ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2008.07.06
最西端の祭り。
石垣島から行くことのできるもう1つの日本の端、それが最西端の与那国島だ。

石垣島から約130km、対して台湾からは約110km。
よく晴れた日には肉眼でも台湾が見えることがあるらしい。

たまたま訪れた昨日はラッキーなことにちょうど島の祭りの日、船が港に近付くと何やらイベントをやっているのが見えてきた。
島は波照間に比べると少し大きく、人口もおよそ3倍強いるので港周辺も多少だが賑やかだ。



祭りは本格的に盛り上がる晩に行くとして、まずは寝場所の確保が先決。
この島も波照間島と同じく野宿は歓迎されないとのことらしいので、出費は痛いが宿を取ることにした。

そこは古びた民宿で、いわゆる普通のホテルや旅館しか泊まらないような人だと最初は抵抗があるかもしれないが、普段野宿の俺にとっては屋根と畳とシャワーがあるだけで十分な三ツ星級だ。

それにこういった宿のいいところは、共用スペースが多いので自然とみんな仲良くなる。
滞在半年、本土からこの島に来て泡盛造りをやっているという兄さんが宿の車を運転し、この日はみんなで祭りを見に行くことになった。




どうやら与那国島はカジキマグロ漁が盛んらしい。

会場は小ぢんまりしたステージと出店が10店舗ほど出ただけのシンプルなものだが、小さな子供からおじぃおばぁまでいてなかなか活気に溢れている。

国際カジキ釣り大会と銘打たれた祭りだけにカジキマグロの天ぷらや唐揚げ、そして与那国牛のステーキ、さらに島とはまったく関係無いがなぜかたこ焼きやお好み焼きなどもあった。
それらを食い、みんなでビールや泡盛を飲んで、くだらない話で盛り上がる。
ステージで唄って踊る子供のど自慢が可愛らしい。

最後に島出身のバンドによるライブが始まり、〆の曲は島のことを歌った唄だった。
その歌声と三線の音に包まれて会場全体が1つになる。
子供やらおばさんやら観客だった人たちが次々とステージに上がり、みんなとても楽しそうに踊る。

この日に島に来ることができた幸運に感謝。





そして今日の午前中はちょうど休みだという兄さん&その同僚にナビしてもらってちょっとした沢歩き。
滑りやすい足元に注意しながら、蛇行する水の流れの淵をぬって林の中を先へ先へと進んでゆく。

やがて出たのは岩だらけの海岸。
この岩に張り付いている貝が食えるらしいと聞いてさっそく潜ってみるが、これがまったくと言っていいほど見つからない。
結局兄さん&同僚を含めた自分たち3人が1つも見つけられなかった中、途中で合流した島のヤングボーイが1人で30個ほどを取ってよそ者と島育ちの格の違いを見せ付けてくれた。


一度戻ってシャワーを浴び、午後からはまたまた民宿の車を借りて島内のスポットを一巡り。

見渡す限り広がる与那国の碧い海。

あの有名な海底遺跡はこの島のすぐ近く。
せっかくライセンスを持っているんだからぜひ潜りたいと思ってダイビングショップに連絡してみたものの、この時期は潮の流れが早い日が多く、素人には難しいと言う。潜るならお勧めは冬だそうだ。
うーん、残念。



ここは東崎、先端には灯台が見える。
佇んでいるのは放牧されている日本在来種の与那国馬。

他にも立神岩や軍艦岩といった奇岩やDr.コトーの診療所など一通りの場所を回ってくれた。


日暮れが近づいてきたので島の西側にある西崎(いりざき)へ。
西崎と書いて「いりざき」と読むのが面白い。ちなみにさっき馬がいた東崎は・・・そう、「あがりざき」だ。
日が登る(上がる)のが「東の崎=あがりざき」で、日が沈む(入る)のが「西の崎=いりざき」、一度解ってしまえばとっても覚えやすい。


「日本国最西端之地」と書かれた石碑。

ゆっくりとグラデーションしていく空の下、日本最後の日没を見届ける。

昨年行った北海道は稚内の宗谷岬と根室の納沙布岬、先日行った波照間島、そして与那国島のここ西崎で日本の四隅、民間可能行動範囲での東西南北端をすべて行ったことになる。
しょうもないことだけど、やっぱりちょっと満足感。


この日の夕食はみんな一緒に宿の屋外にあるハンドメイドな木製テーブルで。
椅子はビールケースを逆さま利用。
みな思い思いの酒を片手に手作りのツマミをつつき午前中に採った(正確には採ってもらった)貝を網焼きし、ヤシガニと豚の併せ出汁を使った八重山そばに舌鼓を打つ。

最高の夜が更けていく。

スポンサーサイト
[旅の記録] '08日本一周編2 九州と沖縄 | CM(0) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★COMMENT

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。