ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2008.08.07
温泉街のメインストリートで寝てみる
その日は早朝からスムーズにヒッチが成功、全国を車で旅しているというおじさんと色んな話をしながら、出雲大社へと到着した。
今年から5年をかけて行われる大遷宮という本殿の補修や屋根の全面葺き替えに伴い、今年はおよそ60年に一度の本殿特別拝観の年。わずか20日だけのその特別拝観日の一日がなんと今日だという。たまたま訪れてこの日に当たる確率は約1/1095、これってかなりツイている。

出雲大社入口。ここから松の植えられた参道を通って奥へと向かう。

参道を抜けた辺りで急に人の数が増える。
60年ぶりの特別拝観とあって、まだ7時半にもかかわらず長蛇の列ができていた。
九十九折に並びながら神職さんの説明を聞いていると、本殿を拝観する際には服装にいくつかの規定があるらしい。
なんでもサンダル、タンクトップ、ハーフパンツにジーンズ、帽子やサングラスなどが禁止で、洋服の場合は襟の着いたシャツを着用しなければならないとか。
1つしか持ってきていない長ズボンはあまりキレイとは言えないが、幸いにもデニム素材ではないのでまぁOK。襟付きのシャツもいつも羽織っているやつを着ればいいし、スニーカーも持っている。60年に一度のチャンスに巡り会ってドレスコードでアウトなんて目も当てられないが、どうやら大丈夫そうだ。

整理券をもらって9時までしばしの自由行動。


これは御仮殿。大遷宮の5年間、主祭神である大国主大神を祀るための仮の神殿。

時間になったので指定場所に行くと、広いテントの下でパイプ椅子に座った人たちがすでにズラリと並んでいた。1つの時間枠で400人、今日だけで何千人と拝観するんだろう。事故など無いように管理誘導する神職さんたちもかなり疲れている様子だった。
前の時間帯の人たちが終わるまでしばらく注意事項を聞きながら、熱中症対策のために用意されていた水と薄い塩気のあるせんべいをいただいて待つ。

そしていよいよ自分達の番。
襟を正して門をくぐり、ゆっくりと階段を踏みしめて本殿へと登る。
周囲の通路をぐるりと一周し、ついに正面にやってきた。
仰ぎ見た天井に描かれていたのが八雲の図、とてもカラフルで250年以上前に描かれたとは思えない鮮やかさな色合いだ。
しっかりと目に焼き付けて静かに手を合わせた。


出雲大社本殿。本殿前の門のところから中の撮影が禁止されていたのでこれは塀の外、後ろ側から。伝承によると昔は現在の倍、48mもの高さがあったという。

参拝後はすぐ近くにある出雲歴史博物館にも立ち寄ってみた。
2000年に発見された古代神殿のものではと言われている柱と、現在やっている聖地巡礼の特別展を見るためだ。


発見された巨大な柱。3本の大木を束ねて1本の柱にしている。

この展示のメインはある1人の定年男性の巡礼の記録。フランスからスペイン北西部へ、キリスト教の聖者ヤコブの遺骸が祭られているサンチャゴ・デ・コンポステーラまでのおよそ1400kmを徒歩で歩き通す旅の記録でもある。ヒッチハイクの旅とは違った魅力があってこれが実に興味深い。夕方までたっぷり観ること3時間、また行きたい場所が増えてしまった。


夕方の出雲大社から日御碕へ、そしてそのまま松江まで乗せてくれたのは地元の親切な女の子。そろそろデジカメ画像を整理しないと容量が足りなくなりそうだったので、この日は野宿ではなくインターネットカフェを探す。親切な彼女はこっちに住んでいるお兄ちゃんに電話して情報を集めつつ市内のネットカフェをいくつか回ってくれたので一番安いところに決めた。
実はこのネットカフェで有り得ない事態に遭遇することになるんだけど...それはまた別のお話。


それはさておき翌朝はまず松江城へ。
松江城は日本国内に数ある城の中でも江戸期以前の天守閣が現存する数少ない城の1つ。


静かに佇む松江城。天守閣から見える宍道湖がとても素晴らしい、らしい。

ネットカフェのところまで戻り、置いておいたザックを見ると位置が微妙に変わっている。元の場所からほんの2mほど移動しただけなんだけど、そこはなんとゴミ捨て場。って危ない、危ない。きっと元の場所が邪魔だったんだろう。
ヒッチハイクを始めると、今日も海へと向かう女の子たちが乗せてくれた。さすがに今日はビーチまでは行かず、途中の境港で降ろしてもらう。
鳥取県の境港は漫画家水木しげるの生誕地としても有名で、ここ最近はゲゲゲの鬼太郎をイメージキャラクターとした町おこしが好調だ。


メインストリートにはいたるところに鬼太郎キャラの像が建ち並ぶ。

ここから米子の街は目と鼻の先。すぐにたどり着けるかと思っていたらこれが大誤算。
距離は短いけれどルートが何通りもあって、地元でない自分にはどこで待つのが正解なのかさっぱり分からない。結局何時間もロスしてしまい、この日予定していた美術館行きは断念することになってしまった。
しかし捨てる神あれば拾う神有りとはよく言ったもんで、境港から米子まで乗せてくれたドライブ中の奥さんが「私夕方まで暇だから」と皆生温泉に連れて行ってくれた。おかげでさっぱり汗を流し、爽やかな気持ちで翌日の足立美術館に備えることができた。

