ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2008.07.31
Return to Hiroshima only at night. - 広島一夜返し
最近夜がとても眠い。
睡魔に追い立てられるようにして眠ってしまう。
原因は旅の様子を記録するための日記。毎日一時間ぐらいかけて書くので、数日分溜まったりすると結構な量になってしまう。書いているうちにいつの間にか脳がスリープに入り、上体が大きく船を漕ぎ出してしまって強制終了、というのがいつものパターン。
朝も早いことが多いので、ヒッチハイクしながらオチそうになってしまったことも実は何度もあったりする。
なので昨夜はどうにか一日を26時間ぐらいにできないだろうかと考えていたら、さらに余分に睡眠時間を取られてしまった。
なんてくだらない話はどーでもいいとして、ここで前回の佐賀県の話の続きからざっくりと振り返ってみよう。

再現された弥生時代を見に吉野ヶ里遺跡に行ったあの日は、晩には福岡に舞い戻って以前本州から九州に上陸した際最初に歓迎してくれたフリチベの人達と再合流。共に美味しい食事をいただき、そのうちの写真家さんの家に泊めてもらった。
翌日午前中は大宰府天満宮などを案内してもらいつつ、次に向かったのは宗像市にある、とあるお寺。
ここの和尚さんもまた仏教徒の立場からチベットを支援している人で、この旅のことを知ってぜひにと自分を招待してくれた。夜更けまで色んな話をしてこの日はそのままお寺に宿泊。

次の日、射すような日差しの中でヒッチハイクをしていたら、突然後ろから声をかけられた。
振り向くとそこには中学生か高校生ぐらいの少女が一人。「がんばって下さい!」と言って紙袋を手渡すと一目散に走り去ってしまった。
中に入っていたのはよく冷えたドリンク。すぐそこに見えるKFCで買ってきてくれたんだろう。
乾いた舌と喉に冷たいオレンジジュースが染み渡る。それはちょっと懐かしい青春の味がした。

九州のかなり上端にいるイメージだったのでこの日は当然のように本州上陸のつもりでいたが、門司まで乗せてくれた人に色々と連れて行ってもらううちに気が付けばすっかり夜。関門海峡を渡りきれず、トンネル入口すぐそばの公園で野宿することになった。


夕焼けに染まる関門海峡。【旅の壁紙_03】

何か絵が描いてある.....ふぐ?
九州門司の側から見た関門海峡トンネル入口。
本州から来た時には上の関門橋を渡ってきたので明日はここを抜けて本州へ。


朝、目覚めたのは石でできたベンチの上。
多少身体は痛いが、硬いところで眠るのももうすっかり慣れてしまった。


大阪まで537km。距離はあるが一本道だと思うとすぐにでも帰れそうな気分になる。

この日の一発目、乗せてくれたのは軽トラのおじさん。
海の底の地下道を潜り、久しぶりの本州をしばらく走って降り立ったのは小月という町だ。ここでさっそく本州の洗礼を受ける。
2時間経っても3時間経っても、4時間経っても誰一人停まる気配が無い。
昼をとっくに過ぎた頃、立っていた道路の向かいにある会社に一台の車が停まり、乗っていた年配の男性が声をかけてくれた時には心底ホッとした。

安倍晋三元首相の後援会をやっているというその社長さんの話を聞きながら、2時間程かけて車は長門市仙崎に到着。そしてここに至って初めて、寄る予定にしていた角島を過ぎてしまったことに気が付いた。

角島は関門海峡を渡って191号線をずっと北上したところにある島で、そこの海は本州とは思えない南の海のような色をしているというステキなところ。本州と島とを繋いでいる橋の景色がこれまた素晴らしいので「ぜひ行ってみて」と言われていたところだ。

今回は内陸を通って長門市に来てしまったため、外周の角島は完全にスルーしてしまった形になる。とっても残念だけど戻るほどの時間的な余裕は無いので泣く泣く断念。でも次に山口に来るときには必ず!


仙崎は江戸時代に日本有数の捕鯨基地として栄えた町。
これもぜひ寄ってみて、と薦められていた“金子みすゞ記念館”へ。
こういうところはたいてい17時までなので、時間的に間に合うかどうかと急いで向かったところ、なんと定休日。記念館を諦めて先へ進むべきか一瞬迷ったけれど、角島を飛ばしてしまったこともあり、ここは明日改めて出直すことにした。
寝させてもらったのは港にある橋のたもとの休憩所、椅子を何個か並べた上にゴロンと横になって一夜を明かす。


金子みすゞは若くして亡くなった大正時代の女流詩人。これまで彼女の名前も知らなかったが、最近では教科書にも載るような有名人らしい。詩を読んでみると意外にも知っているフレーズがあるのに気が付いた。
例えばこれ、「みんなちがって、みんないい。」
これは彼女の作品のうちで最も有名なものの1つである「私と小鳥と鈴と」という詩の一節。
これってこの人の言葉だったんだ、と初めて知った。

全文を紹介しようかと思ったが、なんか権利関係がややこしいようなので止めときます。


金子みすゞ記念館のある通りの風景。青いパネルのある建物の向かいが記念館。


記念館は金子みすゞの生家跡に建てられ、彼女の部屋も再現されている。

繊細で、寂しげで。常に小さな弱いものの立場から物事を見ている様子が伝わってくる。
引き込まれる詩がいくつもあり、ついつい長居しているといつの間にか3時間が経っていた。


昼過ぎから向かった萩は毛利輝元以来長州藩36万石の城下町として発展した町であり、吉田松陰や高杉普作、木戸孝允(桂小五郎)に伊藤博文など幕末の維新志士たちの生まれ育った土地だ。彼らの生家をはじめ、今も古い街並みが大切に保存されている。



萩の町中、国道沿いで座っているところを大型トラックのおじさんに乗せてもらって一気に島根県の益田市まで到達。
デジカメの画像データ処理やブログの更新などのためにそろそろパソコンが使いたいと思っていたところにネットカフェを発見した。いったん停めてもらって料金を聞きに行くが、朝までいると二千円近くかかることが判ってパス。競争が少ない分地方が高いのはわかるけど二千円はキツい。今の自分にとっては4日分の生活費になるんだから。

この日は結局いつも通り野宿。いつもと少し違うのは、寝る場所がベンチなどじゃなくフツーのアパートの廊下ってことだ。公園その他、一切ベンチが見つからなかったんだから仕方ない。
コンクリートの廊下にビニールを広げ、頭の部分だけ服を丸めて枕にする。夜中に人の出入りがあったらびっくりされるだろうな、と思いながらもフツーに就寝。早朝5時半にセットした携帯がブルッと震えるまで平和に眠ることができた。


そして今日は一日だけ中国山地を飛び越えて瀬戸内側の広島に。
ネットでこの旅を見ている人からの情報で、広島にはチベット人のお坊さんが住んでいるチベット仏教のお寺があると聞いて行ってきた。

といっても、紹介者のD氏と合流して行く予定だったのが合流地点まで間に合わず、結局益田まで車で迎えに来てもらうことになってなんか非常に申し訳ない。
高速を使って車はあっという間に広島に到着。さっそくチベット仏教のお坊さんがいる「龍蔵院デプン・ゴマン学堂日本別院」を尋ねてみる。


急な階段を登ると鳥居とタルチョ(紐に通された五色の祈祷旗)のあるお寺が見えてきた。

ここでは数人のチベット人のお坊さんが暮らしている。
紹介されたお坊さんは人の良さそうな感じで日本語もかなり上手に話せたりする。チベットの話などを聞かせてもらっての帰り際、彼は旅を続ける自分の手首にスンドゥと呼ばれる赤い紐を結んでくれた。結び目のひとつひとつに祈りが込められているという。
故郷の土を踏むことすら許されない彼らの状況を想い、自分がこの旅をすることで1人でも多くの人がチベットやウイグルなどの危機的な状況を知ってくれたら、改めてそう思った。


昼から行ったのは安芸の宮島。
船を下りて参道を歩いていくと左右に土産物屋や飲食店などが立ち並んでなんだか賑やかな感じ。



通りを抜けると巨大な鳥居の姿が目に飛び込んでくる。

写真左側はパンフレットより。
厳島神社のシンボル、大鳥居。水が足元まである場合とない場合。

厳島神社の内部をぐるりと拝観した後は、そのまますぐ近くにある大聖院にも立ち寄った。
ここはかってダライ・ラマも訪れた寺院であり、その際チベット僧たちが造った砂の曼荼羅が残っている。


大聖院は宮島で最も古い寺院であり、厳島神社の別当寺でもある。




美しい砂の曼荼羅がクリアケースに入れられ大切に保存されている。

午前中行った龍蔵院デプン・ゴマン学堂との交流も深い。
ここでもD氏の紹介で住職と多少お話し、餞別に寺で売っている羊羹と煎餅をいただいた。


今日もたくさん汗をかいたので広島市内でD氏と別れた後は久しぶりの銭湯でさっぱり。
湯上りの肌に当たる夜風が心地よかった。

明日はまた山を越えて島根県の日本海側へ。
迎えに来てもらった益田までは必ずヒッチハイクで戻ると決めているので頑張らねば。今度は高速でビュンとワープするわけじゃあないのでかなりかかるだろうけど、それでこそ。

スポンサーサイト
[旅の記録] '08日本一周編3 本州帰還 | CM(0) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★COMMENT

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。