ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2008.07.11
沖縄本島も一周計画
最南端の波照間島、最西端の与那国島という2つの日本の端へ行き、拠点の石垣島に戻って来た。
石垣島そのものには特にこだわりは無かったが、せっかくなので2日後に予約している沖縄本島行きの便の出発までに島を一周してみることにした。
正直離島ターミナル前での野宿にも飽き飽きしていたのかも知れない。
すでに16時を回っていたが行けるとこまで行ければいい。
空はどんよりとして寂しげな雰囲気。車通りも寂しげで厳しいヒッチハイクになることを覚悟していたが、2組目のヒッチハイクで静岡からスキューバダイビングに来ているという楽しい4人組と意気投合、そのまま一緒に島を周ることになった。
旅の様子など聞かれるままに色んな話をしながら車は国道を北へと向かう。

そういえば石垣島に来て1つ、不思議なことに気が付いた。
ヒッチハイクのため道端に立ち、行き来する車を眺めていて思ったことなんだけど、ある特定のナンバーが異様に多い。
レンタカーの「わ」ナンバーが多いのは当然としても、なぜか「ゆ」がやたらと多い。数えてみたら走っている車の1/2を超える割合で「ゆ」ナンバーだった。なんで・・・ゆ?どうでもいい事のくせになんか微妙に気になるので理由を知っている人がいたら是非メールorコメント下さい。

いくつかのポイントを経て、石垣島最北端の平久保崎に到着。



風がとても強い。
もし押さえている手を離したら帽子はあっという間に飛ばされてしまう。



日没まではまだあと数十分。腹が減りだした一行は沈みかけの太陽を待つことなく迷わず先へと進む。
目指すは彼らの泊まっている川平湾付近にある、ちょっと美味いもんが出そうな小料理屋だ。


しかし、逸る気持ちを抑えてたどり着いた先に待っていたのは、石垣牛でも獲れたての新鮮な魚でもなく、満席という切ない現実。小さな店なのでいつ席が空くかも分からない。
一度食べる気になった胃袋の方は早く何か入れろとしきりに催促してくるので、そのまま島の中心街まで走り空いている店に飛び込んだ。
今日の出会いに乾杯し、もずくを食べつつ泡盛を飲み、泡盛を飲みつつ魚を食べる。

翌日の晩にはフライトの関係でこちらの方に居ないといけなかったが、あえて彼らの拠点川平湾まで一緒に戻りここで野宿。
屋根はあるがベンチが無い展望所みたいなところで寝ていたら、夜中に雨が降り出して地面に敷いた寝袋に向かって水の流れが攻めてきた。いつもなら仕方なく起きて避難するところだけれど、酒が入っていたので荷物だけちょっと高床式にしたのち自分は再び朝まで熟睡。
結果、使っている寝袋が意外と水を弾くことが判明した。


外側に付いた水滴を取るべく干されている寝袋。衣類もついでに。


一日に七色の変化を見せるという川平湾の風景。遊覧船がとても多い。

この日はヒッチにかなり苦労しつつも、島の西部をざっくりと周って何とか中心街に戻ってきた。
空港まで数kmのマクド前、最終後のバス停で寝ていたら夜中に何かを感じて気が付いた。
なんだかとても嫌な気配。

瞬間パッと飛び起きると、高速で動く黒い物体Xが眼前数十センチから全力で逃げていった。
急いで荷物を取りいったんバス停から離れたものの、よくよく見回すとその辺の道端にも結構普通にいたりしている。それも南国製のデカいやつが。

これは厳しい。

仕方が無いので緊急避難。
ちょっと気が引けるが朝マックならぬ朝までマック。四国でお遍路さんにもらった優待券でサラダをオーダーし、座ったまま寝かせてもらうことにする。
翌朝徒歩で空港入りし、午前の便で一週間滞在した八重山諸島を後にした。





那覇空港ではお世話になったTさんと再合流。
重たい荷物だけ車に預かっておいてもらって、そのままひめゆりの塔まで。ここから平和祈念公園へは歩いて向かう。
ひめゆりの塔から平和祈念公園はほんの4~5kmの距離だが、歩いている人は誰も見かけない。以前乗せてくれた人なんか100m先のコンビニに行くのでも車を使うと言っていたが、この暑さならそれも納得。
作成翌日の昼の雪だるまみたいにこれでもかというぐらい汗が滴る。
途中、ひめゆりの塔と対を成す男子学生のための慰霊碑だという健児の塔へ寄ったり、その近くの海岸に降りて貝を拾ったり、いろいろ寄り道しつつもやっと到着。



広島の平和記念公園よりもさらに広いんじゃないかと思わせる、ここ沖縄県糸満市の平和祈念公園。
この公園内に建つ大きく立派な資料館には第二次大戦を軸に様々な資料が多数展示されていた。


