ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2008.07.26
佐賀の見所を探す
長崎到着の翌朝、蒸し暑さを感じて起きると辺りはもう普通に人が行き来しており、大きな荷物を脇に置いてこんなところで寝ている自分はかなり人目を惹いていた。
1945年8月9日、惨劇の中心地点だったこの場所は、現在「平和公園」という正式名称の他に通称「爆心公園」とも呼ばれている。
すぐそばには移築されてきた浦上天主堂の遺構も。
あの日から今年で63年、爆心地を表す黒いポールが立っている。


改装中の平和祈念像。寝ていたのはこのすぐ近く。

じっくりと資料館を見ているとやはりたっぷり3時間はかかり、その後地元人御用達のリンガーハットでちゃんぽんを食べて午後から次の街へと向かう。この日の目的地は佐世保。
長崎の街の郊外でヒッチをしていると、最初に乗せてくれた車がいきなり佐世保行きだという。
今日はツイてる。

西彼杵半島を通って北へと向かうと針尾瀬戸の流れが見えてきた。
ここは外の佐世保湾と内側の大村湾を繋ぐ2つの狭い水路のうちの1つ。大村湾は非常に閉鎖性の高い海でスナメリやカブトガニなどの珍しい種も生息しているんだとか。

大潮時の最大流速は、10ノット以上に達することがあるという。
針尾瀬戸の渦潮は知る人ぞ知る観光ポイント。

空に突き刺さるかのごとくそそり立つ針尾の無線塔。

大正時代、旧日本海軍によって造られた針尾送信所の無線塔。
そびえ立つ3本の巨大なコンクリート製の塔は共に135m以上。巨大な無線塔が立つ様は、漫画に出てくる悪の要塞のようでもある。

近くを通るというんでハウステンボスの前まで寄ってもらった。
付近の道にはほとんど通っている車の姿が無かったが経営は大丈なんだろうか?


オランダにある教会の塔をモデルに造られたというハウステンボスのシンボルタワー、ドムトールン。地上80m程の位置に展望台がある。

夕方頃たどり着いた佐世保では、引き続き乗せてもらっていた車で周辺を案内してもらった。


ここも港町だけあってさすがに夜景が美しい。

佐世保バーガーの人気店や見晴らしのいい山の展望台に連れて行ってもらったりもしたが、佐世保で一番テンションが上がったのが港でこれを見つけた時。



「希望号」
このヨットは藤村正人氏自身が、5年かけて手作りし、その後あしかけ6年間にわたり4万マイル、9万キロの世界一周の航海を実際に行った船です。

とパネルには書いてある。

ラジオやパソコンじゃあるまいし、まずヨットを自作してみようと思うことが凄い。
しかもそれで世界一周だなんて、夢と浪漫と冒険が溢れ過ぎている。

同じ大阪の出身だというこの人の話、細部を読んでいくとさらに興味深い。
こういう人がいることを知るのは自分の大きなエネルギーになる。


結局この日はそのままドライバーの人のアパートに泊めてもらうことになり、何日ぶりかのシャワーも浴びることができた。
翌日は海上自衛隊の史料館に寄ったり、港まで歩いてイージス艦を見つけたり。
史料館では退役した元自衛官である受付のおじさんや、売店のおばさんがとてもフレンドリーだったのが印象的だった。


防空の要、イージス艦。2008年現在日本は計6隻を保有している。
これはあたご型護衛艦の「あしがら」・・・かな?

さらに翌日は橋を渡って平戸島にも。



そして佐賀県。
自分にとっては九州7県中最後の県。
そして失礼を承知で言わせてもらうならば、九州で一番地味な影の薄い県。

そういうイメージだからこそ、実はこんな良いとこがあるんだよってのが見たくて、地元の人にいろいろ聞いてみた。

が、控えめな人が多いのか、たいした見所は無いよという声が一番多い。
それでもとどこかお勧めの場所をと聞くと、温泉なら武雄温泉や嬉野温泉、焼き物が好きなら伊万里や唐津、有田などがあるが、いわゆる見所としては虹の松原と吉野ヶ里遺跡とのこと。

なかなか意外性のある答えは帰ってこなかった。
名物もちょっと弱い。
名物はと聞いて比較的多かった答えは佐賀牛だが、ブランド牛なんて高すぎて旅中に食べられるもんじゃない。そこで他に何かと尋ねると、ここで県民の人は皆一様に考え込んでしまう。
あ、でも県の最北部、呼子のイカは本当に旨いらしい。


虹の松原は当初、要するに単なる海沿いの松林でしょ?と思っていたが...
そんな考えは見た瞬間吹っ飛んだ。

眼下に広がる深緑の松林は壮大で美しく、まるで高名な美術館に飾られている一枚の絵画のよう。正直、これはもっと誇ってもいい。

まさに絶景、虹の松原。
すぐ傍にある鏡山の展望台からの眺め。


唐津にある虹の松原から吉野ヶ里遺跡への途中で立ち寄った観音の滝。


そしてこれが吉野ヶ里遺跡。


櫓から見える風景と、内部に再現された人々の様子。

面積は50ヘクタール以上と言うから大阪のUSJとほぼ同じくらい。すでに調査の済んだ弥生時代の遺構の上に再び盛り土をして住居や櫓などを復元している。

入口で熱中症防止用の頭に被る傘や濡れタオルを用意してくれている気遣いは素敵だが、
入場料1回400円のこの施設、年間パス4,000円はどう考えても高すぎる...



佐賀の見所、引き続き募集中です。



続きはこちら >>>
'08日本一周編3 本州帰還

スポンサーサイト
[旅の記録] '08日本一周編2 九州と沖縄 | CM(0) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★COMMENT

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。