ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2008.07.22
海を渡って長崎へ
特攻会館へ行った翌日、加世田という薩摩半島南部にある町のバスターミナルで目覚めると朝から雨。
雨宿り中隣に座ったおばあさんと話していたら、孫娘が仮面ライダー牙のヒロインをやっているんだと言って嬉しそうに写真を見せてくれた。地元では結構な有名人らしいが、仮面ライダーに出ているときの格好をしているわけじゃなく私服の写真だから正直全然判らない。ゴメンよおばあちゃん。
小降りになったので出発したもののすぐにまた雨脚が強くなり、日本三大砂丘の1つ吹上浜に寄るのを諦めた。全長47kmにも及ぶこの砂浜は海亀も産卵に来る美しい浜だと聞いていたので残念。
職質されたついでに警察署にお邪魔してお茶をもらったり充電したり。全国をヒッチハイクで周っているというと珍しがられた。しばらくチャンスを窺っていたが、再び小降りになりそうもないので強行出場。
多少雨に濡れながらも車を乗り継いで海沿いの道を北へと向かう。


国道沿いのドライブインからの風景。まるで巨大な要塞のように断崖が連なる。

阿久根にたどり着いたのがすでに夕方。
暗くなってしまうと厳しいので、その前に何とかあと一台は・・・と思っていたところで出会ったのがボーリングに行こうとしていた男女3人組。急遽予定を変更して熊本方面に乗せていってくれることになった。
比較的短距離が多かったこの日初の長距離移動。
2時間以上は乗っていただろうか。旅の話をしたり、なぜか恋愛相談的なこともしつつ熊本の南の八代という町まで。静かに眠れる場所ということで町外れのスタジアムを探してくれた。

翌日はこれも行きたかったんだけど米焼酎で有名な球磨を端折って天草諸島へ。
宇土から進路を西へと変え、三角(みすみ)という港町まで来たところで不思議な建物を発見した。


海のピラミッドと呼ばれる巻貝にも似たこの建物。
もともとフェリーのターミナルとして建てられたようだが現在は閉鎖。毎週土曜のみ「Club Pyramid」として利用されている。

当初あまり何も考えずにとりあえず天草の一番奥まで行ってみようと向かっていたが、途中で標識を見て驚いた。最深部の牛深まではなんと約100km、今日中にサクッと往復する予定だったので200kmもあることになる。
なんとか牛深に着いたのが17時頃。すでにもう夕方だ。


牛深の港から。すぐ向こうに見える陸地は島だろうか。

それでもなぜかまだ余裕をかましていた自分は、日の入りを見るために下島の西側から北を回るルートで帰るつもりでいた。
牛深から乗せてくれた人は往路にも使った一番交通量の多い中央ルート上に降ろしてくれようとしたのに、わざわざ西側で降ろしてもらった自分は今考えるととてつもなくアホで無謀だった。

この後は本当に色々大変なことがあったんだけれど、それについてはまた後日詳しく書くということでこの場は割愛。


そしてやっとの思いでたどり着いた熊本の街。




見事な風格を備える熊本城。日本三名城の1つとされるだけあって貫禄を感じさせる佇まいだ。

熊本第一の名園と聞いて楽しみにしていた水前寺公園にガッカリしたり、サントリーの工場見学で意外に楽しんだりしつつ、次に向かったのは海を渡った島原、雲仙。


いつもの大部屋二等船室とは違い、珍しく小奇麗な座席のあるフェリーで島原湾を渡る。

島原から北を回り、千々石、小浜を通って山道を上がると雲仙地獄に到着。
以前行った大分別府の鉄輪温泉付近のものとは違って囲われていないので自由に見ることができる。


雲仙の温泉街。硫黄臭立ち込めるこの通路も、夕暮れ時以降は浴衣の人がぐっと増える。

雲仙普賢岳と言えばやはりまず平成3年の火砕流の被害が思い出される。
もう少し車で奥へ入るとその頃の噴火で出来た溶岩ドーム(平成新山)が見られると聞いてそちらへ向かった。当時TV越しでしか知らなかったその現場に行くことで何かを肌で感じたかったが、深い霧に覆われた山頂を見ることは叶わなかった。


雲仙を後にし、小浜、愛野を通って諫早に向かう。

移築前は近くの本明川に架けられていた。
重文、諫早の眼鏡橋。有名な長崎の眼鏡橋の約2倍の長さを持つ。

当時のものは洪水で流されており、これは復元されたもの。
眼鏡橋がかかる以前、本明川を渡るには飛び石が唯一の手段だった。


そして長崎。
教会が多くあり、オランダをはじめとした西洋の面影を残しながら、中国の存在感もまた強い、エキゾチックな街だ。

三方を山に囲まれているため坂が多く、なぜか道がいつも渋滞している。
(地元の人によると市電が元凶らしい)

夕方街に到着して、まず向かったのは中華街。
長崎の中華街は規模が小さいと聞いてはいたが、予想以上に小さかった。ほんとビックリするぐらい小さい。


入口を見るとこの奥にズラッと店が続いていそうだが、通り抜けの所要時間は約1分。

本場の長崎ちゃんぽんを食べようと思っていたが、中華街の店はザラに1,000円オーバーと高いので予定を変更。
明日にでも地元人御用達のリンガーハットに食べに行くことにした。
ちゃんぽんは長崎の人の食生活に無くてはならないものらしい。

長崎と言えばやはり夜景ということで次はライトアップ中のグラバー園に。
下の写真はグラバー園から見た夜の長崎。


神戸や函館もそうだが、港の夜景は水面の暗い部分が光の美しさをより引き立てている。

1864年に建設された、現存するものでは国内最古のキリスト教建築物。
ライトアップされた大浦天主堂。国宝の中で唯一の洋風建築物。



明日は朝から平和公園を見に行くことにしている。
広島、沖縄ときて(おそらく)最後がここ長崎。戦争資料館三部作とするならそのトリに当たる。
資料館系はいつもじっくり見てしまうので最低3時間はかかるだろう。

夜中、平和祈念像の近くの駐車場で寝ていると、パラパラと車が来て人がどこか同じ方向へ消えてゆく。
時計を見るとまだ4時台。
いったい何だったんだろう・・・・・

スポンサーサイト
[旅の記録] '08日本一周編2 九州と沖縄 | CM(0) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★COMMENT

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。