一斉に芋を洗うようになったという。この現象は海を越えて広がり、まったく別の地域の接触も無い猿たちにも同様の行為が見られるようになった。
つまり、“ある行動、考えなどが、集団の中のある一定数を超えると、これが接触のない同類の仲間にも伝播する”という現象が存在するのだ。...というお話。

完全にデマなんだけど。

でもとても丁寧に話してくれていたので、残念ながらあれはまったくのデマ、作り話なんですよとも言えず少し複雑な心境のまま頷きながら話を聞いた。


岬の手前で多少足踏みしてしまったものの、同じく岬を目指していた若い姉妹に拾われる。



野生馬というだけあって途中の山道にも平気で出てくるが絵的にどうも見慣れない。
鹿なら違和感無いんだけれど。

岬ではその子たちと一緒に灯台、そして天然記念物にも指定されているという岬馬を見てまわる。


240mの断崖の上にそびえ立つ白亜の都井岬灯台。


岬馬を激写中の姉妹(姉)。


彼女は旦那と子供を持つお母さん。
飼われていないという点では確かに野生馬だが、人間に慣れているためワイルドな感じは全く無い。



しばらく夢中で撮影しては馬の親子らに癒され、次は九州最南端の佐多岬を目指す。


だが雨が降り始めたこともあってなかなかスムーズには進めない。
なんとか鹿児島県に突入し、志布志まで来た頃には時計は16時を指していた。

ここからまだ相当な距離がある最南端の佐多岬。
残念だが今日中の到着というのは現実的に難しいと判断せざるを得ない。
せめて少しでも大きく回ろうと、大隈半島を横切る国道448号線を通って鹿児島湾に出ようかと思っていたが、「そっちも国道とは思えない山道で途中寝られるような場所も無い。今からじゃ地元のお年寄りすら通らないんだからそりゃ無茶だ」とその時乗せてもらっていた人に引き止められた。

当然野宿は覚悟。
あくまで自分の決めた通りに448号を行くつもりだったが、あまりに何度も止められて正直悩む。





・・・・・結果、
天候と時間帯を考え、今回は忠告を受け入れさせてもらうことにした。

自分の気持ちを曲げることへの抵抗も強かったが、今回の場合はその道にどうしても寄りたいポイントがあるわけでもなく、ただの意地。
直後に降り出した土砂降りの雨にヒヤリとしながら、時には素直になることの必要性を学んだ気がした。


すでに暗くなった道を走って車はそのまま桜島、そしてフェリーターミナルへ。



ここにはベンチがあり、屋根がある。
今の自分にはそれで十分。
あとは晩の食料を買うはずのコインで買ったこの缶ビールがあればいい。
桜島から鹿児島へと向かうフェリーをぼんやりと眺めながら、すでにぬるくなっている缶ビールの残りを喉に流し込んだ。

スポンサーサイト
[旅の記録] '08日本一周編2 九州と沖縄 | CM(3) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★COMMENT

鹿児島いいですよねぇ

桜島のローソンとファミマは看板が茶色なんですよね

ちなみに鹿児島になセブンイレブンは1件もないんですよね(´Д`)
2008.06.21 | posted by SIN | URL | EDIT |
もう佐多岬近くまで行ってるんだね。自分が佐多岬行った日のことを思い出させてもらったよ。知覧ももうすぐかな?
そのときそのとき状況判断をして無理のない旅をしてね!!
2008.06.21 | posted by マサ | URL | EDIT |
>マサさん
鹿児島から屋久島、沖縄に行くので知覧はもう少し先になりそう。
なぜか7月中旬にねぷたをやるらしいので、タイミングが合えば観てきます。

>SINくん
そうそう、なぜか茶色だよね(笑)
上に出してる看板も独特の色だった気が。

そしてセブンがないとは気付かなかった。
確か四国にも全然無いんだっけ…?
2008.06.29 | posted by tavicho | URL | EDIT |

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。