ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2008.07.03
最南端の星空、
屋久島からの帰還の日、フェリーが14時半に谷山港に着くと、その足ですぐ鹿児島新港へと向かった。
2回目の鹿児島市だったが、今回もやはり市内はスルーだ。

毎日一便出ている沖縄行きフェリーの切符を買う。
買った後にローソンのLoppiで買えば一割引だったことを思い出してちょい凹み。
夕方の出港時間まで日記を書いたりコンビニで立ち読みしたりして時間を潰す。

港で荷を積んでいるフェリーは見上げるような大きさで、屋久島行きの最安フェリー「はいびすかす」と比べると小馬のポニーとラオウの愛馬黒王号ほどの格差がある。
往路時の写真データ消失のため、これはほぼ同サイズの復路の船。
鹿児島と沖縄を結ぶマリックスライン社の大型フェリー。

18時、大勢の人を乗せた巨体がゆっくりと動き出す。
約600km南西の沖縄本島へ向かっておよそ24時間前後の船旅だ。

鹿児島新港を出た船は、奄美大島(名瀬港)、徳之島(亀徳港)、沖永良部島(和泊港)、与論島(与論港)を経由して沖縄本島へ。北の本部港に寄った後、終着の那覇港に到着する。

港に着くたび、二等の大部屋から出てデッキに向かった。
港ごとに違う風景、島民や旅行者など様々な人が乗り降りする様子を眺めるのが好きだった。
少しずつ明るくなっていく海の色が船が南へと進んでいることを証明していた。





沖縄本島が見えてきた。
降り立ったのは夕刻の本部(もとぶ)港。人の乗り降りが少なく静かな雰囲気。
ここで降りたのは那覇まで乗るより千円ほど安くすむから。道さえあればあとはヒッチハイクで進んでいける。

沖縄ヒッチハイク第一号の人から親切にも弁当とお茶をいただき、この日は道の駅許田で就寝。
中が明るすぎるので近くのガジュマルの木の下に移動したら、夜中に雨が降ってきて寝る場所を奪われた。結局4時には完全起床。
そこから併設する情報館が開く9時まで辛抱強く待つこと5時間。
手に入れた地図を頼りに南へと向かう。

まずたどり着いたのは万座毛(まんざもう)。
この名は時の琉球王が「万人が座ることのできる草原だ」と評したことに由来する。今見る限りではさほど広いようには見えないが、そんなことよりもここで見るべきはひたすら海。
眼下に広がる珊瑚礁の海は何層にもなったエメラルドグリーン。その色と照りつける太陽が沖縄に来たことを実感させてくれる。

次の場所へ移動しようと炎天下で車を待っていると、親切なファミリーが声をかけてくれた。
親戚の結婚式も無事終わり今日の夕方には沖縄を発つというこの一家、奥さんも2人の娘さんも小奇麗なのに、なぜかお父さんだけがランニングシャツに首タオルというおにぎり大好きな某有名放浪画家のような格好。
このお父さんと妙に馬が合い、ぜひ一緒に昼メシ食ってけよとThis is 沖縄っぽい定食をご馳走してもらった。

名残惜しくも別れたのが嘉手納基地の近くにある、やけにアメリカンな店が立ち並ぶストリート。
米軍お下がりの衣類やザック、アメコミのフィギュアやユーズドの家具を扱っている店など、パッと見そこだけ日本じゃない。
ここで停まってくれたのがすでに旅人を一人乗せた地元のおじさん。
てっきり親子だと思っていたので事情を聞いてちょっとびっくり。物好きな人もいるもんだと思ったが、このおじさん、Tさんにはしばらくお世話になることになる。

先に乗っていた旅人はすぐに降り、Tさんとマンツーマンで向かったのはまず旧知念村にある斎場御嶽という森の中の岩場。通常の日本語読みなら「さいじょうおんたけ」とでも読むところだが、これで「せいふぁー うたき」と読む。
斎場御嶽は琉球王朝の始祖“アマミキヨ”が造ったとされる琉球でも最高位の聖地。
王の妻であり神職の最高位である聞得大君(きこえおおきみ)就任の儀式が執り行われた場所だという。
と、Tさんが「ハブに注意!」という看板を無視し、拾った木の枝で蜘蛛の巣を払いながらどんどん坂を上っていく。恐る恐る付いていくと、海が見渡せる崖のような場所に出た。Tさんが指差すその先に見えたのは・・・・・アマミキヨが天から降り立った地だと伝えられる神話の島、久高島だった。
時々ガイドもしているというTさんは琉球の歴史や文化にとても詳しく、詳細に説明してくれるので一人でただ何となく見に来るよりもずっと面白い。

次いで沖縄の伝統的な水場である樋川(ひーじゃー)やら先ほどの久高島がよく見える絶景ポイントの1つニライカナイ橋なども回り、山の中腹から町を見下ろせる眺めの良い温泉に浸かって長かった一日の汗を流した。


