ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2008.06.27
屋久島三昧
屋久島。
いつか絶対来たいと思っていた場所の1つ。

“縄文杉”という圧倒的な知名度にかき消され、それがあること以外どんな島なのかほとんど知らなかったけれど、この島には他にも沢山の素晴らしい魅力があった。

と、ここでそれらを紹介する前に、まずは前回の日記で書いた霧島からここまでの話を少し。
鹿児島県本土、桜島の浮かぶ錦江湾(鹿児島湾)に面した市町村の中で一番奥まった場所にあるのが霧島市。昔霧島って力士がいたんだけれど、全盛期を過ぎてマキシマムにファットな小錦との常にバランスの良い対戦成績が見ていてなんだか安心できた。関係無いけど。

湾岸部から20kmほど山の方に入ったところにある霧島神宮を詣でた後は、湾沿いを逆時計回りに鹿児島市方面に向かい、市内をスルーしてそのまま屋久島行きの最安フェリーが出る谷山港へ。
当初そう遠くないだろうと歩くつもりでいたらなんと、鹿児島市内から約20kmも南にあることが判明し、焦る。
幸いそのとき乗せてくれていた人が“よか人”だったので谷山港まで送ってもらったが、現地に着いてもそれらしいフェリーターミナルが見当たらない。

おかしいな~、大きめの建物だから少しぐらい離れてても簡単に見つかるはずなんだけど...と、しきりに探すがやはり見当たらない。

それもそのはず。





デカいと思って探していた建物が実はこれだったんだから。

トイレももちろん仮設トイレ。
プレハブ平屋のフェリーターミナル(?)

フェリーターミナルっていうよりは切符の販売所兼簡易待合室といったところ。
誰もいないので待っていると、荷を積んでいたおじさんが作業服のまま受け付けをしにきてくれた。

このあまりにラフな非日本ぽさについワクワクしてしまう。
さすが“はいびすかす”、最安値だけのことはある。

積荷を運ぶフォークリフトと最安フェリーはいびすかす。

他のフェリーや高速船がザラに片道5,000円オーバーな中で、往復5,400円という料金は素晴らしい。
それにも関わらず数える程しか乗客がいないところも自分好みだ。



夕方に出港後、夜は種子島に停泊して翌朝やっと屋久島に到着。
高速船なら2時間足らずで着くところだが、こうやってゆっくり時間をかけて向かうことに何とも言えない旅の情緒がある。

屋久島、宮之浦港。
屋久島の玄関口、宮之浦の様子。

初日から島内をグルっと回り、いくつもの滝を見て温泉に入り、夜は海亀の産卵を覗く。
そして翌2日目は雨で一日引き篭もったものの、3日目にはついにこの島へ来た最大の目的=縄文杉に会いに行った。

苔むした姿からその風格が伝わってくる。
写真は推定樹齢2,000年、胸高周囲12.6mの翁杉。
縄文杉には多少サイズが及ばないものの、名の有る巨木の1つだ。

縄文杉へは日帰り往復の予定だったんだけど.....その先の山小屋で一泊して九州最高峰の宮之浦岳を登り、そのまま裏側に降りる“縦走”というコースがあることを知って「おぉ、一粒で二度おいしいな」ぐらいの軽いノリでコース変更。思ってもみなかった登山をすることになった。


スタート地点から縄文杉までは大人の足で通常片道4~5時間ほど。
しばらくはほぼ平坦な道を行くこともあってさほどしんどいようなことは無いが、それでもなかなかの長丁場だ。
途中数回の休憩を挟み、いくつもの巨木を越え、最後に待ち構えた登りで多少疲れが溜まってきた頃、ついに縄文杉が見えてきた。



太くて大きくて、そして思っていたよりも短い。

その重厚で静かな佇まいは生きてきた歴史の重みを感じさせる。


日帰りのコースだとここからまたスタート地点まで折り返さなければいけないので、14時までには必ず引き返すことになっている。そして大多数の人がこの日帰りを選ぶ為、同じような時間帯に大勢が縄文杉へ詰め掛けることになる。その時間帯をズラし、ここでゆっくりとできるのも縦走を選んだからこそだ。
その姿をじっくりと目に焼き付けた後は、この日の宿泊ポイントである山小屋へ向かうため、さらに奥へと続く道を進んでゆく。

およそ2時間後、辿り着いた山小屋には電気もガスも通じてはいない。
簡単な食事を済ませたらすぐに寝袋に入って明日の宮之浦岳登山の為にもできる限り身体を休めておく。

翌朝、特に山登り用の装備を持っていなかった自分は、前日と変わらず半袖Tシャツに化繊のジャージ下、それにペラペラのポンチョという出で立ちで九州最高峰への登山を敢行。
山頂付近の強風や横殴りの雨に激しくやられ、たまにすれ違う人からはその異様なまでの軽装を訝しがられ、“自分以外のすべての人がまともな防水性の上下を着ている”のを見て自身の装備の無さを痛感した。





まさかこんな本格的な山登りだったとは。

予想外に本格的な山登りだった宮之浦岳。

写真の格好が一般的な登山者のもの。
それと前述の自分の姿を比べると、スーツで出向くべき面接会場に海パン一丁で乗り込んでしまった可哀想な人を見るような視線を多数いただいたのも納得。

それでも何とか無事にゴール地点まで到達することができた。
これほどアスレチックな行程だとは毛ほども思わず、色んな意味でかなりしんどかったんだけれど、同時にすごく満足度の高かった縦走コース。

もしこれから行く人がいたら、「たとえ夏でも度を越した軽装は避けて!」とくれぐれも伝えたい。



下の画像は本日行ってきた白谷雲水境。
もののけ姫の一場面のモデルになった風景があるとして有名なところで、苔むした緑の森が美しい。

看板のあるここがお約束の撮影ポイント。

この先にある太鼓岩は、天候さえ良ければ昨日登った宮之浦岳を含め遥か遠くの山や川、森などが見渡せる絶景の場所。
.....なんだけど、残念なことに写真のデータが飛んでしまって掲載できず。

でもあれはやはりあの岩に登って、肉眼で見るからこそ思わず溜息の出る景色なのかもしれない。


そんなこんなで大満足だった初の屋久島。
明日はいったん鹿児島に戻り、いよいよ灼熱の沖縄に。

スポンサーサイト
[旅の記録] '08日本一周編2 九州と沖縄 | CM(2) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★COMMENT

屋久島にいるんだ?

つい最近、屋久島に行きたいなあって思ってたところだよ。遠いし、飛行機代高いから、実現はまだまだ先かなあ。

俺の分まで楽しんできてね!今度会ったとき感想聞かせてね。
2008.06.28 | posted by マサ | URL | EDIT |
そっちからだと屋久島遠いすよね。
俺もずっと来たくって、今回鹿児島来たからには…と。

来れて良かった。
2008.06.29 | posted by tavicho | URL | EDIT |

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。