ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2008.06.21
桜島から霧島へ
フェリーターミナルのベンチで爽やかに目覚める。
人が増えだす前に寝袋を畳み、まずはここから徒歩圏内、固まった溶岩流が見られる遊歩道へ。

荷物はいつも通り思いっきり人目に付く場所にどかんと放置プレーしておく。
イルカも住んでいるという錦江湾。

対岸に鹿児島の街が見える。
距離にして約3.5km、フェリーで渡ればわずか15分の距離だ。

ゴツゴツとした溶岩原の中を整備された道が続く。

一通り歩いたらフェリーターミナル前に戻ってヒッチハイク開始。
今日は午前中に桜島を回って、午後は霧島に行って、その後は鹿児島市内に…なんて考えていたが、島人の反応が予想外にシビアでなかなか乗せてもらえない。

これまでの経験から島は比較的乗せてもらいやすいと油断していたのが甘かった。

わずか15分で着くのに船内にはうどん屋がある。
深夜でも一時間に最低一便、24時間運行が便利な桜島フェリー。大人片道150円。


昼に差し掛かる頃まで待ってやっと一台の車が停まってくれた。
島で店をやっているという整体師のお兄さん。なんとラッキーなことに、時間があるので見たいところを回ってくれるという。

「島の人、停まってくれないでしょう?」
そう言う整体師さんは元々関東の出身で、さっき俺を見かけてわざわざ乗せに来てくれたらしい。
地獄に仏とはこのことだ。

その人と一緒に展望所などいくつかのポイントを見てまわる。
一番印象的だったのは火山灰に埋没した神社の鳥居だ。
大正3年の大噴火で2/3以上埋まってしまったという鳥居が今もそのままの姿で見ることがきる。

島内はいたるところに冷え固まった溶岩が剥き出しになっていて、これまで見たどの島とも違う、異質な風景が広がっていた。

間近に桜島御岳を眺める。
山頂部にはいつも白い雲がかかっていた。

グルリと島を一周して外周道路沿いのポイントを見た後は、桜島と鹿児島本土の交接地点近くにある垂水の道の駅で降ろしてもらう。
別れ際の力強い握手が印象的だった。


眺めの良い足湯に浸かったり、中で道を調べてもらったりと、道の駅で多少のんびりしていると、突如振り出した土砂降りの雨。
これに時間を取られたこともあり、本日中の市内到着を諦めて狙いを霧島一本に絞ることにした。

霧島は焼酎で有名であると共に神話と温泉の地でもある。
霧島神宮近くには“寸志”だけで入れる温泉があるらしいと聞きそこを目標に定めた。

途中日本一プレミアムな焼酎として知られる森伊蔵の倉の前を通り、霧島神宮に到着。


これまで見たどの鳥居よりも巨大な大鳥居。その高さは7階建てのビルに相当する22.4mもある。


霧島の名に違わずとても霧深い霧島神宮前の様子。

さて、何はなくともまず温泉とばかりに歩きながら服を脱ぎだしかねない勢いで湯に向かうが、着いてはじめて入湯のタイムリミットが16時だったことを知る。…無念。
そして明朝のリベンジを固く心に誓うのだった。

スポンサーサイト
[旅の記録] '08日本一周編2 九州と沖縄 | CM(0) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★COMMENT

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。