日本名水百選に選ばれているという垣花樋川(かきのはなひーじゃー)。


翌日、午前中はTさんの家から徒歩で首里城まで歩いて行く。
沖縄の力強い太陽がジリジリと照りつけてくる中、汗を垂らして進む。

沖縄の空、海、広がる街並み。
途中で眼下の街並みが一望できるビューポイントを発見。遠くには海が見える。

沖縄、モノレールのある風景。
よく電車が無いと言われる沖縄だが、モノレールが2003年に開通。那覇空港と首里を結ぶ。

守礼門、正式名称は“上の綾門(ウィーヌアイジョウ)”というらしい。
あの幻の二千円札の図柄にも使用された守礼門。首里城の入口にあたる。

沖縄観光のメインスポットだけあってさすがに観光客が多い。
写真を撮ってくれと頼まれたのがきっかけで仲良くなった台湾の青年と久しぶりの英会話。夏の休暇で来ているというので学生かと思っていたら若い先生だった。


午後は仕事終わりのTさんと合流して玉城村糸数の“アブチラガマ”へ。
ガマとは沖縄の言葉で自然の洞穴を意味し、戦時中には各地のガマが避難壕として使われていた。内部は鋭い凹凸の多い琉球石灰岩、階段も無いので出入りするだけでもかなり危なかったろう。
全長約270mのこのアブチラガマでは、治療できなくなった傷病兵が苦しむまま置き去りにされたり米軍による黄燐弾や火炎放射器の攻撃を受けたりと状況は悲惨さを極めたという。



現在は階段が付けられて簡単に内部に入れるようになってはいるが、少しでも当時の状況を感じてもらうために電灯などは一切無い。入る時に貸してくれるヘルメットに付いた小さなライトだけが頼りだ。
Tさんと俺、たまたま来ていたもう一人の旅行者の3人で真っ暗なガマに足を踏み入れると、そこはひんやりとした空気と無音の世界。
凸凹に足を取られないように慎重に、ゆっくりと一歩ずつ進み奥まで来たところで全員のライトを消してみる。ほんの1分ほどだったが、この漆黒の闇の中に隠れざるをえなかった人達の苦労と苦悩が偲ばれる思いがした。


野積みと呼ばれる製法で積まれたグスクの城壁。

その後、グスクと呼ばれる石城の跡に立ち寄ったところでタイムアウト。
予約している便の時間が迫っていた。
まっすぐ那覇空港へと送ってもらい、石垣島行きの便に滑り込む。

本来なら有村産業のフェリーで向かうはずだったのが、原油高騰のあおりを受けて先月初旬より全便運行停止となってしまった。そのまま同月23日には破産が決定したので今は飛行機だけがここから先を繋いでいる。




沖縄本島石垣島間、夕方の空を飛ぶ。



日本で一番端の島々、八重山諸島の中心が石垣島。八重山のどの離島に行くにもこの島が拠点となる。
初めて来た石垣島は予想していたよりもずっと都会で、24h(ここが大事)営業のマクドナルドやマックスバリューがあった。街中にはキャバクラまであるらしい。


旅の距離感を感じられないのでできれば使いたくなかった飛行機。
その飛行機に乗ってまでこの石垣島に来たのは日本最南端(有人島として)の波照間島と最西端の与那国島に行くため。どちらも週に2,3便しかないので船の都合に合わせることになる。

まず行ったのは南の波照間島(はてるまじま)。
波照間は一番長い部分でも直径5~6km、人口500人程の小さな島だ。

島の玄関口。フェリーと高速船が石垣島とこの島とを繋ぐ。
空よりも空色な波照間の海。

ここは野宿が禁止とのことなんで安いゲストハウスに転がり込んだ。
日中は日差しが強すぎて機械的な足が無いとどこへも行く気が起きないので宿でゴロゴロ。
夕方からやっと最南端の碑を見に2本の足で歩き始める。

ちょこちょこ寄り道しても所詮5km程度、余裕と思ったのが大間違い。
17時過ぎだとは思えない殺人的な直射日光は容赦なく肌に突き刺さり、ひたすら畑の中を続く道は休む日陰さえもない。サンダル擦れした足を引きずって、西日に脹脛を焼かれながら、一時間半以上かけてやっとのことで到着した。
レンタルした車や原付、もしくは自転車で来る人がほとんどの中、汗だくでたどり着いただけに感慨はひとしおだ。


ただ静かにそこにある、日本最南端の碑。

ゴツゴツした岩場に立つ最南端の碑を見ながら温存しておいたさんぴん茶を飲んでやっと一息。
ちょうどタイミング良く宿で仲良くなった子たちがレンタカーで来たので、帰りはちゃっかりそちらに便乗。一緒に宿最寄の砂浜まで乗せてもらい、無事日本の最南端に沈む夕日も見ることができた。

晩は宿オーナーのおじぃの作ったゴーヤー(サービス)使用のチャンプルーや島で獲れた魚の刺身や豆腐など、みんなが持ち寄った食材や酒で愉快な晩餐。屋久島で貰った三岳も大人気を博した。

その後宿泊客のほぼ全員に近い約20名で夜の西浜に星を見に行くことに決定。
周囲には民家も街灯すらも無いため、真っ暗な中を誰かが用意した懐中電灯の灯りだけを頼りにゆっくりと浜へと進む。
そして見上げた日本で一番南の夜空は・・・・・



瞬間、思わず溜息が出てしまう。
冬のニュージーランド南島で見た満天の星空を初めて超え、自分史上最高の星空となった。

スポンサーサイト
[旅の記録] '08日本一周編2 九州と沖縄 | CM(1) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★COMMENT

ええーっ?今、沖縄にいるんだ?

いいないいな。俺の分まで楽しんで!!

俺も石垣や西表行ったことあるよー。
2008.07.07 | posted by マサ | URL | EDIT |

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。