足立美術館は日本一と言われる横山大観のコレクションと共に、米専門誌に世界一と評価された日本庭園で有名な美術館。建物内を歩くと様々な角度から庭が見えるようになっており、それらを各々一枚の絵画と見なしている手法が近代美術館らしい。そのせっかくの絵画の中に見える、手入れをしている人たちの多さが若干気にはなったけれど、非常によく造りこまれていて美しい庭園。



その後大山をチラ見して三徳山の投入堂をいつかのお楽しみに取っておき、再び一路東へと進む。
日没ギリギリにたどりついたのは鳥取砂丘。今まさに砂丘の陰に沈み行く夕陽を見ることができた。じっくり見るのは明日ということで、この日は人のいなくなった砂丘前の休憩所で寝袋を広げさせてもらう。いつものベンチと違って広さがあるのでとても快適。


翌朝、よーし初めての砂丘探検なんて思っていたら、見える範囲内は意外と草の生えている部分が多く、実質砂の丘というのは1つ2つある限り。ただし、その1つは想像よりずっと巨大なものだった。


大きな砂丘の上から山側を眺める。


下から見上げた砂の丘と、そしてその稜線を歩く人たち。

ビルにしたら何階分だろう?かなり高さのある砂丘をてっぺんまで登ると、目の前には青い海が広がっていた。しばしのんびりと過ごした後、写すだけで200円という恐るべきラクダの出勤前に素早く砂丘を後にした。



選んだルートが車の極端に少ない道だったこともあって少し手間取ったが、ある若いゲイの人に乗せてもらって脱出に成功。いい流れがやってきたのか、そこからはスムーズに日本海沿岸を進んでいく。
途中見かけたのは海沿いに点在する素朴な漁村。
小さいが綺麗な浜が無数にあり、そこに生える松がいい味を出している。

しばらくのんびりとしたドライブが続き、この旅18県目となる兵庫県入り。


国道178号線の上に架かっていたのは餘部(あまるべ)橋梁。おおくの鉄道ファンに惜しまれつつも現在架け替え中。4ヶ月前までは裏山の展望台に登れたというが現在は閉鎖中、残念。




何台か乗り継いで城崎温泉に到着。適度にのんびり適度に賑やかでつい買い食いしたくなるような店もあり、いい感じの温泉街。
温泉街っていうと観光客の行き来が多く、あまり寝られる場所が(野宿的に)無さそうだが...

「いける」、ここはそう確信した。

せっかく来たので贅沢ではあるけれどやはり温泉に入ることに。
それぞれ趣きのある七つの外湯の中から選んだのは温泉街のほぼ中央に位置する「一の湯」。なぜかというとここには野宿者に嬉しい休憩室があるから。湯から出た後も営業時間いっぱいまで休ませてもらえるし、明かりがあるので書き物もできる。よくある広い畳の休憩室とは違っていまいち長居しづらい部屋だったが、城崎温泉の他の外湯はそもそも休憩室が無いところがほとんどらしいので贅沢は言えない。

23時、一の湯の営業時間終了と共に通りへ出て目星を付けておいたベンチへ移動。ここは城崎温泉のメインストリートだが、さすがにこの時間帯ともなると人通りはほとんど無い。それでも出来るだけ目立たないようにと荷物の位置や身体の向きを工夫してゴロリと寝転がった。
宿からおそらくコンビニなどへ買い物に出る学生らしき子らが何度か前を行き来しているなと思っているうちにいつの間にか意識は遠ざかっていた。


そして今日は久々の長距離移動予定日。瀬戸内海側の姫路を経由して一気に地元大阪を目指す。
朝から幸先よくヒッチハイクが成功し、豊岡、そしてさらに南へ。
このエリアはなぜか親切なおばさんドライバーが多かった。途中コンビニで弁当を買ってもらったり、お年寄りの養護施設に招かれてそこで一緒に昼ご飯をいただいたりしつつ、夕方5時頃姫路に到達。城の中に入ることはできなかったが、初めて見る姫路城は大きく、そして風格があった。



姫路城を見た後は急いで大阪方面へのヒッチハイクを再開。
まだここから100km近くあり今日中にたどり着けるのかどうかどうか非常に際どかったが、姫路城の前から「近くでいいならドライブがてら」と言いつつなんだかんだで尼崎まで乗せてくれた人や、休みの日はカヌーで川下りをしているという人、皆の連携プレーで見事大阪に到着した。

明日からは数日実家に寄って、やらなきゃならない作業をいくつか済ませてくるつもり。

それが済んだらいよいよ次は近畿編。
これまで近いのに行かなかった近畿の見どころを一気に周ってきます。

スポンサーサイト
[旅の記録] '08日本一周編3 本州帰還 | CM(5) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★COMMENT

鳥取砂丘、いいなあ~。俺、行ったことないんだよね。
関東はいつ来るんだろう?
2008.08.07 | posted by 石井 | URL | EDIT |
そこまで行きましたかぁ~?
こちらはお盆で地獄が始まりますです。
頑張るしかないですぅ~
2008.08.08 | posted by ブッポウソウ | URL | EDIT |
>マサさん
砂丘は日本ぽくない風景でした。
関東は8月の最後の方か9月頭ぐらいの予定です。

>ブッポウソウさん
お盆地獄って表現がウケました(笑)
なんとか気合で!
2008.08.10 | posted by tavicho | URL | EDIT |
27号線までの、ホンの短い出会いでしたが
とっても楽しかったです。
って・・・・・ その彼のブログですよね?

沢山の出会いと
沢山の思い出と
沢山のお友達が出来ますように・・・・・

楽しい旅を続けてくださいね
2008.08.14 | posted by のん | URL | EDIT |
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.08.23 | posted by - | URL | EDIT |

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。