沖縄戦での全ての戦没者の名前が刻まれているという石碑群。

閉館時間ギリギリまで2時間見たけど全然時間が足りなかったのでまたいつか。

ヒッチで首里近くまで戻って仕事帰りのTさんと合流。
いかにもローカルな感じのおばさんが一人でやってる食堂に連れていってもらって、沖縄名物「何を頼んでもごはんと汁が付く」を初体験。ご飯がセルフだったので丼に山を造る。
食後はTさんがやっている電話相談のボランティア事務所に一緒にお邪魔し、夜はまたまたTさんの家に泊めてもらった。

翌日は朝から近くの浦添ようどれに。
“ようどれ”とは琉球の言葉で“夕凪”の意。浦添グスク(城)の北側にある王国初期の陵墓だ。


13世紀の英祖王によって築かれ17世紀の尚寧王によって改修。2人の王が眠っているとされる。


浦添ようどれから見下ろす街並みと海。

近くの国道で降ろしてもらい、Tさんともついにお別れ。
固い握手といつの日かの再会の約束を交わし、お世話になったワンボックスカーが車の列に飲み込まれてゆくのを大きく手を振って見送った。



ここから向かうはまず南端の喜屋武岬(きゃんみさき)、次に東海岸を通ってずっと北端の辺戸岬へ。そのまま西海岸を南下して最初に入港した本部まで戻り、この際沖縄本島も一周してしまおうとそう決めた。どうやら自分という人間は一周とか最端とかがどうも本能的に好きらしい。

次に乗せてくれたのは夜勤明けの看護師さん。
何となくドライブ中ということなんで一緒に喜屋武岬へ行くことになった。


正確には奥に見える荒崎が本当の最南端。ここよりも500m程南にあるが、道が無い。

沖縄の海辺にある岩は、たいてい鋭い凹凸のある琉球石灰岩だ。
青い海と喜屋武岬。一見のどかな風景だが、沖縄地上戦の際には米軍に追われて逃げ場を失った人達が次々とこの崖から身を投げたという。

ドライブはもう少し続き、次に来たのは南城市の知念岬。
ここからは以前にも一度見た聖地、久高島を見ることができる。

肉眼だともう少しはっきりと島が確認できる。
目を凝らすと水平線上に薄っすらと島影が見えた。
土地は個人の所有が認められず島民全体の総有制。21世紀の今もこの制度は守られている。


女同士で旅行中のお姉さんに栄養ドリンクをやたらと持っていたお兄さん、かなりヤンチャそうなんだけど意外に礼儀正しい地元のサーファーなど何台かの車を乗り継ぎながら一路北へと向かっていたが、途中うるま市からは連なる島々へちょっと寄り道。
その島までを繋ぐのは全長4.7kmの海中道路だ。
“海中”道路というんでこっちは海の中を通るトンネルを想像していたわけだけど・・・・・えーと、どう見ても海上道路です。
もしこれがもっと果てしなく伸びていたなら、その先は強さを2倍3倍と倍数で増やすことのできる不思議な術を操るダジャレ眼鏡の小惑星へと続いていそうな、ちょっとそんな感じの道。
1971年に最初の道ができるまでは干潮時に歩いて渡っていたというから面白い。
そのまま道をさらに進んで日暮れの頃になんとか一番奥の伊計島の先端まで。やはり自分は“端”が好きなようだ。
この日は先端から少し戻って平安座っていう島の公園で野宿。
夜間は人っ子一人来ないような寂しい場所かと思っていたら、それほど遠くないところから太鼓の音と人の声が聞こえてきた。夏祭りのエイサーの練習だ。なんかちょっといい感じ。

そして翌日、つまり今日は午後からのんびり動き出して、琉球新報を配達している人の車で島を脱出。嘉手納基地前にある道の駅に立ち寄った。

黒い大きな機体が3つ。輸送機だろうか?
嘉手納基地の面積は羽田空港の約2倍。唯一4000m級の滑走路を2本持つ国内最大の飛行場であり、嘉手納町の面積の83%はこの基地で占められている。

この道の駅の展望フロアからは高い塀の内側を覗くことができるので、大きな一眼レフを構えたマニアっぽいカメラメンも多い。


本島西側にある嘉手納町から東側の国道に戻り、道なりに北上して金武町に到着。
先日石垣島で壊してしまった携帯用充電器を買いにダイソーに行ったんだけど、そこで停まってくれたのは近くの米軍基地で働いているというハーフっぽいお姉さん。
ちょうど三線の練習に行く途中だというこのお姉さんに誘われて、そのまま三線教室に飛び入り参加。申し込みも何もしていないのにそれが許されちゃうところがなんとも沖縄っぽく、先生のちょっと高そうな三線を借りて2時間楽しく体験させてもらった。

やっぱり沖縄って面白い。

スポンサーサイト
[旅の記録] '08日本一周編2 九州と沖縄 | CM(0) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★COMMENT

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。