ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2008.08.02
石見銀山ギリギリウォーク
一昨日泊まったのが瀬戸内海側の広島、そして昨日泊まったのが日本海側の島根県益田。
往路と違って自力ヒッチでは丸一日かかったけれど、中国山地を越えてなんとか本来のルートに戻ってきた。
益田では画聖として名高い室町時代の禅僧・雪舟が住職を務めた医光寺に立ち寄る。
目的は雪舟が構築したと言われるその庭だ。



期待して行ったものの...明らかに庭の手入れが足りていない。
大きな寺ではないので人手もお金も無いのかもしれないが、名園といわれているものだけにちょっと残念。
もう夕方だったこともあり拝観者は自分一人。
遊び相手がいなくて暇だったのか、小学生ぐらいのお寺の子が一生懸命案内してくれたのが可愛かった。



この日はもう少し頑張って、たどり着いたのは浜田の道の駅。
大きくて綺麗で眺めが良くて、ベンチは屋根の下にあって、無料のお茶や水が飲めてお湯が使えて、手書きの地元エリア情報なんかも充実していてつい読みたくなるような感じのハイグレードな道の駅だ。


「ゆうひパーク浜田」というだけあって、なかなか素晴らしい夕日が期待できそうな眺め。


浜田周辺の温泉情報、料金や営業時間、泉質に他の道の駅の紹介まである。
手書きでとても親しみやすい。

ところが翌日、この道の駅でヒッチをやってみたものの予想外に厳しく、たまに応援してくれる人はあるが乗せていってやろうという人がなかなか見つからない。

何時間待った頃か、やっと一台の車が停まってくれた。見ると女の子が3人、なぜか窓もすぐに開かず何だか品定めされているような様子。数秒後、窓が開いて「お兄さん乗ってく?」と声がかかったところでやっと一安心。
海に行くところだという彼女らにあいのりしてそのまま一緒に夏のビーチを見に行くことになった。
車内では旅の話をしたり浮輪の膨らませ係としてそこそこ活躍。



到着したビーチでは、旅の最中にはあまり寄る機会のない、いわゆる夏の海の雰囲気をガンガンに感じることができたものの、時間が押していたため一人早々に撤退を表明。彼女らに別れとお礼を告げてこの日の目的地、石見銀山へと向かった。


何とか石見銀山の入口にある案内所にたどり着いたのが16時過ぎ。
この時点でもうかなり時間ギリギリ。
というのも銀山観光のメインである龍源寺間歩の入場が17時までで、しかもこの間歩が位置的に一番奥にあったりする。

もう今日は無理かも知れないけれど、行くだけ行ってダメなら野宿して明日…なんてと考えていたところ、今来た感じの2人組が案内係の人に「龍源寺間歩は今日はもう無理ですね」と言われているのを発見した。

諦めて近場の見どころに向かって車を走らせようとしている彼女たち。
これはまさに千載一遇のチャンス!とばかりすかさずそこに声をかける。

そして自分がヒッチハイクで旅していること、車があるのに諦めるのはまだ早いということ、もし途中の駐車場まで乗せていってくれるのなら自分はまだ諦めずに龍源寺間歩に向かうつもりだということを説明すると、一度は諦めていた2人も一緒に来ることになった。

一般車が入れる一番奥の駐車場から脇目もふらずにおよそ30分。
途中で女の子の1人が靴擦れになってしまい裸足になりながらもひたすら早歩きで歩いた結果は…












17時ほぼジャストに何とか到着!
本日最後の一組として入ることができた。


間歩(まぶ)とは鉱石を掘るために空けられた横穴式坑道のこと。

坑道内に入った瞬間、空気が変わるのが肌で分かる。
外からの熱気は跡形もなく消え失せ、ひんやりとした冷気に充ちていた。
正直なところ龍源寺間歩そのものは規模もそれほどでなく、ただ横穴があるといっただけで感動などはほぼ皆無だったが、間に合うかどうかというギリギリの賭けに勝った3人は、皆同様の達成感に満たされていた。

内容的にはその後改めて一緒に見て回った間歩までの道のり、古い町並みの方が見るものがあった気がする。



夏なので18時ぐらいでもまだ全然明るいが、間歩が閉まってしまったのでほとんど人気は無い。そんな大森の町を眺めながらしばらく3人で歩き回った。


石見銀山を後に車は東、出雲の方角へと向かう。

宍道湖沿いの出雲の道の駅まで乗せてもらったところで2人とはお別れ。
今日はちょうど花火大会だったようで、湖の対岸から上がるたくさんの花火が次々と夜空を彩っていた。

スポンサーサイト
[旅の記録] '08日本一周編3 本州帰還 | CM(2) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★COMMENT

石見銀山に間に合って良かったですね\(^o^)/
同行してくれた二人も思い掛けない飛び入りあり、ハプニングありできっと楽しかったでしょうね。
また楽しい日記を楽しみにしてます。
2008.08.04 | posted by ブッポウソウ | URL | EDIT |
思わぬ展開こそがヒッチハイクの楽しいとこです!
2008.08.10 | posted by tavicho | URL | EDIT |